Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

ああ日本砂漠-132 「元」で元気を強奪される「円」の運命はいずこへ-3

If the Chinese government supervises the commercial bribe strictly, do the politicians of the group out of the blandishments which might be in Japan disappear(中国政府が、商業賄賂をもっと厳格に取り締まったら、日本にいる媚中派の政治屋どもがいなくなるかも)?

東仙坊、北京のスモッグの赤色警報で休校になった日本人学校のニュースを観ながら、いくら仕事のためとはいえあの空の下で暮らさせられている日本人の子どもたちを勝手に不憫に思っていた。そう思いながらも、もしかしたらまもなく世界一の経済大国になる国にいることを喜んでいる子どももいるのかもしれないのだから、余計なお世話かもと反省してもいた。
ただし、北京市朝陽区にある小学部と中学部を合わせた日本人学校の児童・生徒数が、9月末に400人を割り込み、ピーク時の2007~2008年から約4割減少したという話には、どこか納得ができた。日中関係がどうこうというよりも、やはり、いかなる子どもも澄み渡る青空の下で自由に駆け回りたいはず。
それとともに、これだけ中国経済の減速が明白なのだから、スタスタと逃げ出すのも当たり前。
なんとなくイイ傾向では?と思いきや、そうでないことが判明して、アングリ。
売国奴的媚中派どもや親中派どもがウジャウジャうごめいているのは、やはり本当だったご様子。
11月26日、フォーブスが、「中国依存ランキング」を発表。
輸出額全体に占める対中輸出の比率から、特に影響が大きい国・地域を発表。
す、す、すると、まだまだ我が日本は、堂々の第5位で、対中輸出額/輸出額19%、その対中輸出額はGDPの3%相当
ちなみに、サプアは、第3位で、対中輸出額/輸出額25%、対中輸出額はGDPの11%相当
また、第1位はオーストラリアで、対中輸出額/輸出額34%、対中輸出額はGDPの6%相当
サプアほどではないが、驚く数字では?
では、なぜ日本企業にとって、パクられるだけの中国が重要なのか?
日本企業の中国法人で働いていると、日本人も中国人も懐がウハウハになるからに他ならない。
とりわけ、中国が喉から手が出るほど欲しがっているハイテクノロジー系日本メーカーの中間管理職が最も実入りがいいとか。
例えば、1990年代日本の大学への留学経験があり、帰国後に日系精密機械メーカーの中国法人に就職した40代前半の営業職オトコのケース。
月給は手取り1万元(約19万円)。
それなのに、高級マンションの最上階に住み、2台のドイツ車を乗り回しているとか。
なぜなら、毎月10万元~20万元が取引先の中国企業から自分の親族口座に振り込まれるから。
というのも、中国企業の購買担当から、「少しでも多くの玉を他社より早く回してほしい」と連日接待やつけ届けだらけとも。
それだけじゃない。
部品など中国企業に発注する場合、納入の見積額を水増しさせ、支払い後にリベートを秘かに受け取るシンプルな手口もあり、そのリベートは支払額の15%が相場とも。
あるいは、本来は日本の本社工場から輸入すべき重要部品の偽造品を中国で作らせ、それを堂々と純正部品と偽って自社チャンネルで廉価で販売
する手口もあるというから、開いた口が塞がらない。
それもこれも、円安で中国での経費増に悩む日本の本社が、日本人駐在員を減らして中国人社員にどんどん権限委譲し、現地化を急ぐところに原因があるとか。
中国事情にノーテンキな本社役員に、「同業他社に比べ中国法人の現地化が遅れており、ビジネス機会を失っている」などと日本語で巧みに説き伏せれば、OK。
しかも、年に数回の監査は書類審査だけとも。
仮に中国法人に不正の疑いがあると本社側が気づいても、問題をすべて取り除くと中国での売り上げがゴッソリなくなってしまうだけでなく、中国人社員が取引先まで抱えて一斉退社し、翌日からライバル企業で働く事態にもなるというから、手の施しようがないとか。
もっとも、そこは金が命の中国人、リベートの分け前を巡るイザコザがすぐ起きるから、不正が大きくならないうちに本社側が把握することも可能とか。
もちろん、いくら黒社会中国でも、「商業賄賂」として処罰の対象になるが、会食や季節の挨拶など、商慣習上の許容範囲との境界線が曖昧で立証はかなり困難とも。
もともと、地元の司法関係者とグルのケースが多いから、よほどの証拠がないうちに当局に被害届を出しても受け付けてくれないことの方が多いとか。
それでも、共産党幹部、軍部、国有企業や金融業界まで腐敗摘発を拡大している習近平政権のこと、今までよりは民間企業の商業賄賂を摘発する可能性が強くなっているというから、今ならチャンスかも…。
どうだろう?
どちらにしても、この商業賄賂の甘い蜜に、我が日本の売国奴的媚中派どもや親中派どもが蜂のように群がっているからこそ、中国との貿易が減らない理由があるのでは?

To Japanese working under the Chinese black sky, there must be the big personal merit that I only endure(中国の真っ黒な空の下で働いている日本人たちには、ガマンするだけの大きな個人的メリットがある)!

To be continued...






















profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード