Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

彷徨う大和魂-35 安穏火、消せよ!?-51

When Prime Minister Shinzo Abe answers a question of such women of the offender without being angry well, at least I could admire it(安倍晋三首相は、よく怒らずに犯罪人のオンナどもの質問に答えていると私は感心している)!

東仙坊、ISISにメチャクチャ憤怒している。
えっ、そんなことは世界中の人間が同じだって?
ちょっと理由が違うはず。
Your nightmare、begin!!
せっかく「日本の悪夢が始まる」と言って脅かしてくれたのに、確かに空爆に参加していないけど、ヨルダン人パイロットの焼殺という極悪非道なプロパガンダ短編映画に、我が日本国旗を混ぜてくれなかったということに、東仙坊、憤慨しているのだから…。
なにはともあれ、ISISはもう終わり。
USAの北朝鮮強硬派の新・国防長官アシュトン・カーターが「lasting defeat(永久に殲滅)」とはっきりと口にしたのだから、ザマアミンミン。
世界13億人のイスラム教徒の9割を占めるというスンニ派。
そのスンニ派の最高権威機関アズハルが、ヨルダン軍パイロットを殺害したと公表したことを強く非難し、「不正を行い、神や預言者に刃向かう者は、殺害するか、手足を切るか、磔の刑に処するかすべきだ。ISISはイスラム教の名をかたるテロ組織でしかない」と衝撃の異例な声明を発表したからである。
そんなことより、我が国の真の問題は、サプアなる反日テロリスト集団に組みする主犯格の社民党福島瑞穂や民主党辻元清美(東仙坊、こんなオンナを入党させているからダメなんだとシミジミ)なる準クロ犯罪者どもが国会にいること自体。
これでは、サプアの反日テロリスト集団がモンスター化するのも当たり前。
それにしても、民主党枝野幸男、共産党小池晃、民主党細野豪志、根っからの悪代官一郎、孫崎亮、柳沢協二、古賀茂明、我が日本の内に売国奴どもがこれだけ跋扈しているとは、もはや日本の未来は風前の灯かも。
無様な政争に、サプアの反日テロリスト集団のごときISISを利用するのを少しは恥と思うべきでは?
そもそも、在京アラブ外交団代表シアム在京パレスチナ常駐総代表が、「安倍晋三首相の支援表明は全く挑発したとは思わない」と言っていることで、終わりにべきでは?
どうあれ、我が国の状況は、サプアのテロ集団どものテロが続いていて極めて深刻。
朝鮮総連(在日本朝鮮人総連合会)本部の買戻しトリックだって、なぜ黙って放っておけるの?
そもそも、朝鮮総連が約627億円の借金が払えず、最高裁判所判断を経て、2012年競売開始。
2013年3月、約45億円で落札した不気味な宗教法人が資金調達できず断念。
2回目の入札で胡散臭いモンゴル企業が約50億円で落札したが、書類不備で資格喪失。
そこで、次点の高松市のこれまた不可解な「マルナカホールディングス」にたったの約22億円で売却。
昨年11月、最高裁判所が朝鮮総連の不服申し立てを棄却し、代金を納付したマルナカホールディングスに所有権移転。
1月28日、山形県酒田市の北朝鮮の会社としか思えない貧相な不動産会社「グリーンフォーリスト」に約44億円で転売。
同日、土地・建物には朝鮮総連関連団体が入居する東京都文京区の朝鮮出版会館を管理する謎の「白山出版会館管理会」を権利者、グリーンフォーリストを債務者とする極度額50億円の根抵当権が仮登記。
すると、1月23日、その朝鮮総連本部の移転先に浮上したこともある朝鮮出版会館が大阪市のこれまた謎の不動産会社に約17億円で売却され、跡地にマンション建設計画。
その結果、賃借により朝鮮総連が今まで通り入居を続けるというのだから、本当に強かなテロリスト。
それを取り持ったと、表面上出てきているのは、元参議院議員山内俊夫なる魑魅魍魎だけ。
実際は、一体何人の売国奴ども濡れ手に粟で関わっていることやら…。
どちらにしても、本題に戻る前に、ヨルダン人パイロット焼殺に関するサプアの反応をご紹介。
◎聯合ニュース、「映像公開によってヨルダン国民が激怒し、復讐を誓っている」。
ヨルダン国王アブドラ2世は、空軍パイロット・ムアズ・カサースベ中尉をISISが殺害したことを糾弾し、「彼は信仰と国家を守るために命を失った」と哀悼の意を表明したうえで、「ヨルダン人の覇気を見せなければならない」と対ISIS戦での国民の団結を訴えた。
また、ヨルダン軍は中尉がすでに1ヵ月前に殺害されていたとし、「殉教者の血は無駄にならないだろう」と、報復を公言。
さらに、首都アンマンでは、激怒した市民数百人が街に飛び出し、口々に「カサースベはすべてのヨルダン人の息子」、「必ず復讐しなければならない」、「軍がテロリストを処断できるよう、信念をもってサポートしなければならない」などと叫び、ヨルダン政府の報復方針への賛同を表した。
その中には、中尉の家族も入っていた。
◎中央日報、「ISISがヨルダン人パイロット・カサスベを殺害したとする動画をインターネット上に公開。それに、国連やオバマ大統領や安倍晋三首相など各国の首脳が非難するコメントを発表。ヨルダン国営テレビは、これを受け、例のオンナを含めた2人の死刑囚の刑を執行」
このニュースについて、サプアのnetユーザーのコメント
「平和を否定するISISのスンニ派テロ集団は対話ができる集団ではない」
「リシャウィも火炙りの刑にすればよかった」
「ISISは人間であることを拒否する怖ろしい集団だ。カサスベ中尉の冥福を祈る」
「虐殺や爆撃、テロを最初に始めたイスラエルと同様の悪だ」
「潘基文事務総長も、国連では糾弾以外には何もできない」
「ISISがああやって暴れ放題なのに、大国が鎮圧しない理由は?気になる」
「ISISこいつらはダメだ…人の命を弄びやがって」
「ISISが人を殺すのに斬首・火炙りとその残忍性が怒りを感じさせるが、残忍に殺す理由は何なの?」
「カサースベ中尉、無念だったでしょう。ISISの悪魔よ、宗教を信じるなら他者に配慮して命が大切ということを知れ」
「斬首に火炙り…最も苦しくて残忍な方法を選ぶ人間のクズISIS。同じ人間として分類されることさえ恥ずかしい」
「ISIS、嫌悪感しか感じない。生きている悪魔たち」
「アラーの教えを忘れたのか、悪魔ども」
「絶対に懲らしめよう!」
「USAは口先で世界の仲介人であると喚かずに、先陣を切ってこいつらを撲滅しろ」

「他国の出来事でも、これは酷い。これは戦闘でも何でもなく、ただの獣だろ。苦痛を伴いながら亡くなったカサースベ中尉のご冥福をお祈りします…」
「ISISは自分から大勢の敵を作っているな…」
「『刀を取るものは刀とともに滅びる』という」

さて、そろそろISISと違うところがあるなら、ぜひ見せて!と願いながら、東仙坊、前々回取り上げた崔碩栄の「反日モンスターはこうして作られた 狂暴化するサプア人の心の中の怪物ケムル」から、また引用。
◎2006年5月21日、LAタイムズ、「サプア人のキムチ称賛─懐疑的な見地から」。
サプア人に最高の健康食品と称賛されてきた伝統食品キムチは、塩分が多く刺激的な食品であるため、胃ガン発生率を高めているという研究結果がサプア国内で出ている。にもかかわらず、サプアではそう批判することができない。ソウル大研究員も『キムチの有毒性をマスメディアの前で語ることはできない。キムチは我々サプア人の伝統食品であるためだ』」というの内容。
どうだろう?
一事が万事同じなのでは?
◎昨年7月14日、ニューズウィーク、「サプア人は人種差別の加害者になったときは『悪意のない冗談』と主張しするが、被害者になったときは敏感に反応する」。
◎1994年12月29日、時事ジャーナル、「日本人の在日サプア人暴力団幹部へのインタビュー」。
質問する記者が、「民族史」、「徴用」、「徴兵」、「在日サプア人への差別」を喋らせようとすることに逆ギレ。
「サプア人はなんでもかんでも過去の36年を持ち出すが、これからは、こっちの事情を客観的に見ることも大事だ。今は在日サプア人に被害を受け、自殺にまで追い込まれる日本人すらいることを知るべきだ」と一喝されたとか。
◎2012年、サプアで、金を稼ぎにきた中国人労働者オトコによるサプア人女性惨殺事件が発生。
被害女性を自宅に拉致しレイプ後、殺害。
ノコギリがあったのにもかかわらず、その遺体を包丁だけで6時間もかけ、骨や臓器を気づつけないまま、肉の部分だけをほぼ同じ大きさの358パーツに切り分けたとか。
そのために、人肉販売の疑いが生じ、死刑判決。
ところが、いつのまにか無期懲役に減刑されたとか。
そんなサプアで、2月3日、朝鮮日報が、「ソウル市内でタクシー運転手が国連に所属する中国外交官夫人に暴力をふるったことが、UNDESA(国連事務局経済社会局)、ガバナンスセンター(サプア事務局)、中国大使館を巻き込む騒ぎに発展」と報道。
何でも、1月12日、ソウル市内のタクシー運転手がクレジットカードでの支払いを拒否し、中国外交官夫人と口論。
運転手はサプア語で激しく罵り、女性の携帯電話やクレジットカードを車の中で放り投げ、さらにタクシーから降りようとする女性が完全に降りないうちに発車。
タクシーには女性の母親も乗っていて、「タクシー運転手は娘を降ろした後、私を乗せたまま100mほど走った。本当に怖かった」と証言。
中国外交官夫人は近くにいた警察官に助けを求め病院に搬送されたが、妊娠3ヵ月だったため胎児への影響を心配して、十分な検査が受けられず不安な気持ちで過ごしているとか。
これを受け、中国大使館は「事故当時、所轄の警察署はタクシー運転手の飲酒・薬物検査を行わなかった。また、防犯カメラ映像や目撃情報の確保もすぐに行わなかった」と麻浦警察署の不十分な捜査を非難。
サプア外交部を通じ、徹底的な調査と責任者の刑事処罰を要求。
これについて、サプアnetユーザーのコメント。
「サプアのタクシー運転手は人の心を持っていないのか?」
「よりによって中国外交官の夫人…。外交問題に発展しないか心配だ」
「中国大使館ではなく、サプア政府が問題を指摘するべきじゃないのか?」

「タクシーに乗れば、その国のレベルがわかる」
「国の品格を落とすタクシー運転手。いい加減にしてくれ」
「生意気なタクシー運転手はどこにでもいるよ。それよりも警察の適当な捜査に腹が立つ!」
「サプアの警察はマスコミを気にして、働いているフリをしているだけだ」
「サプア警察ほど信じられないものない。恥ずかしくて、外国でサプア人だと言いたくない」

こうなると、普通の中国人の動向が自然に気になってくるから、ちょっと複雑。
◎2月3日、中国の掲示板サイトに、「日本人の人に迷惑をかけたくないという願いの程度は一体どれだけなんだ」というスレッド。
「北京で、発車しそうなバスを追いかけたら止まってくれたので、乗車したときに『ありがとう』と言った。でも日本で同じような状況になったとき、日本人は『ありがとう』ではなく『すいません』と言っていた。これは運転手だけでなく他の乗客全員に対して言っていたのであり、ここに日本人と中国人の考えの違いが見て取れる」
これに対して、中国のnetユーザーのコメント。
「日本人は確かに礼儀正しいが、ちょっと度が過ぎると思う。あんなによそよそしくされると親しくなれなくて距離を感じる」 「民度が高い点は学べる。でも人情味に欠け、機械的すぎる。生活のストレスが大きいことが原因なのだろう」
「我が国の人間は他人に迷惑をかけないということが学べないのだろうか?」
「中国人はこの面でほんの少しでも学んだ方がいい。我々は自己中心的すぎる。他人に迷惑をかけることを少しも恥とは思わず、自分が間違っていても絶対に頭を下げない」「日本人は何事も極端なのだ。生活の中でそれが現れている。実際のところ、日本人は変態的で非人間的だ」
「日本人の言う『すいません』は、中国人の言う『ご飯食べた?』と同じで挨拶のようなもの」

◎12月23日、中国の掲示板サイトに、「日本は世界で最も民度が高い国だと言い切れる」というスレッド。
「ワールドカップの際に自主的にゴミ拾いをする日本人サポーターについてのニュースは、世界中から称賛されたが、それと比べて海外に行く我が国の同胞たちは、各種のマナー違反で世界中の笑いものとなっている」。
具体的な例として、酔った中国人観光客がタイで三輪タクシーを乗り逃げしたというニュースが最近あった一方で、日本では誤って自転車を倒してベルを壊してしまった人が、カゴにお詫びの一文と1000円札を置いていく事例があったことを挙げて対比。
これに対して、中国のnetユーザーのコメント。
「面積の大きくない島国が、世界からこれほどの称賛を得ていることは、我々が深く考えるべき点だ」
「日本はアジアで最も文明的な国。日本がいるからアジアは世界と歩調を合わせることができる」
「日本人の国際的なイメージが中国よりずっと高いというのは、否定できない事実」

「全体的に言えば、日本は世界で最も信頼に値する国だ。信頼に値するかどうかは人柄で決まる。ついでに言うと、中国人に対しては特に気をつけるべきで安易に信じてはダメだ」
「それはそうだよ。原子爆弾を落とされても報復することを考えないなんて、民度世界一だ」
「日本が文明国家であることは認めるが、ドイツと比べたらまだまだだ。侵略を認めない国はアジアで軽蔑される。この点ではドイツが一番のお手本」
「かつての日本鬼子を心から憎み、現代の日本人を敬服する。この過程でUSAが果たした役割は大きい」
◎1月18日、中国のnetに「他人に迷惑をかけないという日本人の姿勢」とするスレッド。
「他人に迷惑をかけない日本人の姿勢は、一見すると優れた点のように感じるが、私はそうとは思わない。他人に迷惑をかけないということは、他人から迷惑をかけられたくないという気持ちの裏返しだといえるからだ。日本人には人情味がない」
それに対する、中国のnetユーザーのコメント。
「日本人は冷淡だな」
「欧米も同じ。国が発展すると人は冷淡になるのだ」
「日本人は表面上冷たいように感じるが、実際はそうではないと思う。日本のマンガの多くで友情の力が表現されているように、日本人は心を許せる仲間を手に入れたいと渇望しているのだ。日本のマンガが日本人の願いを反映しているのなら、多くの日本人は人と人との交流やつながりを大切にしたいと考えていると思う」
「中国人は人情をとても重視している。ただ、『人に迷惑をかけない』と同じように、絶対的に優れた姿勢ではない」

◎1月20日、中国のnet上に「日本人って他人に迷惑をかけるのをどれほど嫌がるの?」との書き込み。
「北京でバスが待っていてくれて、ぎりぎり乗れたら『ありがとう』と言うところだが、京都に行ったとき日本人は『すみません』と言っていて、誰も『ありがとう』とは言っていなかった」
「日本人はテーブルを汚さないようにと、自分のカバンを床に置く。咳で他人が不快にならないようにマスクをする。郵便物をちゃんと受け取れるように、送ったことを電話で知らせる。ソファーの形が崩れないように、あまりリラックスしすぎない」
「エレベーターでは後から乗った人がよく『すみません』と言う。エスカレーターでも左側に一列になって乗る。急いでいる人のために右側を空けておく。公共の場では大声で話す日本人はまずいない。携帯電話も呼び出し音を聞くことはあまりない。どれも人に迷惑をかけないため。日本人は人との関係が疎遠な方が落ち着くのだろう」
「他人に迷惑をかけないことは、日本では社会的常識。コンビニの店員が温かい商品を別に袋詰めするのも、下水道工事で交通誘導するのもそうだし、公共の場では指定の場所以外では喫煙できないのも、たとえ大家であっても住人を訪問する前に電話で知らせるのもそう」
「一般の人は言うに及ばず、ヤクザでさえ人に迷惑をかけないように生きている。あるとき電車で、座っていたがらの悪い男の携帯に着信があったが、周りを気にせず大声で話すかと思いきや、小さな声で『電車に乗っているから、また後で』と言って切っていた」
「日本人は礼儀を重んじると言われるが、実際にはそれ以上に規則を重んじる。無礼は相手の礼儀や教養によっては容認されるが、規則を破れば責められ、罰せられる。日本人は規則を守らない人に対する許容度が低い」
「日本人は生真面目すぎるのでは?日本にいたころは自分も他人に迷惑をかけないようになっていったが…」
「日本人の思いやりはもう治療のしようがないほど。在日米軍の経費の一部は日本の防衛予算から出ている。これは思いやり予算と呼ばれている」

◎1月22日、網易、「中国と日本の違いを比較! なんと、すべて当たっている!」と題する記事を掲載。
USA在住の華人が日本と中国について比較。
それによると、「中国では人が車に道を譲るが、日本では車が人に道を譲る」、「中国では汚くて臭くなければトイレと呼べないが、日本のトイレはホテルのよう」、「中国のサービスは客をひとくくりにしているが、日本は客一人ひとりに対応」、「中国の地下鉄は物を食べたりおしゃべりしたりで市場のようだが、日本の地下鉄は静かで秩序があって病院のよう」、「中国のレストランではメニューの写真ではなく実物が基準だが、日本のレストランは写真通り」、「中国のドラッグストアはただの薬屋だが、日本のドラッグストアは雑貨屋のように品数が豊富」、「中国の薬は効きめが出るまで最低3日かかるが、日本の薬はすぐに効く」など。
これに対して、中国のnetユーザーの反応。
「気分が悪い。これ書いたヤツは日本人になりたいのか?」
「薬局が雑貨屋みたいって本当にいいことなのか?」
「日本が羨ましい」
「やっぱり民度が違うんだよ」
「両国の差は100年くらいはあるだろう」
「国民の素養が世界1位の国日本とビリから2番目の国中国だもの。比べようがない」
「正しいことは正しいと言おう」
「日本は仕事が細かく、どこの道路も平らだが、中国はインフラ整備にあんなに金をつぎ込んでいるのに、道路はボコボコ」
「中国人は、自分が歩いている時は車に『道を譲れ』と言い、車を運転している時には歩行者に『道を譲れ』と言う」

どうだろう?
なんだかよくわからないけど、カッパエビセン状態になってこないか?

I am surprised at the distance that has a long normal interval that it must be normal of China if abnormal of Korea(サプアの異常性と普通の中国のノーマルさとの間の長い距離には驚くばかり)!

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード