Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

心のブラックホール-46 「集団登校児童列突っ込み症候群」による日本沈没-3

Don't only dementia and epilepsy and advanced age think it not to be a cause of theater type indiscriminate terrorism overrunning(認知症やてんかんや高齢だけが、劇場型無差別テロ横行の原因ではない)?

東仙坊、実は、5月にも、ああ日本砂漠-112 集団登校児童列突っ込み症候群による劇場型無差別テロリスト!?と、今回と同じテーマで書き込んでいる。
それから、たった半年でまた書き込む気になるほど、その劇場型無差別テロリストどもは増殖するばかり。
つまり、我が脆弱な政府は、それを喫緊の課題にできず、放置状態なのである。
それゆえ、その手の劇場型無差別テロリストどもは、ISISの手先にもなり下がったかのように、躊躇いもなく卑劣で卑怯な蛮行に手を染めるだけ。
そのせいで、検証プロファイリング  「集団登校児童列突っ込み症候群」検証プロファイリング 続・「集団登校児童列突っ込み症候群」!? 検証プロファイリング 続続・「集団登校児童列突っ込み症候群」!?検証プロファイリング  史上最悪の「集団登校児童列突っ込み症候群」-1ああ日本砂漠-66  間違いなくもはや車は単なる狂気の凶器!? などと、これと同じテーマで何度も何度も取り上げてきたはず。
そして、このたび、フザケロ! いい加減にしろ!と憤怒の念に駆られて書き込む原因に、直接的になったのがこれら…。
●8月16日午後9時35分ごろ、東京都豊島区のJR池袋駅前で、乗用車が歩道に猛スピードで突っ込み、歩行者5人が凄惨に死傷する事故(?)が発生。
死亡したのは、東京都板橋区に住む、秋田県出身で埼玉県川口市内の薬局に勤務する41歳薬剤師女性。
そして、東京都東久留米市の27歳女性、埼玉県和光市の71歳女性が骨盤骨折などの重傷、埼玉県所沢市の37歳女性、千葉県浦安市の25歳男性も頭などを負傷

8月17日、その車を運転していたとして、警視庁池袋署に、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)で現行犯逮捕されたのが、東京都北区王子に住む、医師、金子庄一郎(53歳)。
何でも、コヤツ、日本医科大学卒業で、14年前に父親から継いだ「金子診療所(内科・呼吸器科・循環器科・小児科・胃腸科・消化器科 )」を経営。
と同時に、「金子労働衛生コンサルタント事務所」を運営し、日製紙株式会社/富士ゼロックスプリンティングシステム/日立電子サービス/キリンビジネスなどの企業産業医。
不思議なのは、そのその経営する診療所での診療時間は、木曜と土曜午前中のみ。
そして、その「患者に対する応対が悪いの。難しいこと質問すると、診療やめちゃうの」とか、「見た感じは、大人しい感じですよ。ただ、ちょっとキレることがあるんじゃないかな。原因は何かわからないですけども、患者と言い合いになってしまったという」などとかの不気味な評判。
ともあれ、コヤツ、8月16日午後1時ごろ、車で自宅を出て、横浜市鶴見区の寺に父親の墓参り。
8月16日午後4~5時ごろ、横浜市都筑区や埼玉県所沢市の熱帯魚ショップを回って、帰宅。
再び車で外出し、8月16日午後8時47分、池袋駅東口地下駐車場に駐車。
池袋駅西口近くの行きつけのラーメン店で食事。
そのラーメン店店員、「食べたたのはみそラーメン。特に何か変わったとかはなく、普通に…」。
8月16日午後9時32分、池袋駅東口地下駐車場を出庫。
ポイントは、この後。
この駐車場から駅前の地上に出る際、直進禁止で、右にUターンしかできないレーンだけ。
ところが、いったん停止した後、車を急発進させると、反対車線を横切り、ブレーキを一切かけることなく猛スピード(時速60km以上?)で直進し、約50m先の歩道に乗り上げ、5人を次々と撥ねても暴走を止めず、衣料品店「ZARA」に突っ込んで初めて停車したというから、壮絶。
ちなみに、駅前にいた大勢の歩行者たちの多くの目撃証言。
「全然躊躇せず、ハンドルをこっちに突っ込む気持ちで行ったのかなみたいな」
「減速するどころか、エンジンがうなっているような状態で、突っ込む気満々」
「70~80km/hとか、普通に出ていたと思う。人が撥ねられる音は、鈍い音で『ドン、ドン』と。撥ねられた人は宙を舞う感じで、結構高めに飛んでいきました」
「警察官らに車から引きずり降ろされた際、激しく暴れて抵抗していた」
「警察官の呼びかけに応じず、しばらく車内にとどまっていた」
「足元がおぼつかない様子だった」
「普通に言葉は発していたけど、目がオカシかった」
「ふらついて、ラリっていた感じ」
「かなり暴れていました。『何が悪いんだよ? 捕まえろよ?』みたいなことをずっと言っていました」
では、本人の証言。
「寝不足で一日中運転していた疲れもあり、居眠り運転した。運転する前から眠気を感じていた」
「出庫の際に駐車券を係員に渡したときも眠かった。駐車場を出てスロープを上っているときまでは覚えているが、通りに合流する手前くらいから記憶がない。気づいたらビルにぶつかって停止していた」
「スロープに上ったところまで覚えている。寝不足で一日中運転していた疲れもあり、居眠り運転だと思います」
「きのうまで健康状態に異常はなかった」。
「これまでに交通事故を起こしたことはない。あまり運転しないし、運転が得意でもない」
そして、コヤツの母親、「情けないと、母親として思っています。できるかぎりのことは、させていただきたいと思っています」。
それから、警視庁池袋署、「現場にはブレーキ痕ナシ。酒や薬物は今のところ検出されていない」。

どうだろう?
どこから見ても、典型的な劇場型無差別テロリストなのでは?
す、す、すると、警視庁池袋署のコヤツの自宅捜査から判明したことが、1つ。
持病について「特にない」と答えていたコヤツの自宅から、神経科の病院の診察券や処方された薬を押収。
何でも、日本医科大大学生のときに「てんかん」と診断され、2006年11月からこの主治医の定期診察を月1回受けていて、「薬は毎日飲むように」と指示されていたのに、指示に従わず、この日も薬を服用していなかったとか。
そのために、もしかしたら、意識障害を起こした可能性があるというから、開いた口が塞がらない。
2014年5月、てんかんなど特定の病気の影響で事故を起こした場合、罰則が重い危険運転致死傷罪を適用する自動車運転処罰法が施行され、2014年6月、運転免許の取得や更新の際に病状を虚偽申告した場合に罰則を科す改正道交法も施行されていたはず。
となると、コヤツ、仮にも医者、ますます意図的な劇場型無差別テロリストだったということなのでは?
●8月23日午後5時10分ごろ、神奈川県葉山町一色の県道で、歩道を歩いていた男女12人の海水浴客の列に乗用車が突っ込み、3人が撥ねられる事故(?)が発生。
道路反対側の電柱に衝突しいったん停車した乗用車は、救護措置を取らずそのまま逗子市方面に逃走。
その車にはドライバーの他、3人が乗っていたとか。
現場は、歩道のない片側1車線の直線道路で、12人は一色海岸での海水浴を終え、駐車場に向かって歩いていたとも。
ともあれ、神奈川県横浜市青葉区の女子美術大2年(23歳)が死亡。
神奈川県横須賀市の27歳女性重体、東京都調布市の32歳男性が顔や脚を骨折する重傷

そこで、神奈川県警葉山署が、轢き逃げ事件として捜査を開始すると、約1時間後の8月23日午後6時15分ごろ、ドライバーのオトコが、父親につき添われ「オレが撥ねた。会社をクビになる。逮捕されてしまうと思い逃走した」と出頭してきたので、道交法違反(轢き逃げ)と自動車運転処罰法違反(過失致死傷)で逮捕。
逮捕されたのは、神奈川県葉山町一色に住む、会社員、稲葉竜也(20歳)。
すると、呼気から基準値をはるかに超えるアルコールが検出。
それに対し、一色海岸で真昼間から酒を飲んでドンチャン騒ぎをしていたのに、「自宅に帰ってからビールを飲んだ」と偽証したというから、最低。
間違いなく、コヤツは確信的劇場型無差別テロリスト。
●10月28日午後2時50分ごろ、宮崎市橘通東の県道で、軽乗用車が歩道に乗り上げて約700m走行し、通行人らを次々と撥ね、JR宮崎駅前の交差点近くでひっくり返った状態で停止する事故(?)が発生。
宮崎市堀川町の66歳女性と自転車に乗っていた宮崎市大橋の50代女性の2人が死亡。
宮崎市の17歳高3女子生徒が肺挫傷、東京都大田区の68歳男性も左腕骨折などで重傷。
20歳代女性2人が軽傷。

車を運転していて、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死傷)で逮捕されたのは、鹿児島県日置市東市来町に住む、川内実次(73歳)。
ちなみに、コヤツも外傷性くも膜下出血で緊急入院したが、命に別条はないとか。
現場は宮崎市の中心市街地。
何でも、車は西から東へ宮崎駅方面に通称「高千穂通り(片側2車線)」の歩道に駅前交差点から約700m西にある縁石が低くなっている交差点付近で侵入し暴走。
歩道の幅は街路樹部分を除き約6mでガードレールもナシ。
そして、歩道上に止められた自転車などをなぎ倒しながら、歩行者や自転車に乗っていた人たちを撥ねながら加速し、駅前交差点でひっくり返って止まったとか。
現場は、JR宮崎駅を東西に結ぶ目抜き通り。
すると、コヤツ、「歩道と車道を間違えた」とか、「自分がどこにいるかわからない」と救急隊員に話していたことが判明。
数年前から認知症で治療を受けていて2日前まで入院していたこと、テンカンの持病があることがわかったというのだが…。
そうなると、無念の被害者たちは自爆テロに遭ったのと同じことになるのでは?
●11月2日午後4時前、福岡県みやま市瀬高町の市道の交差点で、軽乗用車が原付きバイクと衝突しながら、逃走する事故(?)が発生。
当て逃げされた原付きバイクのみやま市の高2男子生徒(16歳)は意識不明の重体
福岡県警柳川署は、11月3日、目撃情報などから逃げた車の車種を特定、ドライバーが事故直後にみやま市内の自動車整備工場に車を修理に出していることが判明し、道交法違反(轢き逃げ)と自動車運転処罰法違反(過失傷害)で、緊急逮捕。
その際、「仕方がない」とほざいて逮捕され、「ガードレールにはぶつかったが、バイクにぶつかったかはわからない」と否認しているのは、福岡県みやま市山川町に、家族と同居する、加藤ミトリ(93歳)。
何しろ、コヤツ、日ごろから夕方には1人で買い物に車で出かけたり、幼稚園へ曾孫の送り向かいしたり、畑で野菜や花を作っていて、近所で「レーサー」とか「飛ばし屋」と呼ばれていた暴走ドライバーだったとか。
もちろん、認知症でもナシ。
どうだろう?
東仙坊、改めて何かが変では?と訴えたいのだが…。
このままでは、経済がどうこう言う前に、ISISシンパのテロよりも先に、やがて海面上昇で水没する前に、我が日本は劇場型無差別テロで滅びてしまうのでは?
どちらにしても、車の運転に関しては、あまりにも規制が大甘なのでは?

It must be stupid our Japanese Government which they trust completely when they can anticipate economic growth by keeping selling a car(車を売りまくることで経済成長が見込めると信じ切っている、愚かな我が日本政府)!













profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード