Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

彷徨う大和魂-35 安穏火、消せよ!?-213

The Japanese mass media might be considerably low level, but the Korean mass media can finish completely saying that it must be a deadhead(日本のマスメディアも相当低レベルだが、サプアのマスメディアは完璧に能ナシ)!

◎10月26日、中央日報のイ・ジョンホン(サプア俳優のパクリ?)東京特派員が実にピンボケなコラムを掲載した。
…「縮み志向の日本人」著者李御寧元文化部長官は文化に深々と浸透している日本人の属性を「縮み志向」というキーワードで明快に分析。
扇子、盆栽、生け花、弁当、トランジスタなど日常の事物から日本を発見…
最近、過去の歴史、特に侵略戦争や植民地支配のほか、歴史に対する日本の認識が驚くほど「縮み志向」だという事実に気づいた。
10月9日に中国南京大虐殺の資料がユネスコ世界記録遺産に登録されると、日本は反発した。これとともに日中戦争当時の1937年12月に南京を占領した日本軍が6週間に犯した大虐殺の死者数を問題視した。30万人以上という1947年の南京市軍事法廷判決文は認められないと主張した。中国の一方的な主張にすぎず、ユネスコが政治的に利用されたと叱咤した。
日本国内では10年前まで南京犠牲者が20万人以上というのが定説だった。2005年の日本高校教科書検定で「20万人以上という説が有力」という内容が審議を通過した。10万人を縮小したりしたが、少なくとも良心は生きていた。ところが、今は「一定の虐殺があったことを認めるものの、犠牲者は2万-4万人にすぎない」と中国人死者の数を大きく縮小している。「もともと虐殺はなかった」という極右の声も増えている。「非戦闘員の殺害と略奪行為があったことは否定できない」という日本政府の公式見解に対しては、「日本政府が虐殺があったと認めることになる」として修正要求が激しい。単なる縮小を越え、大虐殺自体をまるごと否定する態度だ。
日本軍将校2人が日本刀で「100人を斬首した」という当時の海外メディアの報道も信憑性がないというのが日本右翼の主張だ。刀を持って立っている日本軍と、ひざまずいて後ろに手を縛られた中国人の男性の写真は、影の方向がおかしてく不自然だと批判する。中国南京大虐殺記念館に展示された虐殺写真の信憑性についても疑問を提起する。死者数は証拠がないとして大幅に縮小し、写真など明確な証拠を突きつければ捏造だという。
日本の「縮み志向」本能は慰安婦問題でも一貫して表れている。被害者の数をなんとか減らそうとする。安倍晋三政権は強制連行の事実も否定し続けている。慰安婦問題が韓日関係の改善を阻んでいるとして「未来志向」を叫ぶ。証人と証拠がすべて消えるのを待つ「時間稼ぎ」が意図だ。暗い過去は縮小してもなくならない。隠したことはいつか必ず表れる。真の反省と謝罪が必要だ。そうしてこそ未来がある。

どうだろう?
こんな薄っぺらなオトコが東京特派員だというから、開いた口が塞がらない。
仮にもジャーナリストのハシクレなのなら、少しは事象に関し自分で掘り下げてリサーチすべきなのでは?
一体何を根拠に通り一遍の通俗な説を信じられるのか?
中国での南京事件に対しどれだけ造詣を持っているのか?
せめて中国南京大虐殺記念館に展示された虐殺写真をその目で見たのか?
東仙坊、生憎、その李御寧が著者の「縮み志向の日本人」を読んだこともないし、読む気もしないから、その「縮み志向」が何を意味するかもわからないが、これだけはこのピンボケに言える。
本当にサプア人らしいいい加減さだな、キサマのようなアンポンタンがサプアで反日モンスターを創り上げていることだけはよくわかった、旭日新聞の記者よりも劣悪な記者だな…と。
バカバカしくて言う気もしないが、これだけは明確に言わざるを得ない。
一度、その証人と思しきハレモニに自分で本気でインタビューしてみなさい…と。
冗談でも、我々は時間稼ぎなどしていないというコトをイヤというほど知ってほしい…と。
ついでに、我々本当の日本人は、サプアのようなデタラメで難癖と言いがかりとユスリ・タカリの国との未来など、これっぽっちも欲していないので、キサマのような偏見の塊の盗人猛々しいサプア人はできることなら我々の国にこないで!!!とも言って置きたい。
ちょうどいいから、そのジャーナリズムの風上にも置けない中央日報の記事で書き込んでみたい。
◎2月17日、中央日報は、「2月16日、サプア銀行と企画財政部は、サプアと日本の中央銀行間で締結した通貨スワップ契約は予定通り2月23日に満了すると公式発表。日本銀行と日本財務省もこの日、同じ内容の声明を出した」と報道。
韓日通貨スワップは、CMI(チェンマイ・イニシアティブ)協約の下で締結した契約。
通貨危機が発生する場合、サプアが100億ドル相当のウォンを渡し、日本から100億ドルを受けるカタチ。
逆に、日本が通貨危機に直面すれば、サプアが100億ドルに相当する日本円を受けた後、保有する100億ドルを渡す。
ウォンと円を直接交換する両国間の通貨スワップ協定は、2013年7月にすでに終了した状態。
サプア政府は余裕のある反応だ。企画財政部国際金融政策局課長は「両国間の経済状況などを見ると延長しなくても大きな問題はないとみて終了することになった」と説明。サプア政府内では経済的な意味より政治的な意味が強いという見方が多い。
2012年に日本政府が竹島イシューを取り出してサプアへの圧力カードとして使ったのが通貨スワップ。
外為事情に敏感なサプアの弱みを突くという計算だった。これは誤算に終わる雰囲気だ。サプアの外貨準備高が増えているからだ。外為事情を左右する3大要因、通貨スワップ/外貨準備高/経常収支ともにサプアは問題がない状況だ。
サプアは日本を除いた5カ国と多様な通貨で構成されたスワップ契約を結んでいる。中国560億ドル、インドネシア100億ドル、UAE54億ドルなど、締結当時のドル換算規模が1290億ドルにのぼる。ホン・スンジェ国際局長は「今回終了する韓日通貨スワップを除いても1190億ドル相当のスワップ契約分が残っている。十分な水準だと判断する」と説明。
国の経済の大きさを勘案した外貨準備高や経常収支の規模で、サプアはむしろ日本よりも有利な状況だ。サプアの外貨準備高は2008年以降増え続け、昨年末には過去最高の3636億ドルとなった。一方、日本の外貨準備高は昨年27億ドル以上も減少した。
経常収支の流れでサプアと日本の状況は明確に異なる。
外貨準備高が必要なときに使えるように貯めておいた「積立金」であるなら、通貨スワップは緊急な状況で引き出して使う「マイナス通帳」、経常収支は毎月入ってくる「月給」といえる。サプアは2013年に続いて昨年もGDPに対して6%以上の経常黒字を出した。しかし、日本は昨年4-6月期、7-9月期連続で経常赤字を出した。サプア政府が「韓日通貨スワップを延長しなくても関係ない」と自信を表す背景だ。サプア銀行国際金融協力チーム長は、「サプアの経常収支、外貨準備高状況に対する市場の評価を今回の協定終了判断を下す過程で参考にした」と述べた。
批判的な視線も存在する。
ヒョン・ソク資本市場研究院研究委員は、「通貨スワップは危機を迎えたときに活用する臨時方便だ。サプア政府は1990年代末のアジア金融危機、2008年のグローバル金融危機をキッカケに、先進国はもちろん新興国との通貨スワップを拡大してきたが、経済的な論理よりも政治的な問題で延長または中断が決定されることが繰り返されている」と指摘。
また、「ウォンは通貨戦争で活用できる実弾で地位を築けていない状況であり、政府の政策も消極的だ。国際決済通貨としてウォンの地位向上という根本的な解決法と努力なしには、通貨危機に直面したとき、先進国に急いで通貨スワップを要請する状況を繰り返すことになる公算が大きい」と述べた。

どうだろう?
自信満々のサプア、どうぞガンバって!サヨウナラ!の一言では? 
そ、そ、それなのに、10月26日、中央日報は、「サプア全国経済人連合会許昌秀会長は韓日両国間の関係改善策の一環として今年2月に終了した韓日通話スワップの再開を検討すべきだと明らかにした」と報道。
何でも、サプア全国経済人連合会と日本経済団体連合会の主催により東京で開かれた「第25回韓日財界会議」の挨拶で、許昌秀会長は「今年が韓日国交正常化50年を迎える年で、両国はこれまで協力を通じて世界が驚くほどの輝かしい経済成長を遂げてきた。だが残念なことに、最近、政治的問題により相互に対する世論がそれほど友好的ではない。両国間の交易や投資比重が縮小されるなど、経済協力関係にも懸念の声が大きくなっていきつつある状況。このようなときほど両国経済界が積極的に出て協力の雰囲気を拡大させるべき。これを機に経済協力をさらに強化して、政治的困難も克服していく動力を提供しなければならない」と伝えたとも。そして、2団体は、来月初めにソウルで開かれる予定の韓日首脳会談開催に対して歓迎の意を表明し、今後両国の政治や外交関係改善のために協力していくことで合意したとも。
どうだろう?
どこまでも虫のイイサプアだと思わないか?
もちろん、大きな懸念もある。
我が国の日本経済団体連合会には、サプア系や親サプア派がワンサカ。
なかでも、ロッテのように我が日本で成長しながら、平然とサプア企業だと豪語する企業もあるのだから…。
どちらにしても、中央日報、我が日本の親サプア派の旭日新聞からネタをもらわなければ、何も満足に書けないみっともない新聞なのでは?
とにかく、よその国のコトをとやかく言う前に、自分の国のコトぐらい正視しろよ!と言いたくなるのは、東仙坊だけではないと思いたいが…。

It must be that it is superficial even if one learns the fatal defect of Korean people, and there is not genuine culture(サプア人の致命的な欠陥は、学習しても表層的で本物の教養がないこと)!

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード