Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

真実イチロー イチローは荷物をまとめてマイアミから離れるとき!?

By the participation due to the injury of the starting player on the way, the pride of Ichiro must be destroyed(先発選手のケガによる途中出場では、イチローのプライドはズタズタになるだけ)!

全く無能このうえないド素人監督。
シカゴ・カブスとの最終戦、相手の投手が右なのに、我がイチローを使わず、前日ラッキーパンチでヒット2本を打ったコール・ギレスピーを先発させた。
それも5番で…。
0-1の7回表、無死1、2塁の初めてのチャンス。
バッターは、ずっと勝利の貢献してきたジャスティン・ボーア。
4試合連続でホームランを打っていたのに、前日相手投手が左ということで休んだ(?)、いや休まさせられた(?)せいか、この日は不調。
すると、アナウンサーと解説者は、逆転ホームランが期待できる? イヤ、タイムリーが期待できる? イヤ、ここは最低でもランナーを進めるバッティングが必要、それこそ、犠牲バントをさせたっていいくらい。
なぜなら、マーリンズの先発のマット・レイトスが1安打の好投をしているのだから、ここはまず同点にしなきゃ。
すると、ジャスティン・ボー、初球を当てただけの浅いライトフライ。
そして、コール・ギレスピー、第1打席、見逃しの三振、第2打席、ボテボテのショートゴロ。
イチローを代打で使わないのか?
30打席ノーヒットだから使わないかも?
そのまま打席に立ったコール・ギレスピー、浅いセンターへの凡フライ。
8回表、1死1塁、打順は9番のピッチャー。
ところが、ネクストバッターサークルには、戻ってきたマイケル・モース。
2死だったらホームランの期待できるマイケル・モースかもしれないが、ランナーが出たのだからイチローにするんじゃないか?
ところが、そのまま打席に入って、見逃しの三振。
続くディー・ゴードンは三遊間に深いゴロ。
ランナーがいなければ間違いなく内野安打なのに、そのランナーが足の遅いキャッチャーのジェフ・マチスで、ジ・エンド。
その裏、ライトがイチローだったら追加点がなかったかもしれないのに、1点入れられ、0-2でまた負け。
イチローは使わず、ディー・ゴードンまでノーヒットで、ついに3割4分割れ。
東仙坊、監督はいないのと同じ…と一言。
そこで、コール・ギレスピーについて、少々。
2010年から、アリゾナ・ダイヤモンドバックスで、メジャー・デビュー。
45試合に出場し、231、ホームラン2本。
翌2011年にはほとんど3A。
2013年、サンフランシスコ・ジャイアンツで3試合000で、シカゴ・カブスで25試合で240。
もちろん、ホームラン0。
昨年、なんとシアトル・マリナーズで34試合で254、1ホームランで、その後、3チームを転々で、トータル243。
何でそんな選手をイチローよりも期待するのか?
実際、まだヒット4本で、267。
ともあれ、東仙坊、1日休み。
そして、DHのあるフェンウェイパークでのボストン・レッドソックス戦から、きっとイチローを先発させるに違いない。
何しろ、先発は未対決でも左のウエィド・マイリー。
必死で平静を装い、ガマン、ガマン。
それから、イチロー、早く心に絡んだツタを取り除いてくれ!と懇願。
そ、そ、それなのに、先発にイチローの名前はナシ。
それどころか、イチローと意気投合しているマルセロ・オスーナを、1-36だからと、19打席連続ノーヒットだからと、3Aに落とし、なんと左の外野手のジョーダニー・バルデスプリンを昇格させたから、唖然。
4番でまで使っていたのに、何たる仕打ち。
マーケティングで利用できるクリスチャン・イェリッチとのこの明確な違いは、何?
まさに、原辰徳。
ともかく、生きがいを奪われたくない、東仙坊、イチローにホセ・フェルナンデスとベンチで喋ることで耐えていないで、即刻、荷物をまとめて、マイアミにバイすることをおススメ。
これが本当のマイアミバイす。
どちらにしても、イチローを澤穂希にしてしまったド素人監督、よく聴け!
今さら言ってもレバタラで小恥ずかしいが、もし澤穂希を軸にしてもっともっと試合に出し続け、もっともっと華麗な連携を強めておけば、USAともっともっと拮抗した試合をしたはず。
少なくとも、奥歯にモノが挟まったような表現しかしない幼稚なマスメディアが言わないから、東仙坊、言わざるを得ない。
一度辞めるとか騒ぎながらも、なでしこの監督に復帰したご仁、全くナンセンスな采配でなでしこを自滅させただけ。
なでしこは、澤穂希と阪口夢穂と宮間あやを核に、成長した大儀見優季と岩渕真奈と川澄奈穂美で組み立てるチーム。
もちろん、DFは、先発させた4人。
えっ、宇津木瑠美の評価は高かったって?
本当にそうだろうか?
巨視的にモノを見れない今のヤングの典型で、それは菅澤優衣香と同じなのでは?
どうあれ、MLB音痴のどこかのイヤな雰囲気の日本の監督と同じで、日本向きじゃないホアン・フランシスコに続き、カルロス・ペゲロを取るなんて言っているのと同じで、選手の気持ちのわからない監督はペケなのでは?
そ、そ、そうしていたら、2回の表、マイケル・モースをレフトにしてまでファーストに起用していたジェフ・ベーカーがクソボールを空振りし脇腹を痛めて交代。
我がイチロー、恐怖のグリーンモンスター前のレフト。
そして、第1打席、2死無走者、クソボールをストライクと言われたうえに、またクソボールをストライクと言われ、見逃しの三振。
得意のMLB審判団のレイシズムが始まったよう。
1-1での第2打席、2死2、3塁の大チャンス。
ところが、我がイチロー、見逃しのストライク、見逃しのストライク、ボール、見逃しの三振と1回もバットを振らないまま、三振。
正直、東仙坊、目の前が真っ暗…。
7回裏、柄でもなく細かい投手リレーが裏目に出て、3-4と逆転されてしまう。
そして、8回表、第3打席、2死無走者、どん詰まりのセカンドゴロ。
これで、33打席ノーヒット。
これもそれも、絶好調のときにクリスチャン・イェリッチを守るために試合に出られなかったことがすべて…。
こんな結果になるのだったら、少なくともマルセロ・オスーナの代わりにイチローを起用しておけばよかったはず。
とにもかくにも、ここまでイチローの心がグジャグジャになってしまったのは、今日だって先発させなかったから。
日本人のサムライのプライドをド素人監督は全く理解していないご様子。
もし、これで明日のボストン戦先発じゃなかったら、イチローすぐに荷物をまとめろ!!!
そうしたら、何とまた9番ライト。
先発は救いでも、これじゃ、イチローの心に絡んだツタはダマになって取り外せないと思うが…。

In such members, why is Ichiro the ninth(何でこんなメンバーで、イチローが9番なのか)?
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード