Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

ああ日本砂漠-129 「テロ」も「エロ」も「グロ」も理解できない1億2千万人総見識「ゼロ」社会!?

What does the Japanese go to Paris with the concern of the terrorism for slowly now(日本人は、今、何のためにテロテロとテロの懸念のあるパリに向かうのか)?

日本の幼稚なマスメディアが、相変わらずしたり顔の知性豊かな(?)なお歴々を並べ、「テロ」に対する暴力の連鎖を戒めるかのような報道に徹していて、東仙坊、キツネにつままれた気分だった。
「テロ」、「テロリズム」とは、「政治的に対立する個人または集団に対し、その肉体的抹殺をも含めて、組織的暴力を加える行為。実行者が単独であっても、その動機に一定の政治的主張があればやはりテロリズム。政治的目的を達成するために、暗殺・暴行・粛清・破壊活動など直接的な暴力やその脅威に訴える主義」。
つまり、「問答無用の暴力主義」。
そ、そ、それなのに、その人間味溢れる寛大なお歴々は、二言目には、「テロ組織との政治的な対話が大事」とのたまわれるから、正直、ビックリ仰天。
ましてや、相手はカラダに爆弾を巻いた自爆テロリストなのでは?
ぜひ、それらの崇高なお歴々に、一度自爆テロリストに正々堂々と対峙して、「まあ、落ち着いて、話し合おう」と言って欲しいものだと思わないか?
それにしても、そんなテロリスト集団に空爆をするから復讐のテロに遭うのだとか、それを支持するから我が日本も復讐のテロのターゲットになるのだという論理には、ただただ唖然。
そんなことをしなくても、とっくのとうに我が国はISISのテロのターゲットになっているのでは?
すでに罪のない2人の一般日本人がISISに斬首されていることをどう捉えているのか?
ついでに、日本のマスメディアにお尋ねしてみたいことが、1つ。
「感化」という言葉の使い方?
「感化」とは、「考え方や行動に影響を与えて、自然にそれを変えさせること。影響を与えて考えや情緒を変化させること」。
それは基本的に、「better」、すなわち、「よりよくなる方向に変わること」なのでは?
だからこそ、「感化院」、「非行の少年・少女を保護・教育して矯正する施設」という言葉があるのでは?
どちらにしても、「エロ」を認識できない大バカどものわいせつ犯罪、さらには「グロ」を認識できないクソッタレどもによる残酷な殺人を糾弾してきた、東仙坊、本当に無知蒙昧な日本のマスメディアに、開いた口が塞がらないだけ。
前回取り上げたばかりの「東京都江戸川区女子高生絞殺犯」のモテないジコチュウオトコ青木正裕だって、ある種のホームグロンテロリストみたいなものではないのか?
それこそ、「埼玉県熊谷市6人連続殺人犯」の飛び降り自殺未遂ナカダルデナ・バイロン・ジョナタンにいたっては、完全に外国人テロリストなのでは?
どうあれ、日本のマスメディアは、なぜパリで「テロ」なのか? なぜフランスなのか? と、ピンボケの質問ばかり…。
ほんの少し考えれば、フランスだからこそ、パリだからこその「テロ」だとすぐわかると思うが、どうだろう?
人口約6500万人のうち1割がイスラム教徒というEU最大のイスラム教徒受け入れの多元主義国家。
それでいて、自由と平等と博愛を標榜し、徹底した政教分離を宣言する世俗主義国家。
実際、学校など公共の場での「ブルカ」着用を禁止している唯一の国。
1916年第一次世界大戦中にUKとロシアとの間のオスマン帝国領の分割の秘密協定「サイクス・ピコ協定」で、シリアの宗主国になった国。
それでいて、シリアのISISを空爆する国。
長い間プロテストタントを弾圧した宗教戦争の歴史のあるキリスト教国家。
大量のイスラム教移民や難民の受け入れに苦慮するEUの盟主的国家。
ISISにいるという5千人以上(?)の外国籍戦闘員、そこへ最も多くの戦闘員を送り込んでいる国。
どうだろう?
イスラム教徒の過激派の「テロ」に遭う背景は十分といえるのでは?
えっ、イスラム教とイスラム教原理主義過激派とは違うって?
それはそうである。
逆に、世界中の宗教集団に大なり小なりそういう原理主義過激派は確かに存在する。
しかし、イスラム教こそが世界の唯一無二の正統宗教であり、ユダヤ教やキリスト教の影響を功利的に受けた新興一神教だと言い切るのは、幅広く認知された宗教の中ではイスラム教以外にないと思うが、どうだろう?
これだけの世界的格差社会の中で、偶像崇拝を徹底的に排除し、一夫多妻制を認め、コーヒーや酒などを忌み嫌い、一切の現世的娯楽を低俗と否定するイスラム教徒が、あたかも貧者の宗教のごとく拡張してゆくのは、極めて自然なのでは?
ましてや、、神へ献身で死ねば、ユートピア的天国で72人の永遠の処女(?)と関係を持て、悪酔いすることのない酒(?)、果物、肉などを好きなだけエンジョイできるなんて、メチャクチャたまらないのでは?
第一、いくら宗教戦争と言ってしまうと身もフタもないから…と口を濁しても、宗教戦争がこの間だ短い人類の歴史と言っても過言ではない側面があるのも事実では?
あの9.11の首謀者であるオサマ・ビンラーディンが、「オマエたちが命を愛している以上に我々は死を愛している」と言っていたことでも明白なように、イスラム教原理主義過激派との宥和など人間なら誰もできないのでは?
そもそも、イスラム教、ユダヤ教、キリスト教などの一神教に限らず、どんな多神教でも(?)、それぞれに信仰される土地や部族の中でいつのまにか閉鎖的な体系を醸成し、自分たちの体系以外の信仰を否定するようになるのも、それまた宗教の宗教たる所以なのでは?
その意味で、サミエル・ハンチントンの言うところの「文明の衝突」は、一種の人類の必然なのでは?
実際、中東だけでも、1950年からイスラム教徒の人口は3倍に増加。
2010年世界でイスラム教徒は世界の23.2%の約16億人だったのに、2050年になるとイスラム教徒は29.7%の27億6千万人になると予測されていて、ヤングに関しては世界の半分になり、その半分が失業となるというのだから、どうしようもないのでは?
だからこそ、東仙坊、我々日本人は、グローバリゼーションにムリして調和しようとせず、孤高の「第8の文明」のままに、冷静沈着に淡々と生きてゆくしかないと訴えているつもりなのだが…。
どちらにしても、今回のISISによる凄惨な無差別テロに被害に遭ったフランスのフランソワ・オランド大統領が、「いくらイスラム過激主義を完全になくすことは不可能でも、テロの温床である過激思想とは団結して断固戦う。刺激的な表現を用いて、過激な主張をするモスクなどは閉鎖する。これは戦争だ」と表明したのは、当然なのでは?
さて、今回のパリでの無差別テロで明確になったことは、1つ。
それは、窮鼠猫を噛む的青息吐息状態になったISISの必死なメクラマシ、フェイントだということではない。
普段は一般市民の顔を装いながら、世の中への不満や意趣返しの念に駆られ、劇場型無差別テロによって快感を覚える新しいタイプのテロリストが出現したということでもない。
フランスの警備がCOP21にシフトチェンジしたスキを突いて、その警備が手薄になった地域を狙ったことでもない。
そのために、細道が入り組んでいて逃げやすく隠れやすくモスリム同胞が多く住み目立たない10区や11区に絞り込んだということでもない。
退廃、怠惰、低俗を象徴するコーヒーや酒、コンサート会場などのソフトターゲットを選んだということでもない。
ましてや、同じロシア製自動小銃カラシニコフAK-47を使用したとか、同じ爆薬を取り付けたベストを着用したとか、「サタンの母」と呼ばれる高性能爆薬「TATP(トリアセトントリパーオキサイド:比較的に合成しすく、使われる材料が手に入れやすく、検知しにくい性質を持つ?)」を使用したということでもない。
もちろん、テロリストどもが銃器無法地帯のベルギーを拠点にしていたということでもない。
えっ、一体何だ?って?
それはこれだけの集団テロを実行するにあたって、この卑怯で卑劣なテロリストどもが、お互いの連絡を取り合うために、今や簡単に傍受されやすいSNSや携帯電話さえ利用せず、昔のような人的連絡人やゲーム機のアプリを利用していたのでは?ということ。
これは、テロを未然に阻止したい側にとって、かなりショッキングなことだったと思うが、どうだろう?
せっかくUSA並みの厳しい監視下での電話やメールの傍受が役に立たなかったというのだから…。ともあれ、今回の陰惨な無差別テロで無念にも亡くなった132人の方々に、ケガをした352人(重傷99人)の方々に、東仙坊、連帯の意思を表明し、東仙坊、タバコを吸い続けながら、思うことは1つ。
我が日本国民の「エロ」と「グロ」に明け暮れる平和ボケとモラル完全喪失のリアリティのなさ。
いくら世界一の観光都市だからといって、「テロ」の懸念のあるパリに、今回のテロ発生当時、日本人ツアー客が約1800人も滞在していたなんて、驚愕なのでは?
しかも、高校生が学校行事でワンサカというから、何をかいわんや。
それより何より、非常事態宣言がフランス全土の出されたのに、新たな「テロ」の脅威が取りただされているのに、あえて今パリに行こうとする日本人たちって、一体何?
旅行業界に対しフランスへ渡航する旅行者に注意を呼びかけるよう求める文書を出しただけの観光庁もトンチンカンだが、ツアーや出張をキャンセルしたヒトたちが、2~3割しかいないなんて、頭がオカシイのでは?
もしかして、マスメディアから取材されるかも?って期待しているの?
どうあれ、何かあっても賠償請求や血税をムダにするだけは止めてほしいと思わないか?
どちらにしても、ISISなるイスラム教原理主義過激派テロリスト集団は、米ロ合同で一刻も早く殲滅すべきだと思うが…。

The Japanese might go to Paris and encounters damage of terrorism then it wants to be taken up by the mass media(日本人は、テロの被害に遭ってマスメディアに取り上げられたくて、パリに行くのかも)!


profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード