Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

心のブラックホール-46 「集団登校児童列突っ込み症候群」による日本沈没-1

In the world of indulging it, the human heart should lose beauty steadily(甘やかしの世界では、人間の心は美しさをどんどん失ってゆく)!

東仙坊、あるプロ野球球団の摩訶不思議な対応に、それを糾弾しない日本のマスメディアの長いモノに巻かれろ的対応に、メチャクチャ憤慨している。
賭けマージャンや賭けトランプならいざ知らず、ハンデにつけ方に極めて専門性の必要な野球賭博、一般客が入れないようなカジノでのバカラ賭博に関わっていた選手が「反社会的勢力と無関係」と言い切り、厳重注意と罰金だけで内内で隠蔽しようとしたというのだから、開いた口が塞がらない。
しかも、そのやっと契約解除されたという3選手、問題がバレそうになると携帯電話のメールを削除し、口裏合わせをし、その大甘球団や調査委員会にもウソをつき通していたというから、逆に大したもの。
それにしては、一軍で投げたことのある2人に共通するのは、マウンド度胸がなくノーコンかのように見せ、突然、押し出しの四球を与えること。
まさに、そうか、そこがポイントだったんだと、納得。
ところで、この久しぶりの黒い霧事件で、その球団代表が引責辞任。
球団社長と球団会長が無期限の取締役報酬を50%減俸。
最高顧問とオーナーまでが、2ヵ月間の取締役報酬を自主的全額返上。
と発表したから、さすが大企業の論理。
ところが、いつも真っ先に処罰される現場責任者で中間管理職である、その時点での監督と二軍監督には、なぜ何の制裁もないの?
そこで、あのイヤな相をした前監督、女性問題で脅迫され反社会勢力に1億円を払うという情けなくてみっともないことをしていたのに監督を続けていたことを思い出して、ますます憤怒。
そうしたら、その前監督の「オヤジのタチマチからもらった」と言う数百万の腕時計をし、月800万円の小遣いをもらっているというバカ息子が、覚醒剤で逮捕されるというウワサがあるというから、何をかいわんや。
マスメディアの一員でもあるその球団、どうぞガンバってモミ消して…と苦笑するばかり…。
本当に何か大切なモノが日本人の心の芯から消えてしまっているのでは?
もっともプロ野球の選手になるような方々は、ハナから純粋な日本人ではないかもしれないが…。
どちらにしても、モラルとはほど遠い未熟な頭のヤツラが本当に増えてしまっているのでは?
高層マンションからペットボトルや皿を投げ落とし身を潜めている卑怯で卑劣なアンポンタンが増えてきたと思ったら、線路に自転車を投げ込むテロリストが出現。
そ、そ、そうしたら、東名高速上の歩道橋から生卵を投げて走行中の車にぶつけて、「ドライバーの驚く顔がオモシロかった。遊び半分だった」とのたまうオタンチンどもが登場。
●11月10日、神奈川県警松田署は、器物損壊と暴力行為等処罰法違反で、神奈川県秦野市に住む、高3男子生徒(18歳)、その兄の会社員(???21歳)を逮捕。
高3男子生徒の友人2人も書類送検。
何でも、9月20日未明、神奈川県大井町赤田の東名高速上に架かる歩道橋からフェンスによじ登り、約10m下の上り車線に約200個の生卵を投げ落としたとか。
さらに、9月20日午後10時ごろ、同じ場所から、約10m下の上り車線に約300個の生卵を投げ落とし、車1台のルーフパネルを壊したとも。
少なくとも41台が被害に遭っているとか。
ちなみに、計約500個の卵のうち350個は近隣のスーパーで購入し、残りは万引きしたとか。
ところで、この社会人の兄は何か問題を抱えているということ?
氏名を晒されないのには、相当のワケがあるのでは?
まさか、走行中の車にとって小さな虫一匹でも危ういのに、生卵を10mの高さから、どのくらいの力で投げたら、どれだけの衝撃を与えるかという想像もできない頭なの?
●11月10日、東京芸術大は、女子学生にセクハラ行為をしたとして、美術学部50代男性教授(??)を停職5ヵ月の懲戒処分(?)と発表。
何でも、そのスカタン教授、4月、学科の新入生歓迎コンパの後、学内のソファで横になっていた女子学生(?)の服の中に手を入れて胸を触るなどしたというから、ちっとも美しくないのでは?
また、7月に被害女子学生から申し出があり発覚したというから、こちらも美しくないのでは?
さらに、そのスカタン教授、大学の調査に「記憶にない」と話しているというから、ただただ醜悪なだけ。
●11月9日、日本大学名誉教授山岡永知(77歳)が指定暴力団山口組元幹部から投資用に2千万円を借り、現在も返済していないことが判明と日本大学が発表。
それも、20数年前に知人を介して知り合った山口組幹部に、10年ほど前、海外での事業資金(?)として借金したが、「個人的には紳士的なつき合いをしている」と仰せられているとか。
日大法学部で国際法を専攻し(?)、2008年6月に定年退職(?)。
それ以降は、非常勤講師として、大学院で英米法など3講座を担当し、週1回の講義。
まあ、相当借金がありそうだから、働きたかったのだろうが、問題は、それでも、こちら。
総務省の委託を受け国の機関に対する国民の苦情や相談に応じる行政相談委員東京協議会会長だったこと。
第一、「日頃からつき合いがあり、軽い気持ちで借りた。これまで返済を求められていないので借りたままだが、そのうち返すつもりだ(?)。反社会的勢力だからすべてが悪いというのはオカシイと思う」と言い切れるだけ、東仙坊、さすが本場ゴッドファーザーの世界の研究者と、妙に感心。
それでも、借りた金は返すものでは、それだったら、なぜもらってしまわなかったのか?
貸してくれるって、典型的なマフィア手法なのでは?
さて、この国の歪みを見事に象徴するのが、三井住友建設が施工し三井不動産レジデンシャルが販売した横浜市都筑区のマンションが傾いたことで発覚した、旭化成建材による最低の杭データ偽装問題。
そこで、新たに明らかになったことに、この国の崩壊の予兆を感じた。
というのも、施工の元請けは確かに、三井住友建設だったが、旭化成建材が2次下請で、2社の間に、杭打ち施工の1次下請けとして、日立ハイテクノロジーズという摩訶不思議な立場の会社が絡んでいたことが判明したというのである。
その図式からすると、施工データなどをチェックする立場にあったのが、その日立ハイテクノロジーズ。
ところが、施工は行わず、旭化成建材に下請け発注し、実際の重機作業は旭化成建材の3次下請け業者。
えっ、だったら、日立ハイテクノロジーズは何をするのか?って?
商社的なコト。
表面上は、材料である杭と杭打ち施工を合わせて、受注する「材工請負」。
なぜなら、その方が材料の杭だけを扱うより売り上げが増えるから、当然。
もともと、単なる杭の販売代理店だったが、仕事を取りやすいように業態を「材工請負」に拡大したとか。
それはそうだと思わないか?
材料である杭と杭打ち施工を両方を受注すれば、価格が柔軟に設定できるために、受注者、発注者の双方にメリットが生まれるはず。
えっ、何でか?って?
材料は輸入するケースが多く価格が不安定、施工業者も時期によって相場が大きく変動、そこで一括受注すれば、リスクがあっても受注が簡単で、コストパフォーマンスも操作しやすくなるはず。
つまり、日立ハイテクノロジーズは、杭を製造でき、杭打ち施工できる業者を抱える旭化成建材の営業のようなモノ。
えっ、一括して施工を下請けに出す行為は「丸投げ」で、、管理が杜撰になりがちなことから、発注者の書面同意がなければ、建設業法で禁止されているって?
なかでも、一定規模以上のマンション建設については耐震偽装事件を受けて改正法が施行された2008年11月に発注者の書面同意があっても違法になっているって?
このマンションの一連の杭打ち施工は2005年12月~2006年2月に行われたために違法ではない。
それに、工事を請け負う際に有資格主任技術者などを専任で置くことが義務づけられているだけで、仮にそれを配置しかったとしても、国などが指示や短期間の営業停止などの監督処分のほか、罰金100万円だから、問題もない。
どうあれ、今、国土交通省は、日立ハイテクノロジーズが建設業法で定められている施工管理を適正に行っていたか調査中とも。
どうだろう?
いつのまにか、この国は美しくなってしまっているのでは?
ともあれ、今、メチャクチャ多忙なのが、国土交通省かも。
●11月9日、埼玉県警草加署は、埼玉県鴻巣市箕田に住む、国土交通省職員、小池智之(27歳)を強制わいせつで現行犯逮捕。
何でも、11月9日午後10時15分ごろ、埼玉県草加市の東武伊勢崎線松原団地駅構内で、20代女子大学生の下半身をすれ違いざまに触ったというから、開いた口が塞がらない。
女子学生の悲鳴に友人男性が気づき、走って逃げたクソッタレを約10m先で通行人らとともに取り押さえ、埼玉県警草加署員に引き渡したとか。
それでも、お疲れでストレスいっぱい(?)のクソッタレ、「酔っ払っていて覚えていない。触っていない」と否認しているというから、どこまでも無様。
と、ここまで書き込んできて、今回のメインテーマは、まだまだ。
●11月9日午前3時35分ごろ、東京都新宿区中落合の山手通りで、歩道側の縁石に接触しワゴン車が横転し、歩道に乗り上げ街灯に衝突してさらに横転、車に乗っていた20代大学生ら12人が東京都内の病院に搬送される交通事故が発生。
警視庁戸塚署によると、ワゴン車に乗っていたのは、男性8人と女性4人。
もちろん、ワゴン車の定員は6人。
現場は、片側2車線の直線道路で緩やかな下り坂、西武新宿線中井駅から北西方向に約300mほどの地点。
全員、大学(?)のダンスサークル仲間で、池袋で集合し、日野市方面へ向かう途中だったとか。
ともあれ、その自損事故で、スピードを出しすぎハンドル操作を誤ったと思える男子大学生が、足を挟まれて骨折。
そして、男子大学生5人と女子大学生2人が重傷、ほか5人については比較的軽傷。
また、運転していた男子大学生が、自動車運転処罰法違反(過失致傷)と道交法違反(定員外乗車)で取り調べられているとも。
ちょっと待って!と声をかけたくなるのは、東仙坊だけではないと思いたいが…。
そのワゴン車を歩道でダンスさせた大バカ男子大学生、20歳過ぎで道交法違反(定員外乗車)は確実。
なぜ氏名を出さないの?
それどころか、大学の名前さえなぜ出さないの?
どうだろう?
何か変だと思わないか?
メチャクチャ美しくない大甘の対応が、いくらやがて水没するのが確実でも、予定よりも早くこの国を水没させてしまうのでは?
まもなく始まるCPO21の気温上昇地図にぜひご注目!!!

One grows up as a human being and the person with independent spirit determines it and looks down on another person and doesn't play(人間として成長し独立した人は決して人を貶めたり弄んだりしない)!

To be continued...


 






profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード