Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

彷徨う大和魂-35 安穏火、消せよ!?-214

We are just just surprised by the barbaric courage that Prime Minister Shinzo Abe goes alone to the place where China and Korea are ready for(安倍晋三首相が中韓が手ぐすね引いているところへ1人で行く蛮勇にただただ驚かされるばかり)!

COP21(Conference Of the Parties(気候変動枠組条約締約国会議)開催前に、OECDは、10月20日、各国が新たに表明した温室効果ガス排出削減目標を達成したとしても、2040年ごろには累積排出量が気温上昇を2℃未満に抑えるのに必要とされる上限値を上回るとの報告書を発表したせいなのか?
そして、「気温上昇を2℃以内に抑えるためには、世界全体の排出量を2050年までに10年比で40~70%削減し、今世紀末までにゼロかそれ以下にする必要がある。現在の傾向が続けば、気温上昇幅は2℃を大幅に上回り、今世紀以降生態系に深刻かつ不可逆的な影響を及ぼして人間への健康影響を及ぼすリスクが増大する」と警告したせいなのか。
初夏に続いてまたテキサスで信じ難いほどの大洪水が発生しているだけでなく、あの砂漠地帯の中東まで大洪水に見舞われているというから、ハンパじゃない。
そんななか、サプアでは、連日、お嬢さん大統領が、時刻を日本と錯覚したのか、「サプアの中学、高校の歴史教科書に左派傾向で北朝鮮に融和的なものがあるので、教科書を国定化する歴史教育の正常化は当然の課題であり、我々の世代の使命だ。教科書国定化に歴史歪曲や美化ではないかとの憂慮があるが、そんな教科書は絶対に座視しない。歴史を正しく受け入れることが政争の具になってはならない」と断言したせいで、国中がお得意のデモでグジャグジャ。
そこへ、なぜかノコノコと我らが安倍晋三首相はお出かけ。
まあ、サプアと稼ぐ国内の親サプア派やサプア系の突き上げが強まったのだろうが、なぜ今や風見鶏やコウモリというよりも、単にもともとの中国のチンピラに戻ったサプアとなぜつき合う必要があるのか?
勘弁してよ、安倍晋三首相とドキドキ。
それはそうだと思わないか?
これだけ異常な反日で日本を貶めておいて、どの面下げて我が国にまだ甘えようというの?
実際、何かに憑りつかれたサイコパスのごとき更年期障害大統領、口を開けば、 「慰安婦問題が進展するならば、意味のある首脳会談になるでしょう。今年中に解決すべき」とそればかりなのでは?
まさかその前提条件を呑んだのではあるまいな?
もちろん、経済・外交の両面で、サプアが徳俵に足のかかった状態であることは、誰もが承知だが…。
どちらにしても、あえて火中のクリを拾いに行くこともないと思うが、どうだろう?
実際、その日中韓外相会談、そして、日韓首脳会談を前に、10月28日、中韓の市民団体が協力して設置した新たな慰安婦像の除幕式がソウルで開催されているのでは?
いくら性労働者の国だからといって、慰安婦像が26体だなんて、少しは恥ずかしく感じるべきなのでは?
それだけじゃない。
10月30日、ソウルの日本大使館前で、「従軍慰安婦問題解決を求める市民団体(?)」が抗議活動を行い、今やゾンビ化した元慰安婦に、「安倍晋三は公式に謝罪し、法的賠償しろ。それを話し合うためにくるべきです」と言わせているのでは?
クワバラ、クワバラ。
触らぬ神に崇りなしだと思わないか?
どうあれ、せいぜいサプアの思惑は、訪韓日本人数が2012年352万人とピークだったのに、2014年228万人(まだ多過ぎ?)。
逆に、来日サプア人数は、2014年前年比12.2%増の275万5300人と史上最高(なぜ???)。
サプア外務省傘下研究機関「国立外交院」が外交・安全保障の専門家やジャーナリスト計500人を調査したところ、「日本との関係改善が必要だ」と答えた割合は88%。
就職難のサプアのヤング、何だかんだアヤをつけながらも、サプア人天国の日本で働きたいのが本音なのでは?
それはそうだと思わないか?
もはやサプアには言論の自由がないばかりか、法治国家でもなくなってしまったのだから。
産経新聞持元支局長に名誉棄損で懲役1年6ヵ月の求刑報道に、USAのnetユーザーがコメントしている通り。
「サプア政府は中国の後に続いて行っているじゃないか!」
「さよなら、サプア。泥船に乗って沈んで行くんだな」
「虚偽の報道で懲役だって? その記者と新聞社に謝罪を要求するので十分だと思う」
「うーん、懲役1年6カ月? パパラッチをサプアに送り込もう」

そ、そ、そうしたら、もう、歴史認識問題に関し、3月の日中韓外相会談共同報道発表で謳った「歴史を直視し、未来に向かうとの精神」という趣旨の文言を明記する調整をしているという話が出てきて、唖然呆然。
即座に、安倍晋三首相は帰国すべきと言いたいのは、東仙坊だけではあるまい。
思わず、お嬢さん大統領、「過去の問題でこれ以上お互いに傷つけ合い、物議を醸すことがないよう心から希望する。慰安婦問題は両国の枠を超えた普遍的な女性の人権問題だ。両国民の傷であり、胸の痛む問題だ。この問題を解決することでお互いに傷口をさらに広げることがないようにしたい」とも言っていたのは、何?と訊きたくならないか?
ともあれ、ここは、次の報道に対する、サプアのnetユーザーのコメントに耳を傾けたい。
◎10月29日、聯合ニュースは、「国連総会で人権理事会(47ヵ国)の理事国改選選挙が行われ、サプアが再選」と報道。
サプア外交部は、10月28日、ニューヨークの国連本部で行われた人権理事会の理事国改選選挙で、サプアが2016~2018年の理事国に選出と発表。
選挙では毎年、約3分の1が改選され、今年は5地域18ヵ国が対象。
サプアは、2006~2008年、2008~2011年、2013~1205年、理事国。
アジア・太平洋枠からは、サプアのほかにUAE、フィリピン、モンゴル、キルギスが選出。
「人権の意味を知っている国が理事国を務めるべき」
「独裁国家への回帰を夢見るサプアが? 恥をかく前に資格を返上して」
「サプアは国民を奴隷のように扱う国なのに…」

「人権理事会の理事国に選ばれるのもスバらしいことだが、それよりも日本の安保理非常任理事国入りを防いでくれ。何度も選ばれている…」
「サプアに人権を語る資格があるのか?」
「サプアはいつも他国の人権を重要視し、自国の人権は眼中にもない」
「完全にコメディーだ。サプアの人権は北朝鮮と同じレベル」
「確かに、サプアは加害者の人権を守ることは徹底している。被害者の人権は無視するけど…」

どうだろう?
東仙坊、サプアのヤングが日本の経済難民になりたがっているという理由が見えてこないか?
今回は、メイン・サブジェクトは、今や中国に牛耳られた感のある、創設70周年を迎えた国連。
何しろ、世界を暴力とハッタリで自分たちの意のままに動かそうとする黒社会国家丸出しの中国の手先機関。
なぜ、サプア人潘基文を中国が喜んで事務総長に受け入れたのか?
もちろん、それはコヤツが最もふさわしく人物で最も強いリーダーになると期待したからではない。
狡猾な中国は、その情報戦からコヤツの野望を早くから察知していた。  
コヤツが強いモノに巻かれるイエスマンであるとも見抜いていた。
そうでなくても、日本領土の竹島を軍事占領する反日志向の強いサプアの外交官であり、日本の国連安保理常任理事国入りにも激しく反対していたサプア官僚であることを熟知していた。
まさに、中国からすれが一石二鳥の適材だった。
そうでなくても、過去70年間、常任理事国5ヵ国は、事務総長の役割や望ましいリーダー像については、いつも不一致だった。
その不一致から、常任理事国5ヵ国は、各国にとっての「望ましい候補」をお互いが拒否権を使って弾き合うだけだった。
そう、国連事務総長の選定は、各国にとって「最も嫌ではない」候補が選ばれるまで拒否権を使い続け合うものだった。
それゆえ、歴代の国連事務総長は、全員中立や非同盟の国の出身だった。
そ、そ、それなのに、分断国家の北朝鮮と戦争状態であるうえ、USAと軍事同盟を結ぶサプア人が選ばれたのか?
それは、コヤツが自分たちの思い通りに操れるアホだ、「強い事務総長ではなく、よく指図を聞き、自分たちの秘書になる弱い事務総長だ」と米中ともにほくそ笑んだからに他ならない。
事実、国連の重要ポストは米中の意のまま。
その結果、世界中で国連無用論がまかり通るほどの国連のテイタラク。
今や冷戦時代に劣らないほど世界各地で内戦が発生し、残酷な人権侵害が生じているのに、国連はただの能ナシ。
親サプア派のニューヨーク・タイムズまでが、「国連安保理は凝り固まっている」、「平和を守れない国連」、「何もできない植物状態の国連」と批判されるほど。
世界一のお人好し国家の我が国のマスメディアも、ようやく最近、「潘基文国連事務総長 薄い存在感」、「指導力不足 側近嘆く」とその不適格、能力不足を伝えたほど。
現実には、それで終わっていないところが、劣悪。
日本に対して不公正な非難の言動をするは、反日のための中国の「抗日戦争勝利70年記念」軍事パレードへの出席するは、逸脱行動ばかり。
これもそれも、我が国の政府の外交下手と外務省の無能が原因。
そもそも、コヤツを懸命に推したのは、我が日本。
それなのに、いまだに、常任理事国を目指すとか寝惚けたことを言っているだけのトンチンカン。
それは、インドネシアやインドで中国と正攻法で鉄道競争をしているのを見ても、如実。
安全のコトすら満足に追及しない国々で声高に安全性をプロパガンダして何になるの?
もっとも、今度の杭打ち偽装でそれも終わりだけど。
もはや、その外交下手は救いようのないDNA的欠陥かも…。
フィリピンが申し立てていた南シナ海の領有権紛争をめぐる国連海洋法条約に基づく仲裁裁判を、領有権紛争に関する管轄権はないとの拒絶する中国のクビに誰が縄をつけられるの?
国連などもっと中国の言いなりなのでは?
その意味では、常任理事国入りが事実上難しいサプアのように、非常任理事国任期を延長し、権限を強化を要求した方がまだ賢明では?
まあ、個人的には、無用の長物の金喰い虫の国連など今すぐ脱退すべきだと確信しているが…。
そこで、事務総長公邸をサプア物産展にし、創設70年の国連本部でのコンサートにサプア楽団を招待したサプア人事務総長が仕切る国連。
その国連人権理事会理事国改選選挙と「行動規範」について、もう一言。
まず、国連人権理事会理事国がいかにいい加減かを証明するのが、民主的な反政府デモを弾圧しているベネズエラが選出されたこと。
何でも、ラテンアメリカ枠3ヵ国から、ベネズエラ、エクアドル、パナマ、バハマの4ヵ国が立候補したのに、今年1月から2年間の任期で務めている安全保障理事会・非常任理事国の影響力を利用し、ベネズエラが当選にこぎ着けたというから、デタラメ。
次に、加盟国(193ヵ国)の半数以上にあたる104ヵ国が、非人道的な虐殺行為が発生した場合、安全保障理事会に提出された関連決議案に反対しないと誓約する「行動規範」に署名したとか。
常任理事国からはフランスとEUが賛同したもののロシアと中国とUSAは不賛同だったとか。
ちなみに、規範作成を主導したのはリヒテンシュタインなど27ヵ国で作る「ACT」グループ。
規範は、虐殺や戦争犯罪阻止に向けた「説得力ある決議案に誓約国は反対しない」と規定し、発生した「暴力」を「虐殺」と認定するのは事務総長であると規定。
現在の非常任理事国からは、スペインが賛同したほか、2016~2017年非常任理事国を務める日本、ウクライナ、ウルグアイも賛同したうえ、ドイツやイタリアなども賛同。
にもかかわらず、虐殺行為があった場合、常任理事国5ヵ国は拒否権を使うべきでないと提言し、約75ヵ国が賛意を示したのに、中露が拒絶し、USAも慎重姿勢というから、機能不全は当たり前なのでは?
国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウオッチ」が指摘するように、「多くの加盟国が署名したことで虐殺問題の決議案に反対すれば、より多くの『政治コスト』が伴うことになった」となるしか道はないのでは?
本当に役立たずの国連では?

In Japanese Ministry of Foreign Affairs which can't consider the United Nations to be a useless thing, there must be no ability for genuine diplomacy(国連を無用の長物とみなせない日本の外務省には、本物の外交能力など皆無)!

To be continued...




























.



















profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード