Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

東仙坊、敬愛するジョン・レノンの命日に「I can work it out」と一大決意!?

Don't you think that the life is really short(本当に人生は短いと思わないか)?

35年前の1980年12月8日午前中、ビッグアップルの自宅アパートのダコタ・ハウスで、ジョン・レノンは、少し前に大好きなミミ伯母さんに電話し「学生のころのネクタイを出しておいてよ」と言った通り、デビュー前のハンブルク時代のようにショートカットにして、グリースでリーゼント風に整髪し、トレードマークのメガネを外し、「ローリング・ストーン」のためのフォトセッションをしていたとか。
また、最後になったラジオインタビューで、偶然、「死ぬならヨーコより先に死にたい」とか、「死ぬまではこの仕事を続けたい」などと応えていたとか。
そう、その夜、1980年12月8日午後10時50分、スタジオでの作業を終えヨーコと一緒に帰宅し、暴漢に間近から胸、背中、腕に4発の銃弾を受け、「撃たれた(I'm shot!) 」と2度叫んで倒れ死亡することも知らずに…。
そのとき、一瞬、ジョン・レノンは何を思ったのか?
どうあれ、撃たれたとき、どんな痛みを覚えていたのか?
そして、ふと思った…。
今回、カリフォルニア州サンバーナーディーノ郡の「IRC」で撃たれた35人はどんな痛みを感じているのか?
とりわけ、無念にもたった一度の人生を銃で寸断された14(16人?)は一瞬何を思ったのか?
その瞬間まで、その日、そこで自分が死ぬことなど全く考えていなかったことだけは確かなのでは?
本当に、「life is very short and there's no time for fussing and fighting my friend(人生はメチャクチャ短い。些細なことであれこれ悩んだり友とケンカしている時間さえない)」…。
「I have always thought that it's a crime so I will ask you once again(いつもそれは罪だと考えていたから、もう一度キミに尋ねてみたい)」…。
「We can work it out(それはうまくできるよ)」ということは、2人の恋のことで、残虐非道な蛮行のことではなかったはずなのに…。
もっとも、そのジョン・レノンの悲報を聞いたとき、東仙坊、言葉を失いながらも、40歳まで生きられたのだからまだいいじゃないか…と必死に思い込もうとしていたことを覚えている。
そして、今、自分が40歳よりもはるか老いるまで生きていることを恥じてもいるのだが…。
どちらにしても、エブリィー・ブロガーは実に時間を奪われ、正直、難渋。
副団長からかねがね言われている通り、1回分の掲載をもう少し今日から短くしようと決意。
さて、ジョン・レノンのことをイヤというほど思い出したのには、大きな理由がある。
それは、今日が彼の命日ということ、書き込んだばかりのUSAサンバーナーディーノ銃による大虐殺テロ事件のこともあるが、実はもう一つある。
facebookCEOの33歳のマーク・ザッカーバーグなる成功者(?)が、12月1日、長女マックスの誕生を発表するとともに、それを機に、「チャン・ザッカーバーグ・イニシアチブ」なる基金を立ち上げ、教育や疾病対策、net人口の拡大など幅広い営利的慈善活動(?)に取り組むために、「マックスとすべての子どもにとってよりよい世界を残す大きな責任を感じている」と保有するfacebook株の99%(時価約450億ドル:約5兆5300億円相当)を寄付すると表明したこと。
net音痴、東仙坊、5兆5300億円? SNSなるものが何でそんなに儲かるの? 何で営利的慈善活動なの?と当惑しながら、その妻という中国系女性プリシラ・チャンを観て、ビックリ仰天。
な、な、なぜなら、ジョン・レノンが愛人にしていた中国系女性メイ・パンのことをなぜか明確に思い出したから…。
さすがだな、いろんなところで、中国人が…と複雑な気持ち。
ともあれ、残酷に銃で殺害されたジョン・レノンとサンバーナーディーノでの被害者たちに哀悼の意を込め、アドリブで作詩。
「Against My Will」
Already dying I'm fat
Nothing more I can buy
I'm shot I'm shot
I don't know that's why
against my will
I'm shot I'm shot
I don't wanna die still
I'm shot I'm shot

I don't wanna be shot like father and John Lennon and people of San Bernardino as far as I live(生きている限り、父親やジョン・レノンやサンバーナーディーノの人々のように撃たれたくない)!
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード