Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

彷徨う大和魂-35 安穏火、消せよ!?-173

Korea daily report and the Asahi Shimbun must perform twinning in a shade(朝鮮日報と旭日新聞は、陰で姉妹提携しているに違いない)!

東仙坊、結局、サプアのこのうえない執拗な反日は、自分たちこそ人心を操るオピニオンリーダーでありたいと画策する勘違いの自惚れマスメディアどもの戦略とほぼ断定している。
もちろん、そのコア・コンピタンスは、サプアでは指摘してきた朝鮮日報、我が国では旭日新聞、USAではニューヨークタイムズ。
ほとんどその3社の合作と呼んでもいいほど。
その典型が、また我が国の旭日新聞…。
◎8月9日、安倍晋三首相の戦後70年談話での謝罪表明を求め続ける売国新聞、社説で、「聞く者の心に響かなければ談話を出す意味がない」とまたメチャクチャエモーショナルにほざいたとか。
実にピンボケの高慢で独り善がりの主張だと思わないか?
独立国のトップが内外に向けて自国のために談話を出すのに、間違いなく「聞く者」である反日共同戦線を張っている中韓のために謝罪しろと中韓政府の明確な代弁者として命令しているのである。そう、ハナから中韓両国民の心に響くことを言え、そして、仮に謝罪を述べたとしても彼らの心に響くはずがないと言っているようなものなのである。
しかも、彼らを満足させなければ、負債だらけの我が国が内実困っている中韓にジャブジャブ金を与え彼らの心に響かせられなければ、彼らに代わって自分たちが政府を攻撃すると脅迫しているのである。
実にオモシロいと思わないか?
どうあれ、もはや我が国の新聞ではないのでは?
もしかして、「安倍政権が海外から歴史修正主義者といわれていることへの言及がない」と質問したのも、オタクの記者?とついつい思ってしまうほどでは?
どちらにしても、このアンポンタン新聞、日本の謝罪を専門の研究家オークランド大学ジェーン・ヤマザキ教授の2006年刊行の「第二次大戦への日本の謝罪」という学術書も、無知な中韓のヒトびと同様に読んでいないのでは?
彼女は、「日本の謝罪は不毛であり、無意味だ」という結論を出し、その見解を何度も表明しているのでは?
それも、1965年の日韓国交正常化以降の日本の国家レベルでの謝罪の数々を列挙して、「主権国家がこれほどに過去の自国の行動を間違いや悪事だとして外国に対して謝ることは国際的にきわめてメズラシイ」とまで指摘しているのでは?
そして、USAはじめ他の諸国が国家としての対外謝罪を拒む理由は、1)過去の行動への謝罪は国際的に自国の立場を低くし、自己卑下となる 2)国家謝罪は現在の自国民の自国への誇りを傷つける 3)国家謝罪はもはや自己を弁護できない自国の先祖と未来の世代の両方の評判を傷つけると喝破しているのでは?
そのうえで、「日本の謝罪について、その国家謝罪を外交手段とみるならば、完全に失敗だ」と断言。
「日本は中韓に何度も謝罪を表明してきたが、歴史に関する中韓両国との関係は改善されていない。国際的にも日本は十分に謝罪していない、とか、本当には反省していない、という指摘が多いのはどうして?」と分析し、「日本の謝罪外交が成功するためのカギは、謝罪が成功するには受け手にそれを受け入れる用意が不可欠だが、中韓には受け入れの意思はなく、歴史問題で日本と和解する気がないといえる」と結論しているのでは?
ついでに、プルタルコスの「モラリア」も、元ドイツ大使有馬龍夫の「対欧米外交の追憶」も読んでいないに違いないのでは?
プルタルコスの「モラリア」には、「政治家の大切な仕事は、いかなる外国に対しても、自国を必要以上に卑屈にさせず、足にカセをかけた上に首までクビキに差し出す事態をつくらないことだ」とあるとか。
元ドイツ大使有馬龍夫の「対欧米外交の追憶」によると、やたら中韓は元ドイツ大統領ワイツゼッカーの演説を持ち出すが、ワイツゼッカー演説にはどこを探してもホロコーストについて謝罪やそれに類した表現が見当たらないのだとか。
何でも、ナチス外務次官親衛隊将軍としてニュルンベルク裁判で有罪となった父をもち、歩兵将校として赤軍と戦った元大統領、「民族全体の罪、もしくは無実というものはなく、罪は集団的ではなく個人的なもの。しかも、自分が生まれてもいない時代の事件について罪を告白できない。告白とは神の許しを請うことだから他人の罪を告白するいわれもなく、ナチス党員の犯した罪を今のドイツ人や国家が謝罪する必要がない」と本当は言っているとか。
肝心の「過去に目を閉ざす者は結局のところ現在に盲目となる」だって、「ナチスの犯罪を心に刻んで記憶せよ」ということであり、国家ましてやドイツ人の責任や謝罪を明示的に認めたのではないとか。
「非人間的行為を心に刻もうとしない者は、また新しい感染の危険への抵抗力をもたない」だって、ドイツ人がナチスの台頭を許した重大責任やナチスの蛮行の共同正犯だった面を認めないためだとも。
つまり、このドイツ元大統領、どの外国に対しても祖国ドイツを必要以上に卑下させず、足にカセをかけた上に首までクビキに差し出すような事態を後世の国民に経験させまいとしただけとか。
どうだろう?
中韓が、その代弁者の旭日新聞が、いかにいい加減かわかるのでは?
それで気になるのが、なぜか中韓では、その中韓でスポンサーにやたらなっている旭日新聞が、そのロゴマークである旭日旗を出さないこと。
すべてが、その品格のないマッチポンプ報道が原因と自ら認めているようでは?
ありもしない「従軍慰安婦」をデッチ上げ、反日狂いにさせ、今度は日本のみっともない政治屋に謝罪させて溜飲を下げ、日本の情けない政治家が何か保守的な言動をするとすぐに中韓にチクリ、攻撃の材料にさせる…。
本当に卑屈な新聞では?
そうしながら、日本の海軍旗で現在も海上自衛隊が使用し国際的にも承認されている旭日旗ロゴマークを外す陰険さ。
自業自得だろうが…と冷笑しているのは、東仙坊だけではあるまい。
それにしても、あの「旭日旗を軍国主義の象徴」と世界中で大騒ぎしているキチガイサプアどもが、なぜ旭日新聞の旭日旗マークを攻撃しないのか?
すでに心に響く金を渡しているというコト?
イケない、イケない。
旭日新聞糾弾など始めたら、残りの人生それで終わってしまいそうだから、話を戻したい。
東仙坊、朝鮮日報の記事で、俄然注目しているのが、これ。
◎3月16日、「サプアの『性売買(売買春)特別法』が憲法違反しているかどうかの違憲法律審判を申し立てたのは、元売春婦アングリーホール(44歳、仮名)。清凉里の風俗街で働いていた2012年7月、大学生から13万ウォン(約1万4000円)を受け取り性行為をしたとして、売春の罪で略式起訴されたが、後に正式裁判を申し立てた。『何回捕まっても、何回罰金を払わされても生きてゆくためにはこの仕事をしなければならない』、『最も底辺の仕事だが、労働力を売ってカネをもらう厳然たる職業だ』、『生計を立てるため自発的に売春する女性までも国が処罰することは不当で、基本的人権を制限するものだ』、『多くの売春女性が突然仕事を失えば、ホームレスになったり自殺したりするかもしれない』、『売買春を一部合法化すれば、児童や女性に対する性的暴行も減る』と主張。その申し立てを受け、ソウル北部地裁は、性売買特別法が違憲か合憲かを問う違憲法律審判を憲法裁判所に請求。何でも、アングリーホール、違憲法律審判を申し立てるうえで売春女性と風俗店でつくるハント全国連合会の支援を受けたとも。ちなみに、そのハント全国連合会、2012年7月、『売買春は被害者のいない犯罪であり、処罰の必要性は高くない。害悪の程度に比して処罰に多額の費用がかかるという副作用もある。性の搾取や売春の強制のみを処罰し、自発的な売買春は犯罪から外すか、一部合法化すべきだ』と訴えたとも」。
実は、朝鮮日報、2012年6月15日、「 サプアでは2004年盧泰愚大統領時代に『性売買防止及び被害者保護に関する法律(性売買特別法)』を制定し売春を禁止した。その結果、サプアの売春婦たちが外国に出るようになった。特に台湾では、『売春市場で韓流が流行』とまで言われる事態」とサプアの売春婦の実情を特集。
売春する女性は、269707人。風俗店、46247ヵ所。年間男性客の延べ人数、9295万人。その経済規模は、約15兆ウォン(1.5兆円)。
外国に出ているサプア人売春婦は10万人以上とされ、その内5万人が日本。
また、USAで売春をおこなう外国人の国籍は、サプアが23.5%で断トツ。
どうあれ、2011年、売春婦たちが「売春をさせろ!」と髪をザンバラ髪にし、顔を白塗りにし、口は耳元まで裂けるよう真っ赤に塗って、堂々と大規模なデモをする摩訶不思議な国、サプア。
それゆえ、今、「売春を罰するな!」とサプアで売春処罰違憲論争が活発化。
違憲派は、「性的自己決定権や職業選択の自由を侵す」として限定的に売春を認めるよう要求。
合憲派は、「性売買は風紀を乱すだけでなく、人間の尊厳を損なう」と主張。
売春で生計を立てる女性らは、「生活の糧を奪うな」と繰り返し訴求。
それはそうである。
サプアの2004年施行の売買春行為を処罰する性売買特別法では、「性売買をした者は1年以下の懲役または300万ウォン(約33万円)以下の罰金、拘留、科料に処する」と重罪。
しかも、売春した女性と買春した男性双方が処罰対象なばかりか、体、口、道具を使った「類似性交行為」も対象。
ともあれ、アングリーホールのために、4月9日、憲法裁判所で公開弁論。
そこで、特別法の廃止を求め、売春業に従事する女性ら882人が署名した、「搾取や強要のない性売買には被害者がいない。厳しく取り締まったからといって、サプア社会の道徳が向上するとは言えないのではないか」という嘆願書が提出されたとか。
そして、違憲側参考人として、韓南大学警察行政学科キム・ガンジャ客員教授が出廷。
何しろ、このご仁、「ミアリテキサス」と呼ばれる売春街を抱えるソウルの鍾岩警察署長を務め、2000年に集中取り締まりを実施。
2002年、警察庁女性青少年課長に就任し、全国の風俗街の取り締まりの陣頭指揮。
摘発側の現場を知り尽くしたエキスパートだとか。
また、売春街の貧しい女性らに寄り添う姿勢から、貧しい人々を助けた中国の偉人になぞらえ、「ミアリの包青天」と称賛されているとも。
そして、「自らの経験から、売春街の女性のほとんどが社会的弱者だ。処罰は、彼女たちの生活を脅かすだけで、性売買根絶には役立たなかった。摘発を強めれば、住宅街などで隠れた売春が増えるだけで、性的に疎外された男性のためにも限定的な公娼制度が必要だ」と証言。
それに対し、特別法は合憲だとする法務省代理人は、「売春は性を商品化して健全な性風俗を害する。売春の拡散は、人身売買など非自発的な売春も拡大させる悪影響が伴う」と反論。
すると、違憲派は、「生活のためにやむを得ない『生計型売春』に限って認めるべき」と主張。
それに対し、裁判官が、「生計型と非生計型をどう区別するのか?」といった質問したとか。
これもそれも、配偶者以外との性行為を禁じた姦通罪について、憲法裁判所が、2月、「違憲」とする判断を示した影響とも。
では、サプアの現状は?
性売買特別法施行後も売買春は一向に減らず、逆に性風俗業の形態が多様化し、表面上は見えにくくなっているだけとか。
サプア女性家族省が、2010年と2013年の実態を比較した調査では、性売買に従事する女性は、4917人から5103人へと微増。
売春街を訪れた男性も1日平均2万4000人から2万7000人と、1割以上増加。
ただし、清凉里やミアリテキサスのような売春街は、特別法施行前は全国に約70ヵ所あったものが、40ヵ所台に減少。
結局、形を変えた性風俗業は、雨後の竹の子のように増えただけとか。
代表的なものが「ルームサロン」と呼ばれる高級個室クラブで、飲酒接待後に「二次」と称して女性をホテルに連れだし、売買春行為する形態。
好みの女性を選ぶ「マジックミラールーム」に加え、別の階にモーテルも備えた、一つのビルで売買春を完結させる「フルサロン」。
「キス部屋」という性的行為におよぶ業種。
もちろん、サプアらしくnetを通じた出会いも増加。
それ以上に、日本、USA、中国、豪州など、海外に渡って売春を行う遠征組の女性たちの増加。
その10万人以上の「人類の歴史とともに歩んできた職業」を好むインターナショナルなサプア女性たちは、ここ数年で海外で摘発されることが約4倍に増加したということも、うなづけるのでは?
どうだろう?
朝鮮日報、そろそろ、「世界で一番古い職業」こそ、サプア女性の専売特許と特集すべきなのでは?
それもこれも、我が国の1958年制定の売春防止法が全くのザル法で、まるでサプア救済策であることが問題なのでは?
実際、日本の性風俗産業で働く女性は外国人を含めて30万人くらいと言うが、一体サプア人が本当はどれだけいるのか?
サプアの警告のために、徹底的に一度摘発し、昨日の交通事故死者数のように、交番に、昨日のサプア人売春逮捕者数でも掲げてみればどうか?
日本学生支援機構が、昨年5月時点で日本の大学などに在籍する留学生は、13万9185人。うち中国人が7万7792人で、サプア人が1万3940人と合わせて3分の2を占めると言っているが、本当に学生なの?
えっ、だからサプアがドイツをマネろ!と言ってきているのだって?
確かに、ドイツは、フランス、オランダ、スイスなど同様、成年女性職業の一つとして売春婦を合法化しているが…。

It must be the Korean who assumes “the occupation that is the oldest in the world” world's best true vocation(「世界で一番古い職業」を世界一天職としているがサプア人)!

To be continued...















 










profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード