Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

プロファイリング-36 大阪府寝屋川市中1女子生徒惨殺・中1男子生徒失踪事件-1

The family should collapse in an instant when a parent feel that the child became pubertal must be obstructive with a trouble(親が思春期になった子どもは厄介でジャマと感じてしまうと、瞬く間に家庭は崩壊する)!

東仙坊、すでにどこかで指摘したが、イジメで自殺する情けなくてみっともない子どもを幼稚なマスメディアがまるで現代にあってはならい社会の歪みか社会悪かのようにいちいち取り上げるから、イジメで自殺する情けない子どもが後を絶たない。
その手の生きることの現実を受け入れないられない未熟な子どもは、それこそ自分に適した目いっぱいの自己顕示と錯覚するから、そうなるのも当たり前。
人間が地球上に生誕し、コミュニティを形成し始めて以来、どの世界にもイジメが存在するのは必然。
ましてや、これほどまでに地球上の人間がジコチュウ未熟児になってしまった現在、そのイジメは子どもたちだけの世界に限らず、大人の世界にも蔓延してしまっているはず。
セクハラ、パワハラ、モラハラ、ありとあらゆるハラスメントがイジメのようなモノ。
それに人種、民族、宗教が絡めば、世界中でイジメが日々横行しているようなモノ。
もっとありていに言えば、家族の内の痴話ゲンカだって、イジメの一つのようなモノ。
その意味でも、子ども時代のいかなるイジメにも適応できなければ、やがて一人前の社会人としてこの生き馬の目を抜く世を生きてゆく能力も資格もないといっても過言ではないはず。
それにしても、イジメで自殺した子どもをエサに二度と起きて欲しくないからとうそぶいて、学校や行政から金をむしろうとする陰険な親のなんと増えたことか?
どうせ誰も言わないだろうから、東仙坊、断言せざるを得ない。
そんな親の子どもだから、イジメで惨めに卑屈に子どもが自殺したのでは?と…。
どうあれ、少子化ナンチャラと言ってやたら子育てを本気で考えていない女性に子どもジャンジャン産ませた結果、我が国の母子関係だけでなく、家族そのもの、そしてコミュニティがグジャグジャに崩壊してしまっていると思うが、どうだろう?
とりわけ、子どもには何の対処もできないのに、かってにオトコと関係し子どもを作り、勝手にオトコと別れ、母子家庭になりながら、母親であることよりも一人の女であることを最優先する女性の子どもは、必要以上に試練を与えられて、本当にいい迷惑だと思っているのでは?
ところで、そんな世の中の弛緩し切った風潮を象徴するようなメチャクチャ不快な事件がまた起きた。
イヤ、また周りが起こさせた。
世にペリカンマンゴーなるフルーツがある。
フィリピンが特産で、扁平でペリカンのクチバシにカタチが似ていて、他のマンゴーに比べて酸味が強く、正式品種名は「カラバオ」。
「カラバオ」は、開花後に強烈な腐敗臭を放ち、受粉を助けるクロバエを引寄せるとか。
それというのも、本来引き寄せたいミツバチでは気温が高すぎるためとか。
ともあれ、その果肉は黄色から橙紅色で多汁。
果皮は強靱でやや厚く、未熟だと皮がなかなか剥けないとか。
そして、未熟だと非常に酸味が強く、美味しくはないとも。
もちろん、完熟すれば濃厚な甘みを帯び、松ヤニのような独得の芳香を放つのだが…。
また、未熟でも、塩漬け・シロップ漬け・甘酢漬け・チャツネ・唐辛子入り砂糖塩・炒め物などにすれば、ビタミンAやβ-カロテンを多くとれるとも…。
大阪府寝屋川市木田元宮に住む、大阪府寝屋川市立中木田中学校1年女子生徒(13歳、便宜上「グリーンカラバオ」と呼ぶ)がいた。
同じ中学に3年生の姉を持ち、母親と3人で暮らす母子家庭か(?)両親の4人と暮らす崩壊家庭の(?)様子。
どうやら、そして、母親は午前1時ごろまで働いているというから、水商売系か(?)。
ともかく、吹奏楽部でトロンボーンを担当。
学校や近所の評判はそこそこだったが、デリーケートな思春期を迎え、暑い中必死に働く母親との諍いは増え、ときどき家出したり、この夏休みは、自宅前でテントを張って生活をしたりしていたとも。
まあ、伸長147㎝とさして大きくはなくても、そこら中にいる典型的な意識だけオマセ少女だったはず。
そのグリーンカラバオには、クラスは別でも、伸長143㎝の同じ中学校に通うテニス部に所属するボーイフレンド(12歳、便宜上、やさしい無理矢理ミツバチ、「テンダービー」と呼ぶ)がいた。
そのテンダービーも、母親と妹2人との4人暮らしの母子家庭か(?)両親と5人で暮らす崩壊家庭だったようで(?)、また、母親がグリーンカラバオの母親と同じ仕事(?職種?)だったせいか、日ごろからグリーンカラバオの家に泊まりに行ったりもしていた様子(?)。
さて、このお盆休み真っ只中、世の中ではみんなが旅行に行ったり浮かれているのに、悔しいかなグリーンカラバオはクラブ活動だけ。
8月12日、いつも通りに午後3時までのクラブ練習を終えたグリーンカラバオ、毎日続く母親との諍いにストレスを感じ、どこかに行きたいとテンダービーに懇願したに違いない。
事実、他の男友だちとすでに約束していたという証言も。
8月12日午後6時、自宅にいた姉にただ「ちょっと出てくる」と行き先もきちんと告げず、なぜか簡易テントを持って家を出た。
間違いなくグリーンカラバオは、本格的な家出をするともりだったはず。
黒のタンクトップの上に白いシャツを羽織り、デニムの短パン、黒のハイソックス、履物は(??)、そして、なぜか所持金は1000円。
無論、携帯電話を持って…。
一方、同じ大阪府寝屋川市に住む、大阪府寝屋川市立中木田中学校1年男子生徒テンダービーは、8月12日午後9時ころ、「女の子の家(?)に泊まりに行く」、「グリーンカラバオと遊ぶ」と母親に言って外出。
黒の半袖Tシャツ、黒の半パン、黄色クロックス、ピンクのウエストポーチ。
そして、もちろん、携帯電話を持って…。

■大阪府寝屋川市中1女子生徒惨殺・中1男子生徒失踪事件

●現時点で知り得る限りの事件の時系列的概要

①8月13日午後11時35分ごろ、大阪府高槻市番田の物流会社駐車場で、物流会社男性従業員(53歳)が、帰社後、止めてあった自分の乗用車を移動させ、空いたスペースにトラックを止めようとしたところ、バックモニターに写り込んだ遺体を発見し、110番通報。
何でも、彼は8月13日昼ごろ、乗用車を遺体が見つかったスペースに止めてトラックに乗り換え、仕事に出発。
また、彼の乗用車の底には、血痕とみられるものが付着。
乗用車と地面には数10㎝の隙間があり、遺体を駐車場に運び込んだホシども(?)が乗用車の下に隠していたことは歴然。
ちなみに、その遺棄現場になった駐車場は、京阪本線枚方公園駅から北西に約1.6㎞の工場や民家などが点在する地域で、幹線道路からかなり距離がある場所なうえ、ゲートなどが設置されておらず、24時間出入りが可能とか。
また、普段、物流会社のトラック運転手らが通勤用の車を止めるために使われていて、約30台が駐車できる広さで、防犯カメラはなく、常駐の警備員はいないとも。
さらに、周囲が高さ約1mのフェンスで取り囲まれ、その外側には幅約5mの遊歩道、さらにその外側に幅約1.5mの用水路、用水路の外側は田畑が広がっている人の目には触れにくい場所とか。
実際、トラックなどが出入りする道路は西側に延びていて、遺体が放置されていたのは駐車場の東端、駐車場の一番奥。
また、駐車場は夜間でも車の出入りは一定程度あり、数10分に1回、出入庫するトラックのヘッドライトが駐車場内を照らすうえ、午後10時前後には、トラックにいたずらをする者がいないかを確認するため、会社の担当者が駐車場内を巡回しているとも。
実際、遺体が発見された8月13日午後11時35分ごろも28台が駐車していたとか。
ただし、付近には街灯がほとんどなく、夜間は暗く、場内には多数のトラックが止まっているため、見通しはメチャクチャ悪いとか。
さらに、駐車場は砂利敷きだが遺体周辺の地面に乱れはなく、血痕も血だまりはあったが周辺に飛散した様子もないとも。
②発見された遺体は、鼻や口を塞ぐように何重にも粘着テープが巻かれ、両手を後ろ手に縛られた女性のうつ伏せでの状態。
遺体には引きずった痕跡はナシ。
黒のタンクトップに白いシャツを羽織っていたが、破れたり泥や砂による汚れが目立ってもいなかったとも。
靴は履いていなかったが、着衣に乱れはなかったとか。
その小柄な体形の遺体に腐敗もナシ。
近くに携帯電話や財布など遺体女性の所持品も未発見。
また、粘着テープは市販のものとか。
司法解剖の結果、女性は首に圧迫されたような痕があり、顔には粘着テープがあごから口や鼻をふさぐように何重か巻かれていたことによる窒息死。
腕が青っぽく変色していたというから、ムリもないのかも。
また、頭部と顔面に何かに打ち付けたような跡。
けれども、遺体には、複数の刃物によるとみられる30ヵ所あまりの切り傷。
それも、左側の腕や胴体や足に集中していて、右側には目立った傷はナシ。
なかには、シャツやタンクトップの切り口と一致しない傷があり、衣服をめくった状態で切りつけたものがあるだけでなく、防御創がないのに左腕の骨まで達していた深い傷までがあったというから、かなり残忍非道。
ともあれ、「8~15歳の少女」と推定。
死亡推定時刻は、遺体発見の約4時間半前の8月13日午後7時ごろ。
③大阪府警高槻署が、殺人・死体遺棄事件を捜査開始。
遺体発見現場から50m離れたところあり、駐車場の東側部分が撮影範囲に含まれている防犯カメラを解析。
遺体発見の約1時間前の8月13日午後10時35分ごろに1台の不審車が、遺体発見の車の真横に後ろ向きに駐車するところを、約5分後に別の不審車がその車の前に後ろ向きに縦列に駐車する様子を確認。
約30分後の8月13日午後11時11分ごろ、2台の不審車は再び動き始め、出入り口方向へ走って行った様子を確認。
ただし、ライトの照射状況などから、2台は乗用車とみられるが、車種、色、人が歩く姿などは鮮明ではなかったとか(???)。

When an inexperienced girl is honest, she is too good for her feelings, it considerably becomes the manner that is disorder.
And it buys the antipathy of the circumference(未熟な女の子が自分の感情に正直なり過ぎると、かなり猥雑な態度になってしまうもので、それは周りの反感を買う)!


To be continued...

















profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード