Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

彷徨う大和魂-35 安穏火、消せよ!?-79

Because originally Korea knows that it was a country similar to North Korea well, they should be afraid that they become poorer than required(サプアはもともと北朝鮮と同じような国だったことを熟知しているから、必要以上に貧乏になることを怖れている)!

東仙坊、サプアの現在の実情をもう少し冷静にチェック。
◎2月15日、サプア・亜州経済は、「中国人観光客によるサプア旅行に対する満足度、再訪の意思などがほかの国・地域の観光客に比べて顕著に低いレベルであるとするサプア国内の調査データを紹介。ニーズを徹底的に把握しなければ中国人観光客にそっぽを向かれるという危機感が出ている」と報道。
◎2月23日、サプア・亜洲経済は、「サプアの歴代政府は、将来の発展を目的に巨額の資金を研究開発に投資してきたが、いまだに目を見張るような成果は出ていない。それにサプアで不満の声が高まっている」と報道。
サプアGDPに占める研究開発費の割合は世界一(?)、国家予算に占める研究開発費の割合は世界2位(?)。
2006年~2015年までの10年間において、サプア政府は研究開発費として150兆5000億ウォン(約16兆1200億円)を投じてきた。それなのに、2006年~2013年における技術貿易収支では、累積赤字が375億5000万ドル(約4兆4688億円)に達した。今後もこのような悪循環が続けば、大統領が強調する『創造経済』は成果を上げられずに終わる」
その研究開発における一例として原子力の安全技術を取り上げ、「2010年時点のサプアの技術は世界最先端水準から4.7年の遅れだったが、2012年には7.8年の遅れに拡大。サプア政府は同分野の研究開発費として2010年は2824億ウォン(約302億円)、2012年は3580億ウォン(約383億円)にまで拡大したものの、世界最先端との差は縮まるばかりかむしろ拡大した」。
◎2月23日、サプア・ソウル経済は、「為替レートが輸出に及ぼす影響を示す実質実効為替レート指数が、ほぼ7年ぶりのウォン高水準となり、サプアの輸出産業に対する懸念が強まっている]と報道。
BIS(国際決済銀行)が公表した今年1月のウォンの実質実効為替レート指数は114.4ポイントと、2008年2月の118.8以来の高水準。この指数は、為替レートの変動に貿易の比重や物価上昇率などを加味して算出するもので、数値が高いほど通貨価値が上昇したことを意味する。ウォンの実質実効為替レート指数は、2008年には結局80ポイントまで下落し、サプアの輸出を後押し。
ウォン高の要因は世界各国が金利引き下げなどを行い、通貨価値を下落させているため。
今年に入ってすでに20ヵ国が、国内の景気刺激や輸出競争力を強める狙いで金利を引き下げている。EUROの1月の指数は91.3ポイントと2002年5月以来13年ぶりの低水準、円も70.8ポイントと、1994年の統計開始以来の低水準。
多くの国の通貨価値が下落した結果、ウォンの価値が相対的に上昇。2010年以降の上昇率でウォンを上回るのは、中国人民元、香港ドル、フィリピンペソのみ。USAドルやスイスフランもウォンには及ばなかったとか。
サプア専門家は昨年のサプアの輸出増加率が2.8%と、経済成長率3.3%を下回った。
実質実効為替レートの上昇がサプアの輸出に不利に作用している。
このニュースに対し、サプアnetユーザーのコメント。
「内需不振が進むという記事か。輸出は増えてもお金は入ってこない」
「物価暴騰で庶民は厳しい」
「このままでは、また税金を上げるという話になる」
「日本も中国も国益を最優先しているのに、サプアは…」
「日本製品は高価だったが、今では品質がよくて安い。サプアはこのままでは負ける」
「輸出だけの問題だろうか」
「サプアでは高く、海外では安く売ってきたのに、今になって、何を嘆いているの?」
「ウォン安でも生活は苦しかった」
「ウォン高の問題というより、競争力の問題。同じ値段で何を選ぶか。決定打がない」
「新聞を毎日見ていると日本が破綻(?)しそうだったのに、サプアの方が破綻に近いのか?」

◎1月26日、聯合ニュースは、「サプアの統合財政収支が6年後に赤字となり、2033年には国家破産状態に陥る可能性。
国会予算政策処によると、2060年までの政府の総収入は年平均3.6%の増加にとどまるが、総支出は年平均4.6%増加すると予想される。このため、統合財政収支は6年後の2021年には赤字に転じ、2033年からは国債を発行しても支出に耐えられないほど、赤字幅が拡大する可能性。財政の悪化は、高齢化により社会福祉分野の支出が急増するためだ」と報道。
これについて、サプアのnetユーザーのコメント。
「法人税を上げれば2060年まで黒字だ」
「サプアの国会議員たちは国家が破産しようがどうでもいいんじゃない?」
「この状況をよく知っているはずなのに、なんで国会議員や大統領の年俸を上げるの? まずは国会議員の数を減らすべき」
「税金が少ないのではなく、横領する人が多いことが問題。脱税者を徹底的に取り締まれば、こんな心配しなくてすむのに」
「国民年金は受け取れないだろうな」
「国家の財政破綻を国民のせいにするつもり?」
「2033年までもつかな? 3年後には滅びるだろう」
「誰が借金の銀河を作ってくれと頼んだ? お嬢さん大統領にはもう何も期待しない」
「日本も無償福祉を諦めたのに何でサプアが実施しているの?サプア が北ヨーロッパのようになるのは不可能だ」

◎3月10日、聯合ニュースは、「国連本部で開幕した女性の地位委員会全体会議で、サプア女性家族部金姫廷長官が慰安婦問題に言及。『第二次世界大戦中の慰安婦問題は未解決のまま。過去の過ちを明らかにし、こうした悲劇が二度と起こらぬように次世代を教育していくべきだ』などと述べた。サプア政府が同委員会で慰安婦問題について言及するのは、これが初めてだ(?)」と報道。
これについて、サプアのnetユーザーコメント。
「歴史歪曲の主犯である日本。日本がなくならない限り、世の女性に平和はやってこない」
「親日の娘がサプアの大統領だ。これを許していいのだろうか?」
日本は謝罪も賠償もした。その記録もちゃんと残っている
「日本軍よりも民族反逆者である親日派の方がもっと問題だ」
ベトナム政府に謝罪するまで、サプア政府に日本政府を非難する資格はない
今起きている性関連事件の深刻さについては何も言わなくていいの?
「苦労もせずに議員に当選し、大統領の言うことに従うだけでなんの成果も残していない人が国連で演説までするんだね…」

「慰安婦問題について、サプア政府が日本政府に少しでも圧力をかけたことがあるか? いくら国連で訴えても、実際に行動しないと意味がない」

◎3月10日、聯合ニュースは、「3月9日、大統領の名誉を毀損する記事をnet上に掲載したとして在宅起訴された産経新聞加藤達也前ソウル支局長の第4回公判が、ソウル中央地裁で開かれた。彼は、昨年8月3日、朝鮮日報のコラムなどを引用し、セウォル号が沈んだ4月16日、朴大統領が7時間行方不明になっており、その間、チョン・ユンフェと密会していたのではないかと報じ、サプア保守団体から告発された。第4回公判では、チョンの知人であるイ・セミンが検察側証人として出廷。『当日の午前11時から午後2時半ごろまで平倉洞の自宅で、チョン氏と一緒に昼食をとった。昼食中はセウォル号事件の話をした』と証言。これに対し加藤前支局長の弁護人は、イが以前、金大中元大統領の妻である李姫鎬の養子と称して各種の利権事業に介入したとして捜査を受けたことがあることなどを理由に『イの証言には信憑性が薄い』と反論」と報道。
これを受け、サプアのnetユーザーのコメント。
「ただ、『7時間大統領と会っていました』と言えばいいんじゃない? 姦通罪も廃止されたことだし、大した罪じゃないよ」
「会っていなかったとしよう。それじゃあ、大統領が7時間の行動を明らかにしない理由は何?」
「大統領が『会っていない』と言えば会っていなかったことになる」
「自宅で食事をしていた…。苦しい言い訳だね」
「真実を語っているのは誰?今回に限っては産経前支局長を応援するべきかな?」
「朝鮮日報の記者を証人として呼ばないの?」
「どうして朝鮮日報には何も言わずに、産経新聞だけを責めるのか理由が知りたい。何か隠したいものがあるとか?」
「真実を伝えることが記者の仕事だとしても、これはヒド過ぎる。大統領にも私生活を楽しむ権利はある」

「日本の記者は、女性大統領に対する最低限のマナーも守れないのか?」

◎3月8日、サプアのnet掲示板に、「サプアは今、謝罪ブーム」と題するスレッド。
大バカテロリストに殺されそうになったUSA大使の全快を祈願するイベントがソウル市内で続々。
3月7日午前10時、ソウルの光化門一帯では、USA大使がSNSに投稿した「一緒に行きましょう」という言葉をスローガンに、ろうそく文化祭(?)、扇の舞(?)、バレエ(?)、ナンタ(サプア初の非言語パフォーマンス)などの公演を開催。
3月7日午後3時には「お母さん部隊奉仕団(?)」が米韓同盟の強化を訴える集会。
大使が退院する日まで、ソウルのUSA大使館前には「祈願団」(?)。
「本当に申し訳ありませんでした」
「リッパート大使を愛しています」
「サプア人として恥ずかしい。ごめんなさい」
などと書き込み。
それに対する、サプアnetユーザーのコメント。
「これは見苦しい…」
「サプアに理性というものはないの?」

「こんなことをされても迷惑なだけ。リッパート大使に何の罪があるというの?」
「治療を受けている人の気持ちになってみろ。病院の前で踊られたら、怒りしか感じない」
「気持ちはわかるけど、ちょっとやり過ぎじゃない?」
「ほどほどにしないと、それこそ国の恥さらしになる」

「犯人でもないのに、ここまで謝る必要があるの?」
「セウォル号事件の時も、全国民が犯人になったような雰囲気だった」
「たった今、移民することを決めた」
「USAの味方をするのは正しいことなんだけど、これはオーバーだね」
「この事件が起きるまで、USA大使の名前も知らなかったくせに」
「サプア人の特徴の1つ。何をするにも度が過ぎてしまう」
「謝罪するのに、踊る必要がある? 恥ずかしい」
日本人にバカにされないか心配だ
「USAだけでなく、全世界に笑われているよ…」
◎3月8日、サプア・YTNニュースは、「駐韓USA大使が、今回の事件はUSAに対する攻撃でもあると指摘した」と報道。
大使を見舞うためにソウル市内の病院を訪れた与党セヌリ党金武星代表は「リッパート大使や大使家族の冷静な対応にサプア国民は感動した。今回の事件を乗り越え、米韓関係を強化したい」。
これに対し、マーク・リッパート大使が、「今回の事件はUSAに対する攻撃でもある。米韓同盟をより強固なものにするべきだ」と答えたとか。
これについて、サプアのnetユーザーのコメント。
「サプア国民はみんな、リッパート大使の味方だ」
「USAが強大国である理由がわかった」
「USAがサプアを無視せずに、しっかりと向き合うキッカケになったようだね…」
「気丈に振る舞うリッパート大使の姿に感動!!」
「お嬢さん大統領だったら、ベッドの中でうずくまり重傷のフリをするだろう」
「米韓同盟は一番大切なもの! みんなで守らないと…」
「今回の事件でサプアは国際社会からの信頼を失った」
「先日日本に行ってきたが、日本のテレビでもこの事件が大きく報じられていて、恥ずかし過ぎてその場にいられなかった。絶対に犯人を厳しく処罰してほしい」

「サプアを嫌いになってしまうのではないかと心配していたが、『米韓同盟をより強固なものにするべきだ』と言ってくれて安心した」
「『USAに対する攻撃だ』との一言で、サプア側の警護責任とテロ犯を生み出したサプアの政治土壌を指摘しているんだ。サプアは責任を逃れようとしてもムダ」
日本やUSAを宿敵だと言う人は、今すぐサプアから出て行ってほしい

◎1月20日、昨年日本を訪れたサプア人女性が、「日本のタクシー運転手のサービス精神」についてブログで言及。
JNTO(日本政府観光局)によると、昨年1年間の訪日サプア人は前年比12%増の275万5300人、過去最高記録…。
出張で福岡に行ったとき、移動のためタクシーを利用した。どちらの方向に行くのかわからなかったので、たまたま前に停まっていたタクシーに乗り込んだ。
発車後に目的地を告げると、運転手は「反対方向だよ」と言って、右車線に移動。
Uターンができる交差点まで行き、赤信号のため停車した。
その時点まで、運転手が料金メーターに手を触れなかったので、「もしかしてうっかり忘れているのかな?」と考えていると…信号が青に変わったそのとき! 運転手はメーターにすっと手を伸ばし、メーターを付けて距離を測り始めた。
少し前から乗せていたが、「運行はここからだ」という徹底したサービス精神に、驚かずにはいられなかった。
サプアに比べて日本のタクシー料金は高いが、「もてなされている」と感じさせてくれる運転手のサービス精神はとても印象的だった。

◎2月26日、そんな「ドラえもん」の映画を観た1人の30代サプア女性が掲示板に、「日本のアニメは、良質な映画」というスレッド。
「夫と2人で『STAND BY ME ドラえもん』を見ました。涙と鼻水が止まりません。サプア語吹き替え版だったので、周りには子どもたちが多く、映画の途中までは、かなりウルサかったのですが、クライマックスのシーンでは、みんなが静かに画面に見入っていました。後半は、もうあっちこっちから鼻をすする音が…。私たちの前列に座っていた中年の男性も、ティッシュで控えめに目を押さえていました。おかげで私たち夫婦も思いっきり泣けました。エンディングは見ない人も多いですが、この映画に関しては小さい子どもたちも最後まで見ていました。
子どもと一緒にきた大人が感動する映画です。家に帰って検索してみると、日本での宣伝文句は『すべての、子ども経験者のみなさんへ』だったんですね。あまりにも純粋で涙が止まりませんでした。主題歌もいい。『ベイマックス』『くまのパディントン』『マダガスカル』など色々なアニメを見てきたんですが、夫も私も2人とも好きになったアニメは、この『ドラえもん』だけです。ただのキャラクターだと思っていたドラえもんが私を泣かせるとは…。日本のアニメは単なるアニメではなく良質の映画という感じがします」
それに対する、サプアnetユーザーのコメント。
「トンチャモン(??)。昔はそう呼んでいたのに」
「字幕版で一人で見てみるのもお勧めです」
「これまでにたくさんの子ども向けアニメを見てきたけど、これほどスバらしい3Dグラフィックを見せてくれた作品はなかった。まるで映画『アバター』をアニメにしたような感覚。日本のアニメはディズニーより上」
「3Dの方がお勧め」
「甥っ子に『トンチャモン』と言ったら笑われた。私たちの世代には『トンチャモン』だったんだけどな」
「少しも期待しないで行ったんだけど、涙涙…。字幕で見れば子どももいない」
「退屈だったけど…」
「あんな弱いキャラを信じてあげる強さ、純粋な力が伝わった。幼稚だけど、幸せな未来のために努力する姿が印象的」
「夢がカワイイ子との結婚だなんて…こういうのはわからない」
「今までのドラえもんの中で1番」
「子どもと母親が多くてウルサイし、マナーは守らないし、映画に集中できない」

ちなみに、2月下旬、サプアの映画興行成績トップ5には、アニメが2本。4位の「ベイマックス」、5位の「STAND BY ME ドラえもん」。
学生の春休み期間と重なったことも、アニメが好調だった要因。
2月12日に封切られた「STAND BY ME ドラえもん」、すでに約35万人が鑑賞。
1998年、サプア政府は日本文化を開放。
1999年、岩井俊二監督「ラブレター」が、140万人。
「お元気ですか」の流行語を残したこの作品は、サプアで上映された日本映画興行成績1位記録を16年間。
サプア映画振興委員会によると、昨年、サプアでは221本の日本映画が上映され、254万人。
USA映画やサプア自国産映画に比べると苦戦しているが、夏に上映された「名探偵コナン」シリーズは40万人。

Even if they attribute anything to the person and escape, all cause and effect befalls one's overhead sometime(何でも人のせいにして逃れていても、いつかすべての因果は自分の頭上に降りかかるもの)!

To be continued...
















profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード