Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

心のブラックホール-43 fr大正大学非常勤講師to福井大大学院特命准教授-2

The moral education must be necessary immediately, but it must be more important who tells it(道徳教育は早急に必要だが、それを誰が教えるかの方がもっと重要)!

東仙坊、教師の成熟なくして子どもたちのモラル醸成の可能性はないと確信し、このテーマでの書き込みを考えている。
日本人の本来の無償に近い愛、思いやり、潔さを人間として身につけるには、イヤでも教師の質が問題になってくるはず。
それこそ、それがそれで重要だと思うが、道徳教育を教え子をやっつけることしか脳裏にないピンク狂師どもがやっても、どんな成果が上がるのか?
●3月17日、熊本県教育委員会は、勤務先の公立中学校の女子生徒にわいせつな行為をしたとして、20代男性講師を懲戒免職処分。
何でも、そのクソッタレ講師、昨年5月~今年2月、「好意を持たれていると思った。エスカレートしてしまった(?)」と校内の廊下などで十数回、女子生徒の胸などを触ったというから、開いた口が塞がらない。
その幼稚さ、自己中心的強欲は、一体どうやったらセルフコントロールできるのか?
それ以上に、未熟なアンポンタンが教師でいられること自体が大問題なのでは?
●3月26日、埼玉県教育委員会は、教え子へのわいせつ行為や盗撮で埼玉県立高校と公立中学校の教諭3人を懲戒免職処分。
①昨年7月、越谷市内の自宅に教え子の中3女子生徒を連れ込みその胸を触るなどした(??)。埼玉県東部の公立中学校男性教諭(24歳)なるクソッタレ、今年3月、埼玉県青少年健全育成条例違反で罰金50万円の略式命令を受けていたというから、なぜ氏名を公開しないのか?
②2月、出身校のさいたま市内の高校敷地内の施設で、高3女子生徒を抱きしめ胸を触った(?)、埼玉県南部の県立高校男性教諭(64歳)なるクソッタレ。
一体高校のどこでその蛮行をしたのか?
③2月、物理の実験中にカメラで高2女子生徒3人のスカート内を盗撮した(?)、埼玉県北部の県立高校男性教諭(28歳)なるクソッタレ。
わざわざペン型カメラを盗撮のために購入したというのだから、間違いなく再犯をするのでは?
それにしても、昨年12月、埼玉県教育委員会は、教え子にわいせつ行為をした埼玉県立高の教諭4人を懲戒免職にしたばかり。
そして、いずれも被害生徒とメール交換をしていたことが判明したために、処分発表と同時に、埼玉県立学校全教員に生徒とのLINEや携帯電話メールなどによる私的連絡を原則禁止すると通知したばかり。
それにしても、2010年度以降に発生したわいせつ事案の約4割が20代若手教員によるものというのは、氏名や顔写真を出されずに好き勝手に教え子にわいせつ行為ができると思い込んでいるからなのでは?
恋愛も満足にできない情けなくてみっともないオトコどもが、その性欲を満たすために教師になっているということなのでは?
●3月24日、兵庫県教育委員会は、女子生徒にセクハラ行為をしたとして兵庫県立高校40代男性教諭(?)なるクソッタレを3ヵ月の停職処分(??)。
何でも、そのクソッタレ、高2女子生徒に「俺ってどんな存在?」などと繰り返しメールを送ったり、「誕生日プレゼントに髪の毛をくれへんか」などとしつこく頼んだり、部活動の顧問をしていた別の女子生徒に部室で抱きついたりしたというから、言語道断。
どうだろう?
我が日本の教師どもが相当な低レベルであることは間違いないのでは?
それも、人間として未熟なだけでなく、全く知性のカケラも持ち合わせていないと言えるのでは?
それこそ、ヨダレダラダラの単なるデバガメ揃い…。
教師がこのテイタラクでは、子どもたちの将来が本当に不安になってくるのでは?
どうあれ、なんとなく教員過程を取り、生活の安定を求めて教師になり、自分の欲望のままに教え子をやっつけようとしか考えないロクでもないヤツばかりが、日教組という病んだ組織の中で安穏と日々を過ごしている状況こそが、我が国の一番の問題だと思うが…。
実際、文部科学省の47都道府県と全20政令市の教育委員会を対象に実施した調査によると、2013年度に教え子らへのわいせつ行為により懲戒や訓告などの処分を受けた公立学校教員は205人(前年度186人)で、1977年度の調査開始以降最多。
処分者が200人を超えたのも初。
それもこれも、スマートフォン向け無料通信アプリ「LINE」などを悪用するケースが増えたことが主な要因というのも一理あるかもしれないが、すべては教師の質の低下のせいなのでは?
ちなみに、その205人が処分を受けたわいせつ行為の内容は、「体に触る」が56人で最多で、「盗撮・のぞき」37人/「sex」30人/「kiss」23人/「文書・画像などによる性的いやがらせ」19人など。
わいせつ行為に及んだ場所は、「自動車内」31人、「自宅」24人/「電車やバス(?)」21人。
学校種別では、小学校52人(前年度49人)/中学校81人((前年度60人)/高校59人(前年度68人)。
年代別では、50代以上の56人が最多、20代54人、30代52人、40代43人。
最も重い免職となったのは117人、停職49人/減給9人/戒告5人/訓告も25人。
確かに、2013年度にLINEなどで卑猥な内容を児童生徒に送りつけるなど「文書・画像などによる性的イヤガラセ」処分者は19人で、前年度6人の3倍以上、2011年度3人の6倍以上と急増しているということは、着目すべきだと思うが…。
ところで、東仙坊、幼稚極まりない頭の腐った教師どもの現状を象徴する典型的蛮行事件が2つあると考察している。
1つは、1月8日、東京都豊島区にある大正大学のキャンパス内で、大正大学男性非常勤講師(55歳)なるトンチンカンが全裸になっていたところを発見され、携帯電話で写真を撮られ、「露出狂現る!」、「ヤバ過ぎ!」、「全裸オトコは大正大学の教授か?」、「女子学生の命令で全裸土下座?」、「大学キャンパスに犯罪者か」、「怖すぎて大学行けない」などとtwitter上で大騒ぎになった本当に情けなくてみっともない事件…。
東仙坊、全く触手が動かなかったので、その写真を観てはいないが、何でも、次のようなモノとか?
──白昼の大学キャンパスで一糸まとわぬ姿で立ち尽くす白髪頭のオトコ。
背中を少し丸め、申し訳なさそうに下半身を両手で隠している。
近くの建物と建物の間の通路上で、スーツ姿の男性2人が慌てた様子で全裸オトコに何事かを話しかけている。
すぐ横にはケータイをかけながら足早に建物内へ向かう年輩男性の姿。
どうやら、現場は、狭い敷地に高層の建物が密集する巣鴨の地蔵通りを行く大正大学キャンパスらしい──

■東京・大正大学男性非常勤講師公然わいせつ未遂(?)事件

●現時点で知り得る限りの事件の概要

※今回は、その概要を迅速に対応しその日のうちの1月8日午後8時に掲載した大正大学側のHP上の説明で紹介したい。
①「本学非常勤講師による不適切な行動について」
本日午後3時ごろ、本学キャンパス内において、本学の非常勤講師(男性、55歳)による公序良俗に反し本学の秩序を著しく乱す不適切な行動がありました。
この件に関して、本学は厳正なる対処をすべく、直ちに本人から事情聴取を含む調査を開始しましたが、本人が深く反省し、責任を感じて退職願を提出してきましたので、本学は本日これを受理しました。
そして、文末に、浄土宗僧侶でもある勝崎裕彦学長の氏名を明記。
②1月10日、「本学非常勤講師による不適切な行動について報告」。
1月8日付、本学HPに「本学非常勤講師による不適切な行動について」として報告いたしましたが、その後判明した事実およびその背景などについて説明させていただきます。
まず、今回の出来事に関する事実関係を記述いたします。
1月8日、午後3時ごろ、本学巣鴨キャンパスの建物間の通路で、男性が全裸になっているとの情報が、学生より事務局に入りました。
職員が駆けつけると、その男性は本学非常勤講師(男性・55歳)であったので、保護し事情を聴取いたしました。
それによると、当該講師は本学女子学生(21歳)と学内で出会い、話をしているうちに口論となり、「私に信じてほしいならば、ここで裸になってくれ」と要求されたということです。
当該講師は独身で半年ほど前よりこの学生と親も同意の上で生活をともにしていました
この学生は日ごろより情緒不安定な面があり、当該講師の言葉によると、感情が高まると突発的にどんな行動を取るかわからず、彼女の言う通りにしないと収まらないということを経験的に知っており、その言葉に従ってしまったということです。
その際、衣服は学生が持ち去ってしまったので、当該講師はしばらくそのままの状態でおり、他の学生の目にするところとなりました。
当該講師は彼女の不安感を払拭させるために取った行動であるものの、極めて軽率な行為であることを深く反省し、本学に対して辞意を表明いたしました。
どのような事情であれ、当該講師の行為は公序良俗に反するものであり、本学の規定にも違反します。本学は厳正なる対処をすべく判断して、理事長が辞表を受理いたしました。
その後、学生が落ち着いてからこの間の事情を聴取し調査をいたしましが、事実関係についてはこの通りであることを確認いたしました。
当該講師は、本学学生に向けて、次のようなメッセージを残しております。
(この文章は公開を前提として書かれたものではありませんが、本人の了解のもとに掲載いたします)
「このたび、皆さんに多大な迷惑、ご心配をおかけしたことを深くお詫びいたします。
今回、私事ではありますが、自分の大事な人を守るために行ったことが、結果としてこのような事態に至ったこと、重ねてお詫びいたします。
皆さんには、自分の信頼すること、信じることを貫き通して欲しいと思います。そのとき少しの冷静さも忘れないようにしてください」 
以上の事実確認を踏まえ、本学は真摯な反省にもとづき学生指導に邁進することを誓います。
また、この間にWeb上に混乱した情報が流れ、多くの皆さまにご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。
本学では今回の事案に関して、関係部署等で慎重な検討を行うことを指示し、当該講師の行為の動機に関しては同情すべき点がある(?)ことを確認しました。
しかし、その動機のいかんにかかわらず、行為の結果に責任を取るということで当該講師と同意いたしましたので、辞表を受理いたしました。
このような行為は、学内の諸規定に抵触するかを問う以前に、社会人としての良識が問われます。そのことも踏まえ、学生、教職員に本学の建学の精神にもとづく行動をあらためて要請いたします。
なお今、回の事案に関係した学生への指導に鑑み、当該学生の詳細な情報を秘匿し、保護することをご理解ください。
ちなみに、このトンチンカン、本当に独身で、パソコン関係の授業を担当。
半年ほど前から、教え子である女子学生とその親の同意を得て同居していたとか。
また、警視庁は、公衆の面前で全裸になったトンチンカンの公然わいせつに関し、「裸になったのが大学構内という閉鎖的な環境であり、男性講師が精神的に不安定な女子学生の求めに応えようとしただけで、わいせつ目的ではなかった」と捉え、寛大に立件を見送ったとか。

●東仙坊がプロファイリングするこの事件の不可解な点

①55歳で独身ということは、モテモテ教師であるこのトンチンカンが絶えずお腹いっぱいに教え子を食べれるために結婚など全く必要としなかったということ?
元々、徹底した独身主義者で、雨上がりの蚊のように群がってくる女性たちを強力な防虫剤でさりげなく遠ざけて続けてきたのか?
そうだとすると、大きな矛盾が起きてしまう。
実際、このトンチンカン、この女子大生の親の了解まで得て半年前から同居していたというのでは?
そうなると、最近、ようやく離婚ができ自由の身になったばかりだったということ?
あるいは、今までトンチンカンと同居したがるような女性がいなかったということ?
つまり、本当の男としての魅力など皆無のトンチンカンだったということになるのでは?
あるいは、最後には卑怯に逃げ出すだけの小汚いオトコだったということなのでは?
もしくは、一緒にいるとボロが見えてくる大した男ではなかったということなのでは?
そうすると、逆に、そんなトンチンカンに好意を持った(?)21歳の恋愛経験も相当稚拙だということになるのでは?
そもそも、34歳の年上のオトコと同棲するのに、親の同意を取りつけること自体、本物の恋愛経験などゼロに近かったということなのでは?
どうあれ、同じ大学で知り合ったということは、どちらかの積極的なアプローチが最初にあったことだけは事実では?
21歳ということは、3年か4年前に?
②恋愛は、まさに自由そのものである。
誰が誰に好意を持とうが、それはカラスの勝手。
それこそ、蓼食う虫も好き好きの世界。
その意味で、31歳の年の差も、教師と教え子の関係だって、無関係…。
しかしながら、恋愛の持つ究極的な価値は、お互いの人生にとって何らかの刺激、意義を生むことなのでは?
すなわち、モアベターの原点が必要なのでは?
それは刹那的快楽や生理的欲求充足などと遠く離れた、どんな結末になろうと今までよりはほんの少しでも自分が高まるコト、人間的に成長するコトが命題になるのでは?
その意味で、同居しているのに学校という場で、イヤイヤ、男の職場で典型的な犬も食わない痴話ゲンカをすること自体がメチャクチャナンセンスなのでは?
それこそ、小学生同士のパピーラブかのように振る舞うこと自体、2人の人間的成長度が相当低いと言わざるを得ないと思うが、どうだろう?
一言で言わせてもらえば、どっちもどっちのバカップル。
③21歳の女子大生は、間違いなく小学生女児のように憧れの(?)教師とフィジカルな関係になることで、ある種の征服感や優越感を手にしたがっただけ。
だからこそ、その大学で講師であるトンチンカンに屈辱を与えたかっただけなのでは?
それによって、自分が他の女子学生よりも優位であるかのような錯覚を味わいたかっただけ。
少なくとも、トンチンカンが自分が本当に愛する男だったら、その幼稚な踏み絵的試練を与えなかったのでは?
その意味からすると、実際には、この21歳の女子大生、精神的にはもちろん、経済的にも、フィジカル的にも欲求不満でしかなかったはず。
一方、55歳の低能のトンチンカン、21歳の肉体を失いたくなかったのか、「私に信じてほしいならば、ここで裸になってくれ」と言われてその醜態を晒しただけで万死に値するのに、教え子どもに「自分の大事な人を守るために行ったことが、結果としてこのような事態に至ってしまった。自分の信頼すること、信じることを貫き通して欲しい」とのたまわったというから、最低。
相手の言いなりになることが愛とは、豆腐の角に頭をぶつけても治らないだろうから、もう一度幼稚園入園から学習し直すべき。
こんなトンチンカンが冗談じゃなく本物の大学の講師とは、本当にこの国は危機なのでは?

I am disgusted with the pathetic baseness of two men who makes a university home with living together with a 31-year-old younger student(31歳の年下の教え子と同居していておいて、その2人の大学を家庭にしてしまうオトコの救い難い下劣さに呆れるばかり)!

To be continued...



.
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード