Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

彷徨う大和魂-35 安穏火、消せよ!?-50

You should do humanitarian support to my Japanese citizen performed a terrorist attack of by Korea if you don't succumb to terrorism(テロに屈しないのなら、サプアからテロ攻撃されている我が日本国民にも人道支援すべき)!

東仙坊、我が国のマスメディアの無知蒙昧さと軽佻浮薄さと低俗さは、サプアのマスメディアなみに深刻な状況と、慨嘆するばかり…。
本当にいつまでこれだけの世界の最大懸念事案を低級なタレントのドラッグ問題かのように扱うつもりなのか?
少しは海外のマスメディアから学習すべきなのでは?
テロには屈しなということは、一切ネゴシエーションをしないことだということ。
ましてや、相手は残虐非道な過激派カルトテロリスト集団。
仮に人質交換でネゴシエーションしたとしても、それは超極秘事項であってマスメディアなどには絶対に公表しないことだということ。
それが犯罪解決の常道でしかないことだということ。
また、仮に国家同士のネゴシエーションだとしたらインテリジェンス同士のネゴシエーションであって、そうなったら絶対に公表などすべきではないことだということ。
そんな簡単なことすら認識していないのか?
よくマスメディアで働いていられるな!!!
そもそも、世界一の平和ボケお人好し白昼夢信奉国家でしかない我が国に満足なインテリジェンスなどないことを百も承知で、本当にいつまで我が日本政府に窓口がなかったなどとお茶を濁しているのか?
誰も言わないみたいだから、東仙坊、言わざるを得ない。
基本的に自分たち自身で戦地に行くリスクを冒さず、懸命に稼ごうとするフリーランスのジャーナリストを金で利用していることこそが一番の問題なのでは?
その意味で、ジャーナリストとして最も低級なのは自分たち自身なのでは?
「総理、ヨルダン人パイロットの殺害の画像が公開されましたが、一言!」
その質問て、一体どんな総理の返答を期待してするの?
疲労困憊の総理に、思わず「ああ、そう。それはよかった」とか、「これでツーペーだ」とか、「さすがISISだ」とか、「これで殺害された日本人人質の仇をヨルダン人が日本人の代わりにしてくれる」とでも言わせたいの?
それとも、「やっぱり、ヨルダン政府に騙された」とか、「そんなことはとっくに知っていたよ」とか、「だから、どうした?」とでも
でも言わせたいの?
本当にサプアのマスメディアのようでは?
いや、サプアのマスメディアそのものでは?
もっとも、とっくにそうかもしれないけど…。
それで気づいたことが、1つ。
イスラム教スンニ派最高権威アズハル機構があるエジプトのファトワ(宗教裁定)庁までが、ISISを「国家」や「イスラム教の代表者」と誤認されないようにとの配慮から、旧称の「ISIL」、アラビア語での略称「ダーイシュ」、「アルカーイダ分離派」と呼ぶと訴えているのに、なぜいつまで「イスラム国」と表記するのか?
それって、いつのまにかサプア人をサプア語のカタカナ表記にし始めたことと同じだということなのでは?
東仙坊、可能な限りそれを避けているのは、そうするとそのパーソナリティが曖昧になり過ぎるばかりか、みんな十把一絡げに思えてしまうから…。
どちらにしても、無能極まりない日本のマスメディアよ、あーでもないこーでもないと日本政府やヨルダン政府への不毛な論評しているヒマがあたっら、その人道支援の事実を具体的にリポートすべきでは?
事実、「YPJ(クルド人人民防衛隊)」が奪還したトルコとの国境に近いシリア北部の町アインアルアラブ(クルド名「コバニ」)に、まだ日本のマスメディアは入っていないのでは?
それ以上に、18歳クルド女性兵士が1月末に日本人医師がキャンプを訪れ治療をして医薬品を置いていってくれたと感謝していることなどをジャンジャン伝えたら?
あるいは、ISISが西の際の領土に予定しているスペインから70人のヤングがノコノコISISに入っている。
それらはみんな貧困層で、女性が7人も含まれていて、そのうちの1人は集団レイプされパキスタンに売られタリバンの妻にさせられている。
その勧誘方法は、オームと瓜二つ。
SNSや1日4万回のtwitterはもちろん、大学のサークルで巧妙にリクルートしているとリポートでもしたら?
とにかく、いい加減、金目当ての蛮勇に出た大バカ日本人どもをムリヤリ英雄視したり、低レベルな日本の野党の味方をするのを止めれば?
それこそが、ISISにつけ入れられる要素だと気づけば?
結論的に言えば、カルトテロリスト集団の方が日本のマスメディアよりも有能だということ、それだけ。
だからこそ、勝ち誇ったようにYouTube動画で22分34秒の力作を流せるのでは?
空爆で破壊された跡地に立たされるヨルダン人パイロット。
リンチに遭ったことを証明する目の下の大きなアザ。
セリフを読まされるヨルダン人パイロット。
空軍仲間のパイロットの名前を告げられ、賞金がかかっていることまで紹介。
あれだけデタラメの格好だった兵士たちも衣裳係が用意したユニフォーム。
牢屋のような鉄製の檻の中に入れられたヨルダン人パイロット。
地面に撒いていたとみられる発火性の強何かに火がはなたれ、その炎が檻にまで続き、生きたままのヨルダン人パイロットに火がつく。
すると、一瞬、叫び声が…。
完璧なデモンストレーションフィルム。
BGMも絶妙。
少なくともクリエイティビティやイマジネーションに欠けるキミたちよりは上ということでは?
さて、本題に戻る。
東仙坊、ISISへの憤怒すると、なぜかサプアに繋がってしまうことだけは事実。
その本質は、全く同じと感じてしまうのだから、やむを得ない。
イスラム教が伝統的に築いてきた概念やレトリック、なかでも、異教徒とのジハードで捕虜とした女性や子どもなどの非戦闘員は戦利品として分配できるという「シャリーア(イスラム法」の規定などを効果的に利用し、自分たちに正統性があるかのように振る舞い、非人道的に現代主権国家を否定し、自分たちこそその権威と力を持ったカリフを有する本物と喧伝するところなどは、サプアの異質な法治体系や常軌を逸した歴史改竄そのまま。
そのせいか、ついつい言ってみたくなるのが、キミたちが柄でもなく同情してくれている後藤健二の母親の父親は、日韓併合時代、馬山駐屯日本帝國陸軍部隊長だったんだぜ!ということ。
それが歴史の真実だから、どうしようもないのだが…。
どうあれ、1950年6月25日、サプアがISISのように「国民保導連盟事件」で最大120万人の自国民大虐殺をしたことも、事実。
何でも、朝鮮戦争勃発を受け李承晩大統領命令によって、サプア軍やサプア警察が共産主義からの転向者やその家族を再教育するための思想統制組織「国民保導連盟」加盟者を虐殺のブラックリストにしただけでなく、収監中の政治犯や民間人などを一気に大量虐殺したというから、オーマイゴッド!!!
それをISISだったら自慢するところを、サプアは反日のために必死で隠すだけ。
どうせなら、ドイツをマネて、サプアナチスがやったことにでもすれば?
そこで、戦後70年、サプアの独立について、じっくり検証。
我が日本は、1945年8月15日、太平洋戦争で敗戦。
そのために、併合していたサプアが無政府状態になったら可哀想と「サプア総督府」が「サプア建国準備委員会」を設置し、サプア人指導者に要請。
それはそうだと思わないか?
欧米の帝国主義植民地支配からアジアを解放すると提唱しながら戦争に突入し、こんな鬼っ子みたいなサプアを本意だろうが不本意だろうが、自分たちが大日本帝国として併合。
まさに、メチャクチャな矛盾。
福沢諭吉の洞察や伊藤博文の先見を無視。
他にもいる。
新渡戸稲造に学んだ河合栄治郎。
1933年、犬養毅首相暗殺軍人らの大アジア主義思想を批判し、「もし何らの領土的野心を持たないで、ただアジアにおいて日本が外国と平等の通商貿易をなすことを目的とするならば、直截に通商の自由を標榜した方が実行の可能性も多い」。
そして、「日本がアジア解放をリードするについては、内部において同胞に対してさえ、すなわち、自国の植民地の人々に対してさえ十分の自由を与えていない以上、その日本からアジアの人はどれだけの期待を持ち得るだろうか? おそらく日本の力を借りることに賛成はしまい」と指摘していたとか。
ちなみに、この賢人、第一次大戦終了の1918年、ニューヨークのオペラハウスで、ウッドロウ・ウィルソン大統領の歴史的大演説を拝聴できるほどの英語力に富んだ国際人。
ウッドブルック・コレッジに寄宿中に、日本と極東について英語で講演。
明治維新から、日清・日露の戦争を経て、いかに日本が帝国主義的になってかの因果を説き、日本外交の難ずべきを難じ、東亜の小国である日本をこの方面に赴かせた欧米の政策責任にも触れたというから、エクセレント。
すると、露骨に日本への反感を人に漏らしていた典型的サプア人留学生、尹潽善から、「先ほど日清戦争はサプアをシナより救うがために起こったと説かれたが、果してサプアは救われたかどうか? シナより救われたサプアは日本の支配の下に落ちた」と三・一独立運動の際の日本側弾圧を非難。
それに対しても、「自分は日本のサプアにおける政治に詳しくない。アナタの話の内容を否定も肯定もできない。ただあえてアナタに聴いて戴かねばならないことは、自力をもって自国を防ぎえない国を隣に持つことは、日本にとって大きな不幸であった。この不幸が日本をしてアナタの云われるような誘惑に陥れたのである」と答えたというから、東仙坊、今いてくれたらストロングな反日モンスター・バスターになってくれたかもと、歯ぎしり。
ちなみに、その賢人、そのとき、英語で、「一国民が他国民を支配するのは最大の難事で普通の人間にできることではない。相手の心の琴線に触れるような大人物でなければこんな大事業に成功できるはずはない」とメモっていたとか。
どうあれ、正々堂々としたUKでの学校での論戦後、2人は温かき握手を交わして別れたとか。
さらに、「サプアの人たちがどれほど統一国家独立維持の力を持っているかも私の知るところではない。しかし、少なくともサプアはサプア人のものであり、日本はサプア人のためのサプアを考えてゆくべきことだけは明らかであろう」と述べていたとも。
一方、その尹潽善、李承晩亡命後、サプア大統領になったとか。
ただし、反日モンスターだらけのサプアゆえ、UK滞在中、日本人とは一言も口をきかなかったことを誇りにしていたというから、ご愁傷サマ。
かなり、話が逸れたが、敗戦国日本が、戦後のサプアのことまで心配をしたことも、また事実。何しろ、サプアがガタガタのままでは、陰険なUSSRが南進し、サプア人政治犯の釈放や流出が起き、即刻共産化し、最後には日本人への侵攻や日本人への掠奪になる可能性もあったはず。
そ、そ、そうしていたら、その自治組織に過ぎなかった「サプア建国準備委員会」のサプア人が、突然、1945年9月6日、「サプア人民共和国」を樹立し、独立宣言。
それゆえ、サプア総督阿部信行陸軍大将やサプア軍管区司令官上月良夫陸軍中将が「サプア総督府」の日章旗を降ろし、太極旗を掲揚。
しかし、その直後、なぜかやっと上陸したUSA軍、その太極旗を降ろさせ、日章旗を再び掲揚。
つまり、日本は敗戦したが、サプアはまだ日本でしかないとサプア人に公認させたかったから…。
というのも、当然のごとく自分たちの敷いた軍政に正当性を持たせたかったこともあるが、すでに、USAがサプア人の統治能力欠落、度を超した自己主張、激高しやすい民族性、偏狭な民族主義者や共産主義者が入り乱れ一致団結して建国に邁進するまとまりのなさを見抜いていたから。
そう、USAは終戦直後、上陸前の統治を日本の「サプア総督府」に密命していたのである。
そのために、治安も、ほとんど日本の官憲が担当。
USA軍上陸後も、日本人官吏は軍政をその規律正しく支援。
そして、USA軍の軍政が本格的に始まって初めて、日章旗が星条旗に替わったとか。
とにもかくにも、USAは、サプア人を軍政から徹底的に遠ざけ、サプア人の政党も政治活動も全く認めなかったことも、事実。
それでも、1945年秋には、30ものサプア人軍閥が、警察署、新聞社、企業・工場・商店をそれぞれに勝手に接収。
念のために加えておくと、すべて日本のモノだったもの。
USA軍が武装解除を強制しても、ほとんど無視。
まさに、ISIS。
すでに、200近くの政党や政治結社。
そして、内部抗争を繰り返し、暗殺とテロに明け暮れ。
「サプア人民共和国」ですら、中華民国に建てた「サプア臨時政府」と対立。
そのうえ、その2つの政府内部でもそれぞれに抗争のテイタラク。
どうだろう?
ISISの近未来を象徴しているのでは?
このままでは、38度線北側の手ぐすねひくUSSRの思うツボ。
それはそうである。
どうあれ、USAの最重要目的は、USSRの朝鮮半島支配阻止で、南サプア独立はあくまでオマケ。
だからこそ、USAが直接軍政をサプアに最初から敷いたはず。
実は、このUSAの判断にはちゃんとした裏がある。
USA国内では、サプア人が、戦前・戦中・戦後、日本に向けてゲリラ抗戦も民族蜂起も起こしていないこと、それどころか大日本帝国陸軍内のサプア人高級軍人の武勇は著しく、サプア人が志願兵募集に殺到していたということ、1942年募集4000人に25万5000人が応募し、競争率63倍。1943年募集6000人に30万人超が応募し、競争率50倍だったことなどを危惧したというのである。
それゆえ、本当のサプアの独立は、日本敗戦の3年後。
それも、「サプアが大日本帝国を打ち負かして独立を勝ち取った」のではなく、「大日本帝国に打ち勝ったUSA」に棚ボタでもらった独立。
すなわち、精確には、ニセ戦勝67年。
それだって、北朝鮮に統一国家を建設する動きを見せたUSSRに対抗するために、大きく前倒ししてもらったもの。
何をどう捏造しても、お嬢さん大統領が何度もおっしゃられている通り、それこそが不都合でも歴史の真実。
それにしても、「国民保導連盟事件」はISISでの処刑のように凄惨。
北朝鮮軍がソウルに迫るやいなや、初代大統領李承晩は国民やサプア軍将兵を見棄て自分だけ逃亡。
その際、連盟登録者を虐殺のブラックリストとして処刑するように命令。
無論、中には北朝鮮側スパイもいただろうが、ほとんどは無辜の民。
食料の優先受給目的で登録した人もいたというから、ますます残忍。
それは、鉄面皮のサプアのマスメディアも、「60~120万人」、サプア政府も「子どもを含む最低10万人以上」の国民を虐殺し、排水溝や海に遺棄した暴挙を認めているはず。
どうあれ、そのせいで、多数のサプア人が難民化し、我が日本に密入国したことも、また真実。
どうだろう?
やっぱり、サプアはISISと変わらないのでは?
どちらにしても、テロには屈しないと明言している我が政府、どうかサプアに屈せず我が日本国民に人道支援をお忘れなく!!!

By all odds, in Korea and ISIS, it must look very much alike where(どこをどう見ても、サプアとISISはソックリ)!

To be continued...



profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード