Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

プロファイリング-36 大阪府寝屋川市中1女子生徒惨殺・中1男子生徒失踪事件-追補

There must be the place that unfortunately this 12-year-old gentle boy is dead and was saved(この12歳の心やさしい少年は、残念ながら死んで救われたところもあるはず)!

実は、東仙坊、「プロファイリング-36 大阪府寝屋川市中1女子生徒惨殺・中1男子生徒失踪事件-3」をupした8月21日の深夜、ある団員から、「ホシが逮捕されたけど、事件の続きは? 事件の真相は?」とのメールを頂いていたが、正直に、「何もかもがほとんど推測した通りで、ヨダレを垂らし目を血走らせたクソッタレの蟻地獄にノコノコと入り込んで行った蟻んこローティーンバカップルがあまりに不憫で不憫でこれ以上触れたくないし、触れるのも不愉快」と丁寧にお断りの返信をしていた。
そして、そのホシの顔を観て、本当に反吐を吐いていた。
それは、本当にこの手の顔のオトコが増えてしまってイヤだイヤだという厭世観からでもあったが、それ以上に、この手の顔を見て用心もできない今の子どもたちの無知蒙昧さへの絶望感のせいだった。
この世は一度たりともユートピアやパラダイスであったことはないし、永久にそうはならない。
そして、この世には心ないロクデナシの人非人がゴマンといることを物心もついて理解できないとは、一人前の人間に成長することなど、ハナからムリ。
今の子どもたちに、修養を身につけさせることが、本物の躾をすることが何よりも大切と暗澹たる気持ちだった。
ところが、この事件のホシ、大阪府寝屋川市香里新町に住む、契約社員、「山田浩二」こと渡利浩二(45歳)なるクソッタレについて判明するいくつのかのコトに再激怒し、もう黙ってはいられなくなった。
①このクソッタレが、スナックやキャバクラなどが立ち並ぶ歓楽街である京阪・香里園駅前の12階建て分譲マンションの最上階に住んでいたというコト。
何でも、その築約40年ほどマンション、1階部分に、複数の飲食店が入居し、2階から上階が住居部分で、クソッタレが住んでいる部屋は75㎡という広さ。
ちなみに、京阪・寝屋川駅まで2.4㎞。
もともと、寝屋川市に隣接する枚方市の団地で両親と妹の4人で暮らししていたのに、ここに引っ越してきたとか。
②2002年4月、大阪府警寝屋川署が、 大阪府寝屋川市香里新町に住む、無職(?)、32歳のクソッタレを強盗など(???)で逮捕していたというコト。
何でも、2002年3月30日午後11時50分ごろ、京阪・香里園駅前近くの寝屋川市香里南之町の路上で、自転車に乗った14歳中2男子生徒に「寝屋川市駅はどこか?」と声をかけ、「案内してくれる?」と車に乗せると、警察官だと名乗って脅し、車中で手錠をかけ監禁。
さらに、粘着テープで両手首を縛り、目隠しをしたうえ、現金1500円入りの財布と携帯電話などを奪って、約50分後に目隠しをされた状態で、約1㎞離れた駐車場で解放していたというのである。
そして、同様の少年に道案内を頼むフリをして車に乗せて連れ回すという手口の余罪が次ぎ次ぎに発覚。
しかも、蛮行現場は、寝屋川市駅など、京阪沿線の駅周辺ばかり。
その際、いきなりシートを倒して少年を動かなくさせたりし、なかには、ライターで顔に火をつけられケガをした高校生男子生徒もいたというから、何をかいわんや。
どうあれ、クソッタレは容疑を徹底否認。
そのせいか、なぜか2009年(???)から懲役6年。
そして、昨年10月21日、大阪刑務所を出所。
ついでに、クソッタレの略歴も。 
近所の駄菓子屋で万引した商品を同級生に見せびらかしたり、自宅から1万円単位で親の金を盗んできてみんなに食べ物を奢ったり、ハサミやカッターを振り回したり、長期欠席(少年鑑別所?)しながら、大阪府枚方市の小中学校を卒業。
中学卒業後は、ブラブラしながら、暴走族に入り使い走り。
この2点だけでも、東仙坊、メチャクチャ憤怒。
それはそうだと思わないか?
このクソッタレ、典型的な両親に何か特別に問題のあるイジケっ子。
そして、その両親もネグレクトに近い子ども放ったらかし。
それだけじゃない。
我が国が性犯罪に奇妙なほど甘く遠慮するところから、このクソッタレ、ほとんどサイコパスに近い本物の「shokotan・pederasty・criminal(ショコタン・ペデラスティ・クリミナル:少年性愛犯罪者)」。
これほどジェンダフリーが叫ばれ、同性愛結婚までが認知されている時代に、性犯罪者被害者ならともかく、異常なほど性犯罪加害者のプライバシーを守るために、そのアブノーマルさまでヒタ隠し。そもそも、このクソッタレの裁判に、なぜそんなに時間がかかったのか?
おそらくサプア派の人権派弁護士どもが暗躍したのでは?
もちろん、少年たちだって、自分の一生の名誉のためにその被害実態を赤裸々には証言できないのも極めて普通。
それをそのクソッタレのクソッタレ弁護士どもが利用したことだけは明白。
おかげで、クソッタレの両親も、そのコミュニティから穴があったら入りたいと逃げ出すこともないし、そのコミュニティもこんなクソッタレのような極悪少年性愛犯罪者の存在も知るヨシもナシ。
それを的確に証明するのが、この少年性愛犯罪者の偽装のために、獄中結婚したこのうえなく奇特な何をお考えか全くわからない現在被害カップルと同じ中学生の連れ子あるオンナ。
同じく姓を替えるために養子縁組した懲役囚仲間。
どちらも金のためか、クソッタレ弁護士どもや両親からの依頼なのだろうが、実に狡猾。
どちらにしても、クソッタレの蛮行の詳細をきちんとあからさまにしておけば、この不快な事件は寝屋川では起きなかったのでは?
もっとも、そうだとしても、他の地域で起きただけかもしれないが…。
でも、東仙坊、このクソッタレ、何が何でも地元寝屋川での蛮行にこだわったはずと確信しているところもあるが、それはここではガマン。
ところで、テンダービーの遺体は発見されないに違いないと感じていたので、かなり意外だった。
それも、自ら発見されないことに業を煮やしたのか、クソッタレ自身が捜査員たちを案内したというから、フーンとどこか納得させられてもいた。
そのくらいテンダービーに一目惚れしていたうえ、愛着があったからに他ならない。
おそらくその大阪府柏原市の彼の黄色のクロックスが発見された竹林の奥にあった遺体を、手前の畑に移動したはず。
その畑の所有者の女性が、「8月20日午後3時~午後5時までは畑に行っていたが、何もオカシなことはなかった」と証言しているのだから、間違いない。
それはそうだと思わないか?
出所後、神奈川県内にある除染作業員派遣会社と3ヵ月契約。
昨年11月ごろから、フクシマノブイリ除染作業員として福島県川俣町山木屋地区などで除染作業に従事。
実際、事件後の8月17~19日までも福島で仕事。
テンダービーの遺棄現場に戻らなければ、発見は相当遅れたのでは?
そこで、とりあえずクソッタレのサイコパス的行動をfacebookとメールや言動でチェック。
①7月2日、facebook、「宿舎でチョットやらかしてしまい、それが原因で先週の土曜日に退職届を提出してきました。何があっても2年は福島で復興の仕事をすると決めてた。とりあえず早よ仕事と宿舎見つけて盆休みには胸張って大阪に帰れるようにします。6月に福島県南相馬市で交通事故を起こし車を壊したので、グレーの軽ワゴン車を全財産を使って先週車を購入した」。
②7月3日、facebook、「仕事のメドが少しついたので、今日から7月15日まで大阪に帰省」。
③7月5日、facebook、母校の枚方市内の中学校を訪れ(?)、「我が母校!!超久しぶりに立ち寄った。卒業してからメッチャ波瀾万丈の人生を歩んできたオレ!!。当時のオレはこんな人生になるとは夢にも思わなかったはず。どこで間違ったんだろう」。
④8月8日、facebook、福島市で花火大会し、8月12日~16日まで夏休み。
⑤8月11日、facebook、「いつも福島から帰ってきたら寄る久御山のセルフのスタンド!!」と、自分のグレーの軽ワゴン車の写真を投稿。
⑥8月11日午後3時21分、facebook、京都府内で撮影されたとみられる写真を掲載。
⑦8月11日午後6時29分、facebook、自宅近くの京阪香里園駅の写真とともに、「やっぱ、地元最高です!!帰ってきたなぁって感じ!!」
⑧8月13日午前11時25分、養父の50代知人女性(?)に、大阪刑務所の外観写真とともに「面会に行ってきました」とLINEで送信。
⑨8月13日午後2時55分、1ヵ月前から住む福島県二本松市の寮の同僚に、絵文字だけのメール。
⑩8月13日午後9時、養父の50代知人女性(?)の夫に、「知人と面会したが、顔を見ただけですぐに帰ってきた(5秒)」と電話。
⑪8月14日午前11時37分、facebook、大阪・通天閣の写真とともに、「暑~!!早ければ今夜にでも大阪出発するので最後の大阪を満喫!!」。
⑫8月14日、大阪の知人(?)に、「大変なことをしてもうた」と電話。「大変なことって何したん」と質問され、無言。
⑬8月15日午後8時59分、facebook、千葉県幕張のカレー店で、カレーの写真とともに、「今日はスタミナポークカレー!! やはり期待を裏切らない美味さ!!」。
⑭8月16日、大阪の知人(?)と大阪で会話。
「覚醒剤手に入らんか」、「もう帰ってこられへん」、「やばいことしてもうた」と言うから、「何をやばいことしたん?」と訊いてが何も言わず、本人が運転する車に乗ると、「窓を開けたり閉めたりして、後ろを気にするような感じ。慌ててミラーと自分の首で後ろ確認していました、いろいろと」と証言。
そして、再び8月20~21日の休暇を取って、帰阪。その後、すぐ8月22日も休むと連絡。
どうだろう?
サイコパス的理不尽がいっぱいでは?
そこで、クソッタレを知る人たちの証言にフォーカス。
①勤務先の同僚男性、「ヤツはロリコン(?)。本人に聞いたことがあるから」。
②20年来の知人女性は、「あの子は若い男の子に興味があるんです、あの子。今回もたぶんね。男の子、カワイイでしょ。今回の子も。男の子にあれしたつもりが、一緒に女の子がいて、極端に言って、女の子は邪魔者という、あれやったん違いますかね
そして、その女性に宛てた3通11枚の便箋の手紙。
素読みして感じたことは、そのひらがなの「し」の異常な長さと曲線の違和感。
それは、まるでziziのよう…。
それと、その実の娘ではない我が子を通しての少年への思いと、次ぎには絶対捕まらないと犯罪研究しているニュアンス。
ボランティアで子どもたちの世話がしたいとは、開いた口が塞がらなかったほど。
③8月17日~19日の間に事件に関するテレビ報道をクソッタレと一緒に観ていた勤務先の同僚、「住んでいるところの近くだと言っていました。犯行は、もしかしたら一緒にいた男の子が見つかっていなかったので、『もしかしたらその子の犯行かもしれない』というようなことは言っていました」。
とにもかくにも、メズラシク大阪府警よくやったと驚きながらも、発見されたテンダービーの遺体に、東仙坊、メチャクチャ着目。
司法解剖の結果、グリーンカラバオと同じ8月13日ごろに殺害されたと推定されたことに、ほんの少しホッ。
頭を北に向け左半身を下にして横たわった状態で、顔と手には粘着テープが巻かれ、両手が前に縛られていた(?)というから、何が何でもその厳密な状態が知りたくて、いろいろチェックしても口惜しいことにわからずじまい。
一部が白骨化し死因が特定できないほど遺体の傷みが激しかったというから仕方がないのかもしれないが、どこかわざと曖昧にしている感じがして、残念。
そうなると、最も知りたかったテンダービーの遺体に切り傷や打撲痕など外傷の跡があったかどうかも絶望的かと思っていたら、やっと目立った外傷はなかったとの情報を見つけ、どうにかすべてが納得…。
このクソッタレ、グリーンカラバオの連れ去りは認めているものの、「女の子に声をかけたとき、助手席に同乗者のオトコがいた。私の知らない間に死んでいて、オトコが死体を遺棄した」と容疑を否認しているのでは?
東仙坊、どうせ誰も言わないから誤解を恐れず言わざるを得ない。
グリーンカラバオの家出にナイトを演じた心やさしいテンダービー、そのグリーンカラバオとナイトらしく一緒に死ねてせめてもの幸いだったはず。
なぜなら、この鬼畜のクソッタレ、テンダービーを刃物で脅かし何度も何度もグリーンカラバオの目の前で我がモノにイタぶったうえ、こともあろうにグリーンカラバオのカラダを刃物で傷つけさせたはず。
そのとき、テンダービーは人間として最悪の屈辱感と悔悟を生き地獄をイヤと言うほど味合わさせられたはず。それを背負ってのうのうと生きていけるような人間などこの世に1人もいないと思うが、どうだろう?
どうあれ、今後、この手の本格的サイコパス的「Pervert(パーバート:性的倒錯者)」、「shokotan・pederasty・criminal(ショコタン・ペデラスティ・クリミナル:少年性愛犯罪者)」には、大甘の日本人が大好きな着ぐるみでも着せることを義務づけるべきなのでは?

If they take first priority and give off only the privacy of the sex offender in the field, such a barbaric acts only increase steadily(性犯罪者のプライバシーだけを優先し野に放てば、どんどんこのような蛮行は増えるだけ)!





profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード