Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

彷徨う大和魂-35 安穏火、消せよ!?-184

It should be today on the very unpleasant day when the important neighboring country fantasy and the United Nations fantasy and the Japan, China and South Korea relations want to abandon all(今日は、大切な隣国幻想も、国連幻想も、日中韓関係も、何もかもを棄てたくなるような凄くイヤな日になるはず)!

我が国全体が、オールドファンションドのビッグマネー利権の宝庫でしかないオリンピックにウツツを抜かしている間に、中国は着々と今日の北京での「抗日戦争勝利記念軍事パレード」の準備万端…。
しかも、東仙坊、生きている間に二度と大切な隣国の大統領と聞きたくはないサプアの発狂お嬢さん大統領、その「抗日戦争勝利記念軍事パレード」で、ロシアのPuさんとともに習近平中国国家主席の隣に立てると大喜びしているというから、我々日本人は、このことを向こう1000年は忘れてはいけないはず。
もはや、完璧にただの中国のチンピラ。
日本人にいるサプアの血を引く893たちですら、3代目系統の自分たちこそ本流と今や中国のようなった菱の紋に反旗を翻しているときなのに、なんと情けなくてみっともないことか?
本当に国交断絶すべきなのでは?
だからこそ、我が国のマスメディアは、何とかサプアの発狂お嬢さん大統領の蛮行に、ブルーシートでもかけるように五輪エンブレム盗作問題ばかりを大々的に取り上げていたのかも?
それにしても、我が国の国会前でハイキングのようにデモをなされていた高尚でご立派な方々、アナタ方は中国語がお話になれるの?10年後に天安門の前で100万人の1人になって軍事パレードの警備ができるの? 
それとも、上海のアイスクリーム店「Iceason」が販売している1本30元(約560円)もする「東条英機の顔をした棒付きアイスキャンディー」でも食べたいの?
どうあれ、ここまでの茶番劇を実行してまで中韓は、我が日本を世界の「悪魔」にしようとしているのに、それでもアナタ方はもちろん「天使」なのですよね?
そこで、中韓大好きの天使であるアナタ方に、エコノミスト8月21日号の巻頭特集を紙上プレゼント。
表紙は、習近平がライフルとペンとが一緒になった銃を持って立つ写真
そのキャッチフレーズは、「習近平の歴史の教訓」、「中国はいかに将来を支配するために過去を修正するか」
中国共産党は現在の野心を正当化するために歴史を悪用している」という見出し巻頭論文。
9月3日の北京での「抗日戦争勝利記念」の軍事パレードを閲兵する中国の習近平国家主席こそ歴史を捻じ曲げて、自国の将来の野心に利用し、日本を不当に悪魔化している。
中国共産党は、今回、初めて対日戦争勝利を単なる儀式だけでなく軍事力の誇示で祝うが、その行動は周辺諸国に中国の今の力を宣伝する威圧効果を必然的に生む。
中国共産党は現在の野望を正当化するために過去の歴史を改竄。
中国は過去の犠牲の大きさのために自国が今後のアジアの秩序で最大の発言力があると考え、日本は今また他国への侵略を始めかねない危険な存在だと宣伝。
中国の主張する歴史は、日本と戦争をしたのは中国共産党ではなく中国国民党であり、現在の日本が帝国主義の日本とは根本から異なるという点で大きく間違っている。今の日本は平和主義に徹し、高齢化が進み、核兵器を忌避する民主主義の国。
中国が日本を悪魔化することは不公正であるだけでなく危険。
中国共産党が自国内の反日感情を煽り過ぎると、国民の反米感情までを高めて、アジアでのUSAとの対決を求めるようになりかねない。
習近平主席は歴史から本当の教訓を学び、歴史を改竄して自国の有利な方法でのみ利用することを止めて、アジア地域の安定を多国間の協議で進めることが望ましい。

どうだろう?
UK人らしくアイロニカルで、日本をダシに使っているところもあるが、かなり正しい歴史認識では?
となると、サプアの発狂お嬢さん大統領の立ち位置って、一体何?
我々と一緒にWW2ではUSA人や中国人を殺害し、朝鮮戦争ではUSA人と自国民を中国共産党軍に殺害されていたのでは?
それでいて、中国の軍事パレードの参列し何を喜ぶの?
まあ、適当にウソ八百をまた並べるのだろうが、日米欧の中で唯一参加している見かけは民主主義国家(?)のトップだという自覚だけはお忘れずに…。
どうあれ、これで明確になったことが1つ。
これだけのデフレ不況時代にノーテンキにオリンピックなんて大騒ぎしている国は、ギリシャやブラジルのようにヤケクソの国か? 国威発揚のプロパガンダに利用したいだけ中国やロシアだけ。
えっ、我が国は?って?
中国の官僚のような腐敗官僚ども、それに群がる得体の知れない利権屋政治屋ども、さらにそれらと結託するだけの魂を売った恥知らずどもがたくさんいるということ。
それで、メチャクチャ象徴的なコトが1つ。
4年経っても遅々として一向に進行しない東北大震災の復興…。
3.11のとき、我が国の政権を担っていた政党を覚えてる?
そう、あのどうしようも救いのない保育園児政党の民主党?
では、東北大震災が発生したとき、野党だった自民党の政治屋どもは何を考えたか?
ぐやじーい、なんてついていないんだ、一体どれだけの復興資金を湯水のように使えて自分にいくら還流できたことか…。
そして、その後の選挙で敗北し、政権を失った民主党の政治屋どもはそのとき何を思ったか?
ジグショー、なんてついていないんだ、あの自分の懐に入るはずの復興資金は誰の懐に行ってしまうのか…。
我が国の民度など、まだまだその程度なのでは?
正確に言えば、我が国の政治屋ども、官僚ども、マスメディアども、贖罪史観と自虐史観の左派勢力どもは、自分たちが一般国民(?)から遠く離反しているコトに気づき、とにかく少しでもラクして食うためにポピュリズムに走っているだけなのでは?
さて、今やマスメディアとしての誇りなどかなぐり捨てたサプアのマスメディア、自分の国の発狂お嬢さん大統領が習近平の決してタッチされないコンフォートウーマンであることがウレシイのか、その本性からか、かなり自慢。
◎8月31日、サプア・文化日報は、「9月3日の中国の抗日戦争勝利70周年記念行事(戦勝節?)軍事パレードでは、大統領がロシアのPuさんとともに習近平中国国家主席の隣に立つ」とファンファーレ報道。
9月3日午前10時に始まり、70発の礼砲や習近平国家主席の演説などの後、1万2000人余りが参加する衝撃的な前代未聞の軍事パレードと大絶賛。
この報道に対し、サプアnetユーザーのコメント。
「どこに立つかもニュースになるのか? 新聞は国の宣伝物か?」
「中国共産党は悪いと教わってきたのに、激変しすぎ」
「そうなることを祈る」
「中国やロシアとも仲よくすべき」
「サプアも大きくなったな」
「実利のための訪中だが、朝鮮戦争で北朝鮮を支援した中国のイベントに出席することに、素直に拍手を送る気にはなれない」
「うまく行けば、プーチンとの会談もあり得る。北朝鮮は焦るだろうな」
「中国なくして統一はない。中国と対北政策を議論するのは、韓米の利益とも符合する」
「日本と北朝鮮を除いてアジアはみんな1つ」
「日本は大切なサプアを中国に奪われた」
「結局行くのか。韓米関係は終わり」
「USAと中国の間を行ったりきたり。うまく行けばいいんだが」

どうだろう?
二度とサプアに仏の顔をすべきではないと思わないか?
実は、それ以上に、我々日本人がイヤというほど心に留めるべきことは、たった1つ。
今や世界のチキンと化してしまった我が国の唯一無二の同盟国USAの対応…。
それに、オバマ大統領代行としてマックス・ボーカス駐中国大使を出席させるだけでなく、8月31日、ジョン・ケリー国務長官がわざわざサプアのキツネ目外交部長官とアンカレッジで会談。
「朝鮮半島の平和・安定のための中国の建設的な役割が重要だ。お嬢さん大統領の中国の戦勝記念式典行事出席が韓半島全体に及ぼす含意(?)を十分に理解する。安保問題で韓米間最上のパートナーシップ(superb partnership)が形成されている。サプアに対するUSAの防衛公約は確固たるものだ」と述べたというから、何をかいわんや。
同じように脆弱な我が国政府、USAへの勝手な幻想をいい加減棄てるべきなのでは?
それが証拠に、日本政府が、「中国の戦勝記念式典に国連潘基文事務総長が出席することについて、国連はあくまで中立であるべきだ」と訪米してまで訴えたところで、USAも国連も全く無視なのでは?
それどころか、9月1日、USA国務省マーク・トナー副報道官は、「USAは悲劇的な戦争を戦い、命を落とした犠牲者を敬うのは適切だと考えている(???)。しかし、我々はアジアの未来、そして戦後の持続的な平和と繁栄、アジアとの協力に焦点を当てている。アジア各国が連帯を強め、平和と繁栄の新しい時代をもたらすことを期待する(?)」と答えたうえ、潘基文国連事務総長の記念行事出席に関しては、「国連が決めたことだ」との一言。
どうだろう?
玉を抜かれてしまったかのようなUSAにとって、北のキチガイの存在はそのぐらい厄介で面倒と思っているということなのでは?
と同時に、G2などというタワケタことを標榜せざるを得ないように、ジャスミンティー好きのオバマ政権は金銭面で中国と粘着テープグルグル巻き状態なのでは?
そうなると、なおさら、我が国の国会前でプラカードならぬプアカードを掲げれば平和がやってくると平然と虚偽が言える高尚でご立派な方々にお尋ねしてみたい。
自分の国とは一体誰が守ってくれるの?
仮に攻撃されたときは、黙ってその敵の砲弾やミサイルや核弾頭に当たれということ?
それより何よりも、そのときは黙って敵の奴隷や性奴隷になれということ?
えっ、国連が助けてくれるって?
今年で国連も創設70年。
今までにいつ? どこで? 国連が紛争解決や戦争停止や混乱に何か貢献したり役立ったことが一度でもあったのか?
特に、何もしないで利権を漁るための組織でしかないのでは?
しかも、冷戦集結後ではクソの役にも立ったことはないのでは?
東仙坊、卑屈なサプア人が事務総長になってから、ただのゴミと決めつけているが…。
そもそも、その無用の長物が創られたのは、連合国による連合国のための集合体で利権の明確なシェアリングのため。
それゆえ、敵国条項(国連憲章53条)なるものがある摩訶不思議な集合体なのでは?
その結果、現在、その加盟国193ヵ国と約4倍に増加したのに、その実力(?)は4分の1に縮小してしまったと言われているのでは?
とりわけ、その堕落というか効果ゼロの原因は、米英仏露中が拒否権付き常任理事国(P5)を恒久的に独占していること。
それはそうだと思わないか?
国連憲章が、国連の目的である「国際の平和および安全を維持する(第1条)」責務は安全保障理事会が負うと記している以上、国連は安全保障理事会に始まり安全保障理事会で終わるもの。
そして、拒否権付き常任安全保障理事国(P5)が好き勝手に自分たちに都合よく動かすだけのもの。
その意味で、我が日本が、加盟から60年の来年からまた任期2年の安全保障理事会非常任理事国に選出されたところで、何の意義も価値も持たないのもの。
実は、それは非人道的な焼夷弾絨毯爆撃で東京が焦土化され、沖縄にUSA軍が上陸しこれまた非人道的な殺戮をした1945年4月、連合国側はサンフランシスコで国連創設会議を開き、1945年6月50ヵ国が国連憲章に署名。
1945年10月、国連が正式発足。
その発足時から、何もかもが不変。
P5が既得権を固持したままだから、一切の安全保障理事会改革などナシ。
まあ、1944年夏のワシントンのダンバートン・オークスと1945年2月のヤルタでの2つの会議で、米英ソが国連の骨組みをすでに決定していたというのだから、それも当たり前。
そ、そ、それなのに、世界一のお人好しの気前のいい国家日本、その国連分担金も、12.530%から2013年~2015年10.833%に引き下げられても、いまだに第2位の拠出国。
大きく上昇したという中国がたったの5.148%なのにである。
どうだろう?
イタチの最後っ屁になってもいいから、このサプア顔丸出しの国連事務総長にだけは、黙っていられないと感じているのは、東仙坊だけではあるまい。
何しろ、相変らず「過去の教訓に学び、よりよい未来に進むことが重要だ」とのたまわっているアンポンタン、コヤツのせいで我々はせめて分担金を供託させていただくと国連に明言しなければ溜飲が下がらないのでは?
さて、そんな日本にたった一度だけ常任理事国入りできるチャンスがあったとか?
それは、親日家だったエジプト出身の6代目事務総長ブトロス・ガリの時代とか。
個人として「日本単独ならイケるかもしれない」と助言してくれたのに、なぜかP5入り反対の自民党有力政治屋にガッチリと阻止されたとか?
その笑い話が1990年代のニューヨークにあったとも。
「日本はバス停で待つだけの国。常任理事国行きバスがきて手を挙げ乗るかと思いきや、そぶりも見せないのでバスは走り去ってしまった」という話だというのだが、一体誰なのか?
まあ、国連がクソの役にも立たないことを熟知していたご仁と思いたいが、どうだろう?
どうあれ、我が国の国会前でのデモに参加なされていた高尚でご立派な方々、我が国の憲法同様、国連憲章もデタラメだということをぜひお勉強あれ!!!

I die further and don't wanna see the face of U.N. Secretary General and the woman President of Korea either(国連事務総長とサプア大統領の顔は、これ以上死んでも観たくない)!

To be continued...






























profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード