Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

ああ日本砂漠-137 「性奴隷国家」という汚名の中での、ある不倫問題!?-2

The newspaper of the UK saying that Japanese young people girls are sex slaves must be the place where the catching the wrong sow by the ear is good for(日本のヤングガールズが性奴隷だと言及するUKの新聞は、お門違いもいいとこ)!

「スキャンダルが発表される前に、テレビネットワークが最近撮影したベッキーの場面を使ったら、10分だけで1000以上の苦情を受けた。さらに、他の女性セレブたちは、非不倫関係でもキャリアにダメージを受ける場合もあると証言している」とも。
昨年9月、女性「アイドル」バンドの17歳のメンバーは、自分のタレントエージェンシーに彼女にボーイフレンドがいることが明らかにされた後、契約にある「ノー・デーティング」条項に違反したと650000円を支払うように命令された。
そのせいで、6人組バンドが崩壊に追い込まれたというのである。
そのケースは、日本のタレントエージェンシーが好きなだけ自分たちのファンタジーを楽しむ範囲を暴露した。
そして、男性ファン・ベースの商業的忠誠をしかりと確保していることを意味した。
事実、その裁判で、コジマ・アキトモ裁判長は、「彼女が女性アイドルである限り、デート禁止は男性ファンから支持を得るのに必要」と判決。
もっとも、そうでないサプライズの裁判のケースもある。
広範囲に日本のエンターテインメイント産業について書いているマーク・シュライバーによると、先月、束縛的なタレントエージェンシーとの契約と衝突した女性に、横柄なタレントエージェンシーが不快に思う判決があったとか。
それは、23歳のガールズバンドのメンバーが男性ファンの1人とデートしデート禁止条約に違反したとして総額1000万円の損害賠償請求をされたもの。
東京地方裁判所原克也裁判長は、「それは過度で、23歳女性が幸せの追求するのも、ボーイフレンドを持つのも憲法上の権利を楽しむもの」と判決を下したとか。
「消耗品でしかない女性の価値は、男性ファンに『入手不能』と判断されると、現れるやいなや消耗してしまうリスクをはらんでいる。なぜなら、かなり若いキッズをつかまえるので、論争の的となる何かや違法な何かに巻き込まれることを望まない。しかし、彼女たちが20歳を超えたら、『ノー・デーティング』条項は失効すべき」とマーク・シュライバーは言う。
実際、かつて日本で最もポピュラーなガールズグループであるAKB48メンバーだったミネギシ・ミナミ(?)は、2013年ボーイフレンドの家を出る写真を雑誌にすっぱ抜かれた直後、頭を剃って(??)、「グループ上級メンバーとして、より若いメンバーの人生の手本であることは、私の責任。私がしたすべては、完全に私の誤りです。大変申し訳ありません」と日本の悔恨の伝統的な行為である涙ながらの謝罪を4分間したことが、YouTubeが掲載されたとか。
「ガールズバンドメンバーの主張を認める最近の意外な裁判所判決が道徳的にヤング女性アーティストを束縛しようとするタレントエージェンシーの決定を弱めることはない。彼らにとって、女性タレントは、エンターテイメント・カルテルによって所有されるブランドであって、誰にもそのブランドを脅かすことをさせたくないからだ」 とも、マーク・シュライバーはつけ加える。
どうやら、日本のエンターテインメイント・テクノロジー産業には、より身近になって、より参加しやすくなって、女性により利益をもたらさないようにする性差別が明確にあるようだ。


どうだろう?
UKの新聞は、どうやら性奴隷国家の日本では、ヤングガールズが日本のタレントエージェンシーに性奴隷のように扱われ、自由を奪われているとでも言いたいかのようでは?
実は、EU圏では、かねてから日本が児童ポルノにメッカであるかのように報道され続けている。
それゆえ、こういう話が出てくると、かなりリアルに思われがち。
そこで、東仙坊、声を大にEUの方々に説明せざるを得ない。
あまりにも自由をはき違えた日本のヤングたちは、とりわけ、ヤングガールズは自分の功名心と名誉欲と自己顕示欲から、自ら自分のヌードを送るだけではなく、援交まで自分の意思でやっているのだということを。
そう、性奴隷とはほど遠く、ジコチュウのビッチそのものでしかないということを。
その意味で、モラルなどとっくのとうに棄て去っていしまっている恥知らずどもでしかないということを。
つまり、そのくらい未熟でしかないのである。
ただし、このUKのガーディアンが指摘することで、唯一、我が日本が受け入れざるを得ないことが、日本における今回の不倫報道における男女差別。
なぜ、本来、インモラルな行為でしかないのだから、バレないようにするのが人間の基本的使命。
誰がどう言おうと、本来は限りなくクロに近い嫌疑で終わるもの。
それが、おバカな証拠だらけで否定できない状態ということは、人間としての知性のなさと甲斐性のなさ。
とりわけ、バレた以上は、本物の男なら不倫相手の女性を、そして自分の妻を命懸けで守るもの。
ところが、この気色の悪いクソッタレオトコ、一言もどちらの女性も守ろうとしないのだから、万死に値するはず。
逆に言うと、こんなクソッタレしか相手にできないほど日本のチヤホヤされているヤングガールズに男を見る目がないということ。
そう、性奴隷というよりも、単なる恋愛音痴の籠の中のフールたち。
つまり、UKの新聞も、いかにデタラメかということ。
どちらにしても、犬も猫も食わない話…。

Japanese young people girls must be really childish about the love that is the most important in the life in a sad thing(哀しいことに日本のヤングガールズは、人生において最も大切な恋愛については全くの幼稚)!
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード