Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

ああ日本砂漠-123 ストリップで死ぬヤングレディと殺されストリップされられるヤングレディ!?

What is the reason that wanna become naked though a young lady commits suicide(ヤングレディが自殺をするのに全裸になりたがる理由は、何)?

東仙坊、かねてより未成年者の自殺をマスメディアが絶対に取り上げてはいけないと確信している。
いかなる理由がそこにあろうと、マスメディアが取り上げるからこそ、自分もそうされてほんの一瞬でもスポットライトの真ん中に立ちたいと自己顕示欲丸出しにマネをする幼稚なアンポンタンキッズが後を絶たないと確信してもいる。
そう、甘い誘惑に近い自殺の「Copy Cat(コピーキャット)」ならぬ「Copy Pussy(コピーニャンニャン)」になるタワケキッズがたくさん。
そこで、ふと思ったことは、それって簡単に人をレイプするクソッタレの感覚に近いのでは?ということ。
たった1つの自分の人生での絶対真実である自分の死をジコチュウにゲーム感覚で弄ぶこと、それが自殺なのでは?
その意味で、自殺者もレイピストも紙一重といっても過言ではいと思うが、どうだろう?
子猫の「Pussy(ニャンニャン)」に「Pussy」のもう一つの意味があるのも偶然ではないのでは?
えっ、だったら何で自殺者を取り上げないのに、レイピストを取り上げ声高に糾弾するのか?って?
それは、レイプがどこまでもバーチャルで一方的な業と欲望に基づく自己満足でしかなく、その後にイヤというほど後悔させられるが、自殺はその後悔をさせられないから無意味なだけ。
どうあれ、モラル完全崩壊社会の我が国に限らず、市場原理主義に冒されたジコチュウだらけ世界中で、ジコチュウ剥き出しのレイプ犯罪が一向に止まない。
9月25日、ロサンゼルス・タイムズは、「サウジアラビアの王子がビバリーヒルズの邸宅で女性たちに相次ぎ性的暴行を加えていた疑いがある」と報道。
9月23日、このバカ王子、被害女性の1人に対する不法監禁、性的暴行、脅迫などで逮捕されたが、LAPDは、「王子に襲われたと訴える被害者が他にも複数いる」と発表。
ロサンゼルス郡裁判所に、すでに3人の女性から訴えが届けられていて、9月21~23日に連続して蛮行に及んでいた模様とか。
このバカ王子は、20代後半のマジド・アブドラジズ・アルサウド。
9月23日、「血まみれの女性が助けを求めて叫びながら、邸宅の塀を乗り越えて逃げようとしている」と近隣住民が警察に通報したことで発覚したとか。
もっとも、このバカ王子、翌9月24日、30万ドル(約3600万円)を支払って保釈されているというから、何をかいわんや。 
9月8日、インド・NDTVは、「首都ニューデリー近郊にあるサウジアラビア外交官自宅で、ネパール人女性2人が監禁され、繰り返し暴行を受けていた」と報道。
何でも、地元警察は婦女暴行などで捜査を開始したとか。
被害者は20代と50代の女性で、家政婦として雇われ、サウジアラビアから連れてこられた後、ニューデリー近郊の町グルガオンの自宅で数ヵ月にわたり監禁され、暴行を受けたとか。
新しく雇われた家政婦が、女性2人の状況を見て逃げ出し、NPO団体に通報
NPO団体から連絡を受けた警察が2人を保護したとか。
被害女性の1人は、NDTVに対し、「食べ物も与えられず、逃げようとすると暴行を受け、レイプされた」と話しているとか。
どうだろう?
レイプ大国インドも真っ青のサウジアラビアということ?
では、我が国では?
相変らず経済最優先の歪みで、本来の美しい心はいずこにか消え去ってしまったかのご様子…。
そんななか、東仙坊、ついにここまできたか…と率直に滅入るヤングレディの不可解な自殺(?)、またかよ…と心の底から憤慨するヤングレディの他殺が、ほぼ同時に発生して、まるで今の気候のようにメチャクチャ不快。
本当にこの国の将来は一体どうなるのか?

■兵庫県姫路市27歳女性会社員自殺事件(?)

●現時点で知り得る限りの事件(?)の時系列的概要

①9月21日午後5時15分ごろ、兵庫県姫路市花田町高木の歩道脇側溝に、20~30代とみられるヤングレディが全裸の状態であおむけに倒れているのを、犬の散歩で通りかかった団体職員男性(34歳)が発見し、「側溝で人が倒れている」と110番。
兵庫県警姫路署員と消防庁レスキュー隊が駆けつけたが、その場で死亡を確認。
現場は、JR姫路駅北東約3㎞の中小企業の工場などが立ち並ぶ地域で、シルバーウィーク連休中で凄くヒッソリ。
また、側溝は幅約50㎝、深さ約60㎝で、水は溜まっていなかったとか。
そして、現場から約300m南の県道上に、女性が着用していたとみられる黒のTシャツ、ジャージーのズボン、下着などが散乱(???)。
側溝から数十m離れたところにサンダル、女性のモノと思える軽乗用車。
それから、車の鍵と彼女の免許証を車内で発見。
さらに、女性の遺体には、右脇腹や右腕などに擦り傷があるものの刃物による外傷や殴られたような跡も首を絞められたような跡もナシ。
そして、腐食もナシ。
②兵庫県警姫路署が紹介を始めると、9月21日午後、兵庫県姫路市城見台に住む、ヤングレディ(?)から、「同居する妹が午前3時に帯電話や財布を持たずに自分の車で出て行ったまま帰ってこない」と同署に行方不明者届が提出されていることを確認。
そこで、姉に遺体確認を依頼すると、彼女の妹であることが判明。
③司法解剖の結果、死因は腹部を強く打ったことによる肝臓や腎臓などの内臓破裂による体内出血での失血死。
そして、肋骨なども折れていたとか。
また、死亡推定時刻は、9月21日午前4時ごろ。
そのうえで、姉が、「妹はここ数日、精神的に不安定だった」と証言。
④兵庫県警姫路署は、現場の状況から、遺書は見つかっていないものの側溝の西側にある工場の高さ約5mの外階段から飛び降り自殺(?)と判断しているご様子。
東仙坊、現場を地図でググりながら、「姫路城…秘め事嬢? 悲鳴事情? 姫事情?」、「京口駅…凶行駅?」、「市川…一か八か?」と、かなり困惑。
そして、なぜ27歳の妙齢な女性が海でではなく、ビルの上からでもなく、中小工場街でのストリップ・ジャンプなのか?とシミジミ。
もちろん、本当はストリッパーになりたかった…というワケではあるまい。
彼氏がなかなか肉体関係になってくれなかったことへの逆恨みか?
家族がその貞操観念に対し細かくあれこれとウルサかったことへの反抗か?
どうあれ、抑圧され切ったリピドーが急激に爆発したことだけは確かなのでは?

■東京都小平市24歳看護師絞殺事件

●現時点で知り得る限りの事件(?)の時系列的概要

①9月25日午後9時55分ごろ、東京都小平市天神町の瀟洒な(?)マンションの1室で、この部屋に住む、24歳看護師女性が死亡しているのを警視庁小平署員が発見。
何でも、9月25日午後4時に勤務先の病院で夜勤に入る予定になっていたが出勤してこなかったので上司が部屋を訪れたが応答がないため、近くの警視庁小平署の交番へ連絡。
駆けつけた警視庁小平署員が、バス浴槽内であおむけの状態で全裸で死亡している彼女を発見したとか。
浴槽には水は張られていなく、部屋は施錠され、パジャマなどが居室の床の上にあり、室内に荒らされた形跡はナシ。
現場は、西武新宿線小平駅から南東へ約500m離れた住宅街。
② 司法解剖の結果、首の前側に幅1㎝ほどの圧迫痕があり、死因は首を絞められたことによる窒息死。
死後1~2日が経過しているとも。
③25歳の同居オトコと連絡が取れず、警視庁捜査一課は、その行方を追っているとも。
東仙坊、本当に最近短絡的でジコチュウ極まりない度量のないオトコが増えたとただただ慨嘆…。
もしかして、コヤツ、無職のヒモ?と考えざるを得ない。
どうあれ、そのクソッタレが、このオンナは永遠にオレだけのモノ、誰にも渡さないと絞殺したことだけは確か。
そう、彼女にストリップをさせたのは、犬のマーキングのようなモノ。
おそらく被害ヤングレディー、どうしようも救い難い同居のクソッタレに愛想を尽かし始めていて、もしかしたら医者かなにかともいい関係になり始めていたのかも?
とにもかくにも、一生懸命働く気概を持った女性にとって、箸にも棒にもかからないオトコはやがて単なるお荷物。
それこそ、顔を見るのも、カラダを触られるのもイヤになりってくるモノ。
そして、その手のみっともないオトコに限って、結構、敏感にそれを感じ取るから、最悪な結果が待っているモノ。
それにしても、 自分の意思で自分のライフタイルを持ち必死に生きるヤングレディに限って、どうしようもないオトコに引っかかるのは世の常。
その忙しさやコンセントレーション疲れから、ついついラクな相手を見つけてしまうだけでなく、自分ならこのオトコをなんとかできると過信がちになってしまうからである。
どうあれ、この情けない卑劣な同居オトコ、かねてからこの絞殺を考えていたのは間違いナシ。
無念にも東京新宿で絞殺され全裸にされた25歳女性劇団員兼居酒屋アルバイト女性のこと、熊谷市石原でナカダルデナ・バイロン・ジョナタンに刺殺された独り暮らしの84歳女性のことを意識していたのでは? 

さて、この自ら死を選択した27歳のヤングレディと同居オトコに殺害された24歳のヤングレディとの共通点は、死ぬ歳にストリップをやったことと死んだ後にストリップをやらされたということ。
どうだろう?
我が日本人の心の中にあったはずの大切な何かが間違いなく喪失されていると思うのは、東仙坊だけではないと思うが…。

The feeling of the motherfucker who kills the young lady lover, and makes complete nudity must be only one(ヤングレディの恋人を殺害して全裸にするオトコの気持ちは、たった一つ)!






















profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード