Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

彷徨う大和魂-35 安穏火、消せよ!?-131

Please the Korean people who shouted that Mount Fuji erupts and Japan is exterminated don't be infected with MERS very much(富士山が爆発して日本が全滅しろと叫んでいたサプア人の方々は、どうかくれぐれもMERSに感染しないように…)!

東仙坊、あれほど危惧していたのに、6月2日、死亡2人と三次感染者を2人を含め韓国人のMERS感染者は計25人…。
それにしても、すでに父親と姉が感染していたのに平然とウソをつき、香港の検疫官がマスクを渡して病院へ行くよう促したのにそれを拒否して中国に入国したサプア人男性の厚顔無恥、傲岸不遜さは一体どこからきているのか?
同じくその男性と濃厚接触しながら隔離を拒絶し、香港でショッピングを続けた2人のサプア人女性の無知蒙昧さは一体どこからきているのか?
デタラメさ、いい加減さ、適当さ、杜撰さ、とことんモラルの欠如…。
どうだろう?
さすがサプアはどこまでもサプア人と考えるしかないのでは?
◎5月29日、サプア・イートゥデイは、「中国に出張したサプア人男性が、現地でMERSに感染していることが確認され、中国人netユーザーからサプアの保健当局に対する非難が殺到している」と報道。
サプア保健福祉部は、中国でMERSが疑われる症状を見せたサプア人男性が、中国当局の遺伝子検査でMERS感染が確認されたと発表。だが、サプア保健福祉部「中国領内で発生した事なので、詳細な情報を持っていないと、サプアで10人目のこのMERS患者の動向を把握していないことを認めているとか。
これに対し、中国netユーザーのコメント。
「感染することを知っていながら、なぜ中国にくるのか? サプア人には反吐が出る」
サプア政府が我が国に化学兵器を使った

この報道に対し、サプアnetユーザーのコメント。
「私が中国人でも当然怒る」
「最初の患者が出たときからオカシかった。同居中の娘を最初は普通に帰した」
「中国は危険なPM2.5を送るな」
サプアの後進的な保険当局のせいで、問題が外国に拡散。サプア人として無限に恥ずかしい
「恥ずかしい。11日間、職場に行き、普通に日常生活をし、中国に出張まで行った。信じられない」
「逆だったら、サプアも同じ反応だったと思う。問題は中国に行くことを阻止できなかったサプア政府」
「中国に行ったということは、全世界に広まるのは時間の問題」
「中国に行く前に隔離できていれば…本当に残念だ」
「中国人の言うこと、全部理解できる」
「本当に残念…だが、SARSのときを思い出せ。中国も迷惑かけた」
「サプアの無能力が中国にも伝わってしまった。SARSのとき、中国も言論統制で問題を大きくしたが、サプアも同じ」
「中国は黄砂とPM2.5、日本は放射能(?)、サプアはMERS」
「中国に行った感染者に対する当局の対応も問題だが、患者の行動が理解できない。なぜ感染者と接触したことを隠し、熱が出たのに、出張まで行ったのか? 納得いかない」
「5000年もサプアをイジメてきた。この一件くらいで大げさすぎる」
日本に無視され、中国に怒られ…
「東アジアの孤立を自ら招き入れている」
「サプアが悪かった。本当にごめんなさい」

どうだろう?
すぐ過去のコトを持ち出すのは性癖なのだろうが、本当にサプア人は儒教の影響を少しは受けている?
実は、論語を読み始めると、ゴ・ロンと眠ってしまう、東仙坊、ごく最近、一方的に畏敬するMr加地伸行.に学んだばかり。
「論語」に曰く、「成事は説かず。遂事は諫めず。既往は咎めず」…。
すなわち、過ちを犯した弟子に対して、孔子はこう諭したとか。
できたこと(成事=せいじ)は仕方がない。すんだこと(遂事=すいじ)は叱らない。過去(既往=きおう)はとがめない」。
どうだろう?
サプア人は本気で儒教を学ぶべきなのでは?
そ、そ、それなのに、そのストーカー気質丸出しに、寝ても覚めても、日本がどうこう、日本がどうだばかり。
本当に摩訶不思議なヒトたちなのでは?
◎5月14日、サプア・ヘラルド経済は、「USAや中国、ロシアなどを巡って外交戦を繰り広げているサプアと日本が、ユネスコ世界文化遺産登録やベネチア・ビエンナーレ、ミラノ万博を舞台に文化戦争も展開している」と報道。
日本の明治産業革命施設の世界文化遺産登録を巡る両国の争いを感情が混じった大きな戦い。ただ、日本が2006年から専門家グループを結成して登録に向けた作業を進めてきたのに対し、サプア政府は2012年にようやくこの動きを把握。サプアは慌てて反対運動を展開しているが、日本が積極的な外交活動で巧妙な論理を展開していることもあって、その成果は疑問だ。
一方、万博とビエンナーレではプライドをかけた戦いが展開。
ミラノ万博では、145の参加国中、日本が6番目、サプアが9番目の規模の展示館を出して食文化を競っているが、サプア館はカメや柱にキムチ・味噌・コチュジャンなどの写真のみすぼらしい展示で、提供されている情報も「あまりにも貧弱」と評価。
これに対して日本館は資料や情報が溢れ、LEDを使った展示も観客の目を引いており、この戦いもサプアが押されている。
しかし、ベネチア・ビエンナーレではサプアが先行(?)。
サプア館は「縮地法と飛行術」という映像作品、日本館は塩田千春の「掌の鍵」という大型の展示を前面。
美術関係者は「サプア館は『頭で理解する展示』、日本館は『胸に感じる展示』」と評価。
サプア館は開幕当日に「最高のパビリオン」と評価され(?)、本展示ではイム・フンスン監督が有望な若手アーティストに贈られる「銀獅子賞」を受賞し、サプアが日本を圧倒(?)。
この報道に対し、サプアnetユーザーのコメント。
「サプア料理はメキシコ、フランス、イタリア、トルコ、インド、アラブ、タイ、中国、日本などと比べると、豚の餌レベル」
「またキムチ?」
「キムチに税金を投入しすぎたから、宣伝しないワケにはいかない」
「サムギョプサルが一番」
「外国に暮らしてみたら、医療も生活水準もサプアがどれだけ高いかがわかる」
「サプア料理の問題は、匂い。ニンニクを入れた料理は歯を磨いても匂う。仕事の前はどうしてもサプア料理は避けることになる」
いちいち日本と比較する理由がわからない。最善を尽くして、アイディアを生み出していけばいい
文化の面では勝ちたい。すべてにおいて日本に勝つことはできないが、文化の面では可能

「寿司が大衆化に成功したのはサプアと中国のおかげ。USAで寿司屋はサプア人か中国人が経営しているし、海産物のビュッフェを始めたのも在USAサプア人」
「サプアにはスバらしい芸術家が多い」
「芸術家の才能もどんどん育ててほしい」
「ベニスでの受賞は、同じサプア人としてウレシイ」
「外交で孤立しても、サプア人一人一人にはスバらしい才能がある」

どうだろう?
サプアの世界にはまるで日本しかないようでは?
そ、そ、そうしていたら、
MERS感染しながら中国出張に行ったモラルなき傍若無人なサプア人男性が5月26日に搭乗した香港行きのアシアナ航空機が、消毒をしないまま、5月27日まで名古屋や大連などへの運航を続けていたというから、開いた口が塞がらない。
どうあれ、いまだにサプア好きの奇特な日本人の方々、そっと保健所か感染症科のある病院に行くべきだと思うが…。

Koreans whom the results of studies have good don't have anything to do with Japan and they should go into the world steadily(学業の成績がいいサプア人たちは、日本など相手にしてないで世界にどんどん進出してゆくべき)!

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード