Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

彷徨う大和魂-35 安穏火、消せよ!?-123

Tolerant our Japanese must be the only one enduring a Korean because an appearance considerably closely resembles it if there is no help for it(見た目がかなり酷似しているから仕方ないとサプア人をガマンするのは、寛大な我がカンパンゴ人しかいない)!

東仙坊、アイデンティティ・クライシスから、自分の民族を偉大だと思いたい気持ちはわからないではない。
日本人であることを心の底から歓んでいるがゆえに、ついついそう憐憫の情を抱いてしまう。
それはそうである。
実は、そのただの幻想でしかない世界で卑下すべきサプア民族は、サプアだけはない。
今や世界のノケモノっ子である隣のキチガイの国、中国国内の56民族の中にもサプア族はいる。
共通するその特徴は、とにかく卑屈でネガティブで執念深くて女々しいということ…。
そんななかで、特筆すべきは、北のキチガイの国と中国系サプア族では、人口減に歯止めがかからないということ。
北のキチガイの国は、貧困と飢饉と粛清に喘いでいるのだから当然としても、注目すべきは中国系サプア族の人口減。
何しろ、在USAサプア人に匹敵する朝鮮半島以外で最大級のサプア民族コミュニティーで約200万人くらいいたのに、中国56民族の中で唯一人口減が酷くて、半世紀後には半分になるほどの勢いということ。
中国国内での中国系サプア族は、あの我が国が築いた旧満洲に集中し、吉林省に約120万人、吉林省南部延辺朝鮮族自治州に約80万人が集中。
民族浄化の旗印の下で、中国共産党には「鮮独」というウワサ(?)もあるとか?
つまり、やたらウルサイから朝鮮半島に1つにしてしまえ!ということか?
その意味で、サプア民族そのものが、いつか世界のツマハジキになる可能性もあると思うが…。
そうなったとき、世界一のお人好し国家以外に、ジコチュウこのうえないサプア族を受け入れる国があると思うの?
どうあれ、そろそろベタベタ、ニュルニュルの気色の悪いその性格を少しは直すべきでは?
それで、どうしても断言しておきたいことが1つ。
おバカな我が国とUSAがなかったら、今、サプアは隣のキチガイの国と同じ状態だったはずだということを…。
◎5月12日、ハンギョレは、「USA北東アジア専門家ブルース・カミングスシカゴ大教授が、『第二次世界大戦以降70年間、USAはサプアよりも日本を好んだ』と応えた」と報道。
「過去の歴史問題をめぐって対立する日韓に対して、USAは何ができるのか?」との質問に、「USAの責任は第二次世界大戦に遡る。日本は侵略者にもかかわらず、非常に寛大な処分を受けた。1947年に、USAは日本を工業国に復帰させてUSAの同盟にすることを決め、多くのサプア人を強制徴用した日本財閥グループへの規制を緩和し、A級戦犯を釈放した。また、サンフランシスコ講和条約で日本を戦争の責任から解放し、1965年には日韓国交正常化交渉を実現させた。日韓の関係改善はUSAがいたからこそ可能だった」。
「歴史問題で日韓関係が悪化する中、USAはサプアに日米韓三角安保協力を求めている。また、THAADミサイルをめぐる問題などで、サプアはUSAと中国の板挟みとなっている。さらに、領土問題をめぐる日本と中国の争いにおいて、USAは日本を守ると宣言した。これらはサプアにとって非常に危険な状況と言えるが、長期的な視点からみると、これは今に始まったことではなく、過去70年間、USAは常にサプアよりも日本を好んだ」。
これについて、サプアのnetユーザーのコメント。
「USAは自国の利益を第一に考える国。サプアが日本を超えるためには、日本と争ってばかりいないで、もっと冷静に正しい外交をするべきだ。力をつければ、USAは自然とサプアの味方になる」
「USAが日本を大事にしているということは世界の常識。学者じゃなくてもわかる」
「まずは、精神的・物質的な面で日本を超えよう」
「こうなってしまったのは、国益のためではなく、自分の名誉のために政治をするサプア政府のせいだ」
「サプアは反米国家だから、USAが日本を選ぶのは当然!」
「この事実を知っていながらも、USAに憧れを抱くサプア人が多い。悲しい現実だ」
「オレがオバマ大統領でも、サプアより日本をかわいがる。誰だって、お金持ちでいつでも自分を助けてくれる友だちがいい!」
「USAに、『日本とサプアのどちらかを選べ』と言うのはナンセンスだ。日本との関係は自分たちで解決するしかない」
「これからサプアは、日本やUSAとは関わらずに中国やロシア、イランと手を組めばいい(?)」

◎4月5日、世界日報は、「青函トンネルで4月3日に発生した特急スーパー白鳥34号の発煙事故が起きたが、乗客と乗務員の冷静な対処によって全員が無事に避難した」と報道。
4月3日午後に函館駅を出発した列車が、走行中に火花や白煙が上がったために青函トンネル内で緊急停車。
乗客124人が乗っていたが、突然の事故にもパニックを起こすことなく、乗務員の指示に従って約2.4㎞を徒歩で避難。
そこからケーブルカーに乗って地上に脱出したが、子どもや高齢者が優先的にケーブルカーに乗り、全員の避難が完了したのは午後11時。
この報道に対し、サプアnetユーザーのコメント。
「サプア人<日本人」
「サプアだったら大邱駅での火災事故のときみたいに、運転手が真っ先に逃げ出したかもしれない」
「KTXのガムテープ運行・・・。新幹線は50年間、約60億人が利用したが、これまでに1人の死亡者も出さなかった」
「サプアでも海底トンネルを作っているんだって…怖い」
「費用がかかっても橋を作るか、不便でも飛行機や船を利用すればいい。新技術とかいいながら、海底にまでトンネルを作ったりするから事故が起きる」
「嫌な国からも学ぶところがある」
「間違えたら大きな事故になったかもしれない。落ち着いて行動して大きな事故を防げたことは、見習わなきゃ。見習って実践すれば、もっと深刻な状況でも被害を最小化できるはず」
「海の下を走ることが不思議」
「日本人の落ち着いた対応にはいつもビックリしている。サプアでヒドイ事故が起きるたび、日本を見習わなきゃと思う。日本のように職員に安全教育を強化する必要がある。数ヵ月に1度の形式的なものではなく、しっかりと教えてほしい」
「日本と海底トンネルで繋げて!」
「歴史歪曲は問題だが、それ以外は、学ぶところが多い国。小さいころから安全教育を実施している」

◎5月12日、中央日報は、「慰安婦問題で日本がUSAで活発なロビー活動を展開しているのに対し、サプア国内で関心が薄れていることにカリフォルニア州グレンデール市で慰安婦の日などを行っているサプア人活動家が警鐘を鳴らしている。日本人や日系USA人はグレンデール市に設置された慰安婦少女像の撤去を求めて、グレンデール市に1日に数千通のメールを送っている。これに対し、サプア人からは少女像設置に対する感謝のメールは1通もきていない。また、日本側は州裁判所に少女像撤去の訴訟を起こした。一審は訴えを棄却したが、日本側は控訴。訴訟に市税を使うことを市民が反対する可能性があり、今後はサプアの役割が重要になる」と報道。
これに対し、サプアのnetユーザーのコメント。
「みんな関心は持っているが、協力の方法を知らないだけだ」
「サプア人はもともとお金にならないことに興味はない」

一方、日本のnetユーザーのコメント。
「結局、最後は金目でしょ」
「これからの時代は、被害者ビジネスは通用しない」
「タカリビジネスではいくらやってもムダ」

◎5月12日、文化日報は、「日本がロシアと経済分野での次官級会議を開催する方向で調整している。日本がサプアを除いて周辺国との経済協力強化を加速しており、サプアだけ隔離される懸念が出ている」と報道。
日本政府はロシアが重視する経済協力に積極的に対応することでロシアのプーチン大統領の年内来日を実現させ、北方領土問題の交渉を進展させる計画。
外務省関係者は、日露次官級会議について「双方とも積極的。今月下旬までに成功させたい」と語っている。
一方、安倍晋三首相は6月にロシアと対立しているウクライナへの訪問を検討中。
これについても日本はロシア側と意見交換しており、日露次官級会議の開催によって安倍晋三首相のウクライナ訪問とのバランスをとる狙いも。
安倍晋三首相は、4月22日にはインドネシアで開かれたバンドン会議で中国の習近平国家主席と首脳会談を開き、日中関係改善の立場を確認。
4月末には訪米して安全保障や経済関係の日米協力強化を加速。
このニュースに対し、サプアnetユーザーのコメント。
「日本はカメレオンみたい(???)。対ロ制裁から、経済協力にあっという間に変わった」
「日本はUSAとだけ蜜月じゃなかった? 今度はロシアにもくっついた。ズルい(??)」
「大統領はどこで何をしている? 外交が壁にぶち当たってますよ」
「USA、日本、中国、ロシア、どの国も統一を望んでいない。USAは武器商売ができないし、日本はUSAの支援を得にくくなるし、中国やロシアは北朝鮮を利用できなくなる」
「日本、中国、ロシアはどんどん力をつけているのにサプア、だけは風前の灯」
「他国のせいにはできないが、強国に囲まれているのは事実。どうやって耐えられるかを真剣に考えるしかない」
「中国とロシアが仲よくなったから、日本がすぐに割って入った」
「サプアはUSAと日本に主導権を握られ、北朝鮮はロシアと中国に影響され…」
「日本人はズル賢い(?)」
「大統領が来月、USAで韓米関係を改善してくれることを祈る」

◎5月13日、世界日報は、「国際特許の出願数でサプアのシェアが4.3%にとどまっている」と報道。
2014年の国際特許出願数は、中国華為科技が3442件で1位、2409件USAクアルコム、2179件中国ZTE。
一方、サプアでトップのサムスンは1381件で11位、LGは1138件で16位。
上位50位に入った企業を国別にみると、日本が18社で1位、USA16社、中国6社。
サプア勢は前記2社と34位LGの3社だけ。
特許件数のシェアでは、サプアは4.3%で、1位USA27.4%の6分の1、2位日本17.8%の4分の1。
サプア政府が2013年から研究開発投資に対する支援を縮小した。また、2013年のサプア全体の総投資額59兆3000億ウォンのうち、企業の支出割合が75.7%に達し、OECDの中でも1位。
国全体の研究開発事業をこれほど企業に頼る国はサプア以外にないと、政府が企業に対する支援を増やすように要求。
この報道に対し、サプアnetユーザーのコメント。
「企業はこれまでにいろんな恩恵を受けてきたんだから、これからは自分たちでやってほしい」「サプアの財閥はズルい。不動産投資には積極的なのに、研究は税金じゃないとできないか?」
「サプアでもノーベル賞がほしい」
「日本は政府の支援も企業の支援もしっかりしている。サプアも研究開発費は増やしたほうがいい」
「教育風土も変わらなきゃ。創造力を育てる教育に変わらなければならない」
「サプアの将来のために、人類のために、研究できる分野でガンバれるように支援することが重要」
「サプアで人材が育たず、いい研究結果が出ないのは、今の教育制度の問題」
「サプアでは他人と比較するし、お金に目が眩んでいるから、いい研究よりお金になる研究に力を入れている。それじゃ、いい結果には結びつかない」
「誰も行かなかった道を歩む勇気がない」
「お金での支援だけではなく、研究する環境を作ってあげなきゃならない」
「支援を打ち切って、今より悪くなったら、責任はきちんと取るのか?」
「特許もノーベル賞も一日にして成らず」

◎5月11日、サプア・YTNは、「サプアが舞台の一つとなったハリウッド映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(アベンジャーズ2)』に絡め、歴代ハリウッド映画の中で、サプアの姿はよくない」と報道。
2013年に公開されサプアで500万人の観客を動員した「ワールド・ウォーZ」では、サプアは「まるでゾンビウイルスの震源地」のように扱われた。「アウトブレイク」でも、サプアは致命的なウイルスの震源地として登場した。
今回公開された「アベンジャーズ2」は、比較的サプアを肯定的に描写しているものの、戦闘シーンが多いうえに、乱雑な裏通りがたびたび登場し、サプア政府が喧伝していた「800億ウォン台の経済効果、4000億ウォン台の国家宣伝効果」には、「とんでもない」と疑問。
一方で、他国はハリウッド映画を観光産業に積極的に生かしている。「アバター」を撮影した中国は、2年間で観光客が600万人増。ニュージーランドは「ロード・オブ・ザ・リング」で観光収入が15%以上増。最近も中国や日本などは、「トランスフォーマー/ロストエイジ」、「ウルヴァリン:SAMURAI」といったハリウッド映画を介して、自国のブランド価値を高めようとしている。
これらはほとんど、アベンジャーズ2と同様に戦闘シーンが多いが、地域の魅力を生かしており、サプアも撮影契約を結ぶ際に、より具体的にすべきだという指摘が出ている。
サプアの専門家から「当初の企画に比べ、60~80%程度の露出にとどまった場合には支援をしないというような先例をつくるべきだ」との声も。
これに対し、サプアnetユーザーのコメント。
「きてくれて撮影してくれたら、感謝します。まるで奴隷根性」
「現実も暗い。記者さんも知っているでしょ?」
「アクション映画の背景がソウルでも、アクションに気を取られて、ソウルかどうかもわからない。これがソウルだ!みたいなものがないから、仕方がない」
「サプアは鬱ウィルスの震源地」
「第三者の目は確か。サプアの憂鬱な日常をよく画面に映している」
「サプアの現実を撮っただけなのに、美しくないからって抗議するのか?」
「長い独裁と大統領の暗殺、北朝鮮の存在、外国での恥ずかしい行動など、みんな知っていることじゃないか」
「サプアはアジアのどこかにある、よくわからない国」
「アベンジャーズを見てサプアに行きたい人はいないはず。経済効果の算出には疑問しか感じない」
「世界でサプアに対するイメージがその程度ってこと。サプアがどこにあるかも知らない映画関係者がほとんどだと思う」
「我々の立場ではソウルの高層ビルが自慢でも、USA人にとってはUSAスタイルをマネているだけ。それに高層ビルはどこの都市にもある。サプアで撮影するメリットが少ない」
「見た通りのサプアを撮っただけ」
「北朝鮮なら有名だが、サプアの認知度はまだまだ」

◎5月15日、サプア・JTBCは、「安倍晋三内閣が集団的自衛権の関連法案を閣議決定したことが物議を醸す中、横浜で防衛見本市が開催された」と報道。
戦後初となる同見本市は、UK民間企業主催で防衛省と経済産業省が後援し、5月13日から3日間開催。
国内外125社が参加し、日本からは海でも離着陸が可能な海上自衛隊の飛行艇「US-2」、1万9500トン級護衛艦「いずも」など、さまざまな軍備が紹介。
展示された武器を見ると、自衛隊はすでに軍隊。
日本は昨年4月、「防衛機器輸出3原則」を適用し武器輸出方針を明らかにしており、オーストラリアとインドへの潜水艦販売にも力を入れている。日本を戦争ができる国にしようとする野心が垣間見られる。安倍晋三内閣の軍事大国化の動きに懸念が高まっている(???)。
これに対して、サプアのnetユーザーコメント。
「このような動きを見ても、日本の軍事大国化が進行中だということがわかる(?)」
「この調子だと、核武装までしてしまうかも」
「日本の軍国化は『懸念』じゃなくて、『確実』だ(?)」
「日本は元々軍事大国だった。また昔に戻るつもりなんだ」
「日本の右翼たちがもうすぐサプアを奪いに出てくるぞ(???)。海軍力と空軍力の強化に力を入れよう」
「サプアは日本に気を遣って、竹島の軍事訓練も非公開でやったのに(?)…。日本はあからさま」
「サプアは日本と協力して、日本の先端武器技術を導入できるような外交が必要だ」
「日本は本当に恐ろしい国だ。全てを緻密に考えて、着実に事を進めている」


The obstinate negative character peculiar to the Korean only should drive the loathsomeness of people of the world(そのサプア人独特の執拗でネガティブな性格は、世界中の人々の嫌悪感を煽るだけ)!

To be continued...






































profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード