Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

彷徨う大和魂-35 安穏火、消せよ!?-77

It must be natural that there is the ideal aspect for the Chinese in Japan which takes in a good place of the Chinese culture from far away and developed(中国の文化のいいところを遠くから取り入れて発展してきた日本に、中国人にとっての理想的な面があるのは当然)!

東仙坊、普通の中国人が知的に覚醒してゆくことに期待しつつも、あくまで過信しないように戒めている。
それはそうである。
一党独裁のパラダイムを維持しようとなりふり構わぬ中国共産党の異常さは、我々日本人の想像をはるかに超えるもの。
かといって、それでも、世界に出て見識を広める普通の中国人を完全に抑えつけることは不可能に違いない。
では、中国は自己宣言している腐敗なき清廉な国家に本当に近づけるのか?
◎昨年12月6日、ドイツに本部を置き、汚職・腐敗防止への世界的な啓発活動を続けるNGOトランスペアレンシー・インターナショナルが、発表した2014年の「腐敗認識指数」。
それによると、中国は175ヵ国・地域中で100位(36点=点数が低いほど清潔度が低い)。
ちなみに、日本は15位(76点)、サプアでさえ43位(55点)。
中国は、前年80位(40点)で、反腐敗運動にもかかわらず20位ランクダウンというから、ハンパじゃない。
自由なメディアの存在や政府の説明責任などの社会的透明性が十分に確保できていない状況でのトップダウン式の取り組みで、どう反腐敗運動の効果を見出せるのか疑問ということ。
不正摘発を進める習近平指導部だが、その善し悪しを評価するのも同じ体制。
権力の掌握に向けて、知られ得ぬことが多いまま黙々と粛正が続けられていく構図は、過去の中国と違わない。
つまり、どこまでも反腐敗運動の狙いは、縄張り争い。
しかし、そんなかでも、海外で、特に日本で暮らす知的中国人は、間違いなく人間的に成長してゆくはず。
それこそが、我が日本の本来の文化力。
◎2月27日、中国のnet上に、在日中国人が「日本の欠点を指摘する文章」が掲載。
「中国のnetや微博には、日本のよい面を強調する書き込みが多い。日本には確かに、我々が学ぶべき点が多い。ただ、日本で長く生活する者として、日本の悪いところを挙げてみたいと思う。日本を貶めるためではなく、物事には裏表があることを知ってもらいたいためだ。日本人は日本の悪いところを指摘されることを何とも思っていないが、在日中国人は日本が悪いという指摘が受け入れられない。これはとてもオカシイことだ」と理由を説明。
◇政治・経済面での欠点
「日本は経済大国だが、政治小国でもある。日本はずっとUSAに追従し、国際舞台ではほとんど影響力がない。サミットで日本の首相が右往左往し、USA大統領を探す姿には笑ってしまう」「日本は在日USA軍の悪行に目を瞑り、心の中では沖縄の人たちの利益をあきらめ、犠牲にしている」
「日本の大企業も、国民を騙す。東京電力は『絶対に原発事故は起きない』と約束していたが、2011年の東日本大震災でその安全神話が崩壊した」
◇日本人の欠点
「日本人は、物に変化を加えることに長けているが、物を生み出すことに長けてはいない」
「日本人はよくお辞儀したり、『すみません』という言葉を口にしたりするが、日常生活ではこれらは形式化しており、誠意は見る影もない。笑顔は単なる『作り笑い』であることが多い」

「日本人は考え方が狭い。たとえば日本対中国のスポーツ中継では、日本のチャンスの場面ばかりをリプレーで放送し、中国チームのチャンスは放送されない。そのうえ、中国に関する報道はほとんどが中国の悪い面を伝えるもので、故意にそのように報道していることもある」
「日本人は真にルールを守ってはいない。日本の法律では、893や賭博、性の売買を禁止しているが、日本社会は結社の自由を保障し、パチンコ店があり、成人向けビデオは合法である」
◇日本社会の病巣
「日本社会は圧力が大きい。鬱病や被害妄想、対人恐怖症などの精神疾患も多い」
「日本の学校はイジメが深刻。ほかにも会社や地域コミュニティーでのイジメもあり、日本人自身も『日本はイジメ社会だ』と言うほどである」
「日本社会は温かくはない。人と人との繋がりは希薄で、日本人自身も『無縁社会』と称している。同僚や親戚、友人、近隣との関係も疎遠になり、孤独死も頻繁に起きている」
「日本の酒はアルコール度数が低いが、日本人はいくらも飲まないうちに酔っぱらう。本当に酔っているのか、酔っぱらったフリをしているのかわからない」
「電車内で化粧をする女性をしばしば見かける。見るたびに気持ち悪いと感じる」

「性に対する開放は、驚くべきもの。中国人の価値観からは、もはや恥知らずのレベル」
どうだろう?
耳の痛いところもあるのでは?
では、そんな普通の中国人のサプア観を再びチェック。
◎2月15日、サプア情報を紹介している微博のユーザーが、「最近のソウルの女子学生が履くスカートの長さ」について紹介するツイート。
4枚の画像を掲載してソウルの女子学生のスカート丈について紹介。
学校内で撮影されたと思われる写真、現地テレビニュースのキャプション画像に写っているのは、いずれも太ももギリギリの長さしかないタイトスカートの制服を履いた女子学生たち。
これに対する、中国のnetユーザーのコメント。
「学校は何も言わないのか」
「冬は寒いだろ」
「これは将来関節炎にかかるぞ」
「自分の短パンのほうが丈が長そう」
「もはや尻を包むだけの布だな…」
「サプア行きたくなった」
「だからセクハラ事件がしょっちゅう起きるんだ」

「やっぱり中国の制服でよかった」
「サプアは日本に学んでいる」
「ますます日本の方向に発展している」
「サプアは日本好きが多いからね」
「日本を手本にしてるのか」
「日本化してるぞ」
「ファッションは健康と引き換え。女性は大変だ」

◎2月16日、中国のあるnetユーザーがネット掲示板で、「サプア人って礼儀正しくて努力家だし、いい人たちだと思うのに、いつも悪く言われるのはなぜ?」といったスレッド。
サプアには1回行ったことがある。わずか2日間だったけど、女性はみんな同じ顔、男性はとても背が高くて、サムスンの製品を使っている人が多いといった印象を受けた。
私は中国に2、3人、サプア人の知り合いがいる。彼らのイメージをまとめてみると、こんな風だ。
まずは、とても礼儀正しいこと。何かと言えば「スムニダ」。最初は口ぐせかと思った。なぜかというと、これがもっとも多く聞かれる言葉だったから。
2つ目は、きれい好きなこと。伝統的なものなのか、冬でも毎日髪を洗う。私はだいたい、3日に1回だ。
3つ目は、とても努力家なこと。これは悪く言いようがないと思う。
ただ、彼らにも欠点はある。それはまず、いつもではないにしても、話の内容がアテにならないこと。
2つ目は、熱狂的な愛国者で、何でもサプアが最高だと言うこと。
ただし、こういうこともそんなに批判されるほどでもないと思う。
なぜ彼らは悪く言われてしまうのか、みんな、どう思う?
この問いかけへの中国人netユーザーのコメント。
「サプア人は器が小さくて、ウソばかり言うから」
「スレッド主、ワールドカップ見たか?」
「サプア人が悪く言われる大きな原因は、彼らがいつも中国の文化を『自分たちのものだ』って言うこと。あとは自分の周りの中国人女性が韓流スターに狂っているのにも閉口。うちの姉なんて、サプア人男性じゃなきゃ結婚しないなんて言ってる」
「朝鮮半島にはいいイメージが湧かない。端午節やら箸やら孔子まで、自分たちのものだって言うし。はぁ、もういいって。世界全部、サプア人のもので」
「日本人はよくも悪くも注目するべきライバルだと思うけど、サプア人はねぇ…」
「キミの言う『サプア人のいいところ』って、日本人の方がスバらしいぞ。意味なくね?」
「本当にサプア人と接した人なら、サプア人が悪いと思わないはずだ」

「サプアの文化ってけっこうイケてると思うけど…」
「私のサプア語の先生はとってもいい人で、親切だよ」
「大学で一度、サプア人の学生2人とご飯を食べたことがある。彼らは急にかしこまって言ってきた。『最近ニュースで話題になっている孔子とか李白と かの件、僕たちは信じていない。誤解しないでください』そう言われたボクたちは逆に気まずくて…」
「サプアに1ヵ月間、遊びに行ったことがある。男性は兵役が終わった人はきちっとしている。サプア人はとっても礼儀正しいよ」

◎2月21日、微博で13万人のフォロワーを持つ日本情報を専門的に紹介する中国のnetユーザーが、「サプアと日本が中国人観光客の奪い合いを始めた(?)」とツイート。
「爆買い」と称される強力な購買力によって、世界各国の観光業界から熱視線を浴びている(?)中国人観光客。
特に、日本とサプアの近隣国同士(?)による招致合戦は熱を帯びている。
「サプアの方が確かに各方面において日本よりよい。しかし、観光資源はやはり日本のほうが上」という個人的な見解。
「各方面」が具体的に何を指すのかについては言及されていないとか。
このツイートに対して、ほかの微博ユーザーのコメント。
「サプアは本当に楽しめる場所がない」
「サプアには全く魅力がない」
「サプア旅行が無料でも行かない」
「サプアと日本ではそもそも比べものにならない」
「日本にはリピーターがいる。サプアは1度行ったらもういい」

「サプアの方がビザが取りやすい」
「サプアは買い物の値段が安い」
「個人的には、日本のビザは緩和してほしくない。あまりたくさんの人が行くようになると印象が悪くなりそう」

どうだろう?
どこか人間臭いところがあると思わないか?
◎2月28日、CCTVは、「2月25日、中国とサプアがFTA(自由貿易協定)に仮署名し、中韓FTA交渉がすべて完了した」と報道。
サプア産業通商資源部によると、20年以内にサプアは品目ベースで92%、輸入額ベースで91%の関税を撤廃し、中国は品目ベースで91%、輸入額ベースで85%の関税を撤廃するという内容。今年上半期中に正式署名する方針。
サプアマスメディアは「サプアは製造業で譲歩する代わりに農林水産物を守った。中国内の韓流コンテンツ保護の強化が期待される」などと報道。
CCTVは、「中韓FTAによって中国の庶民にとってサプアの安くてよい品をたくさん買えるようになることを意味している。何を買いたいか?」と強調。
それに対する、中国のnetユーザーのコメント。
「サプアには別にいいものはない」
「別にサプアから買いたいと思うものなんてないな」
「サプアにはキムチのほかに何かあるのか?」
「日本製品の方がサプア製品よりもいいのでは?」
「二流国のものだからな。我々のパクリ品の方がまだいいかもしれないぞ」
「我が中国はものが豊富でコピー技術が高いのに、このうえサプアのものなんて必要なのだろうか」
「明らかにサプアは我が国に敵意を持っているのに、なんで中国庶民のお金でサプアを儲けさせようとするのだ?」

「サプアのスキンケア用品は人気が出るな」

一方、中央日報が、「FTA締結で化粧品、衣料などの関税が撤廃。中国人観光客はわざわざサプアへ出向いて商品を買う必要がなくなり、小売業などサプアの中小企業に打撃となっている」と報道。
さらに、「低価格の中国製品がゼロ関税でサプアへなだれ込めば、中小企業にとっては大きなダメージになる」と分析。
それに対し、サプアのnetユーザーのコメント。
「韓流よりもゲーム産業を保護するべき」
「どうして大事な製造業で譲歩したの」
「譲歩して守った? -1+0は-1だ。つまりサプアが損したってこと!」
「中国が襲い掛かってくる。黄砂も一緒に…」
「得するのは企業だけ。いつまで国民を苦しめる?」
「親日と親中であふれた政権。大統領が国を台無しにしようとしている」
「中国と仲よくすればするほど、USAが離れて行く」
「多くの分野で、中国はサプアの先を行っている。10年後が心配だ」
「20年後、サプアは滅びるんじゃないか?」

「日本に対しても中国に対しても、サプアはいつも譲歩してばかり…」


After all we can't but say that abnormal unreasonableness of Korea is in the place to deny a Kanji(やはり、漢字を否定するところに、サプアの異常なムリがある)!

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード