Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

彷徨う大和魂-35 安穏火、消せよ!?-236

Though only this becomes the protracted-life society by the medical development, the senility condition of the Japan woman having a person losing the life for cosmetic surgery expressly in Korea must be not beautiful at all(これだけ医学の発達で長寿社会になっているのに、わざわざサプアで整形のために命を落とす人がいる日本女性のピンボケは決して美しくないのでは)?

◎12月7日、日韓併合時代に日本企業で働いたサプア人元徴用工らを支援する「アジア太平洋戦争犠牲者サプア遺族会」関係者らが、ソウルで記者会見し、「従軍慰安婦やサプア人被爆者などの問題を含め日本に被害補償を求めることに主眼を置いた、新党「サプア市民政党(仮称)」を結党する」と表明したということに、正直、正体見たり、いい加減にしろと激高しているのは、東仙坊だけではあるまい。
来年1月末に正式発足させ、「既成政党の国会議員らには対日請求権問題を解決する意思がない」と4月の総選挙への候補者擁立も目指すというから、開いた口が塞がらない。
そうでなくても、従北派の頭のネジの欠けたヒトがいっぱいで自由主義国家であることや法治国家であることを放棄したサプア。
これで、本格的な反日タカリ政党まで作るというのだから、明確に国交断絶すべきときなのでは?
◎12月4日、サプアが不法占拠し、「美しい島」、「我が領土」、「我が故郷」などと勝手に世界に主張している竹島…。
その竹島周辺で、サプア漁船の違法操業が頻発しやりたい放題し放題の狼藉を働いていることは、周知の事実。
実は、それ以上に竹島周辺で大問題が起きていることを、メズラシクサプアのマスメディアが追及していて、思わず苦笑。
それにしても、我が国にあれだけフクシマノブイリによる海水汚染をギャーギャー糾弾しておきながら、本当によくやれるよ…と心底呆れさせられる暴挙に鼻白むだけ。
それはそうだと思わないか?
今どき未開民族丸出しに、生ゴミ、産業廃棄物、下水汚泥、畜産排水、、排水汚泥、糞尿などを海に投棄している経済大国がどこにあるのか?
それも、政府が率先して…。
本当に卑怯で卑劣で汚い国だと思わないか?
ましてや、それを我が日本の領土に…。
何でも、サプア政府、当初は竹島の南西EEZの内側に投棄区域を設定し、海底付近の水を工業用水に使用できないほど汚染。
すると、2013年、日本のEEZ外にいったん移動。
それを、6月、サプア海洋水産部国立海洋調査院が、日本のEEZ境界線内に「産業廃棄物投棄区域」を再び設定したというから、何をかいわんや。
もちろん、それを黙認し続ける我が日本政府はもっと問題かもしれないが、神をも恐れぬ蛮行なのでは?
それ以上に、メチャクチャ普通じゃないのが、これ。
◎12月3日、ソウルのグランドハイアットホテルで、今年も恒例の「天皇誕生日祝賀レセプション」が開催されたとか。
そう、昨年、魂を売った裏切者サプア企業、ロッテが、昨年、突然、ホテル使用禁止を言い出したために、同じくグランドハイアットホテルで開催された。あれ。
それでも、昨年、会場には、壇上に日本国国旗も天皇陛下のお写真も飾らなかったというから、本当に情けなくてみっともないサプア日本大使館。
そ、そ、そうしたら、今年は、何とか日本国旗だけはサプア国旗と一緒に壇上に掲げたというから、ますます侮蔑。
天皇陛下のお写真は? 何のためのパーティー? 君が代は? とただただ腹立たしいだけ。
こんなサプア日本大使館なんか、建て替えする必要もないし、そもそも存在そのものが必要ないのでは?
えっ、日本人がたくさんサプアに行くからそうはいかないって?
本当に行くのは日本人なの?
ともあれ、無能で恥知らずのサプア大使館、懲りずに国内の政・財界要人(?)と駐サプア外交使節(??)などに招待状を送付しても、日本の政治屋どもと同じくらいアンポンタン揃いのサプアの政治屋が誰もこず。
それでも、昨年より多い800人超も集められ、費用を上乗せでき、ポケットマネーになったと大喜び。それなのに、ホテルの外では、大バカ反日団体メンバーが、「パーティーに出た親日派を公表せよ」と喚いていたとか。
そんなとき、いまだにこんな国にノコノコ出かけ、おバカなことで命を落とす、純粋に日本人なのかどうかがわからない日本のヤングレディーがまた出現したというから、忸怩…。
それは、イミテーション天国サプアで大ブームの整形手術のためのサプア行きが原因での、極めて不可解な死(???)。
何でも、福岡に住む29歳女性、10月に務めていた会社を辞め、わざわざ正規(?)の整形手術斡旋会社を通じ、ソウル江南区にある大手中堅美容整形外科(?)での鼻と顔の輪郭(??)の整形手術を予約し、11月19日、独りで(?)ノコノコ来韓。
そして、大手中堅美容整形外科と提携したレジデンス(?)に滞在。
それから、11月22日、そそくさと手術。
翌11月23日、消毒を行ってレジデンスに戻り静養。
11月25日、大手中堅美容整形外科が彼女が診察に現れないと、整形手術斡旋会社に連絡。
そこで、整形手術斡旋会社の社員(?)が部屋を訪ねて、彼女が死んでいるのを発見し、江南警察署に連絡。
駆けつけた警察官は、部屋で大量の不眠症治療薬、抗鬱病薬、整形手術後の薬を発見。
すると、なぜか江南警察署、「まだ解剖の結果を受けていないが(?)、医療過失と見るだけの情況は確認されなかった(??)。事件性はないとみられる(???)。手術中、乖離して出てきた脂肪が血管をふさぐ塞栓症やPTSD解離性薬物依存症などの可能性も視野に入れている(???)」と指摘。
東仙坊、その浅薄な知識でも、鼻はともあれ、輪郭の手術って骨を削ったりするのだから、相当出血するのでは?
その血をウマく吸引できなかったら、血の塊がどこかに詰まるのでは?
それ以上に、手術前にどんな薬を飲んでいるか確認するのは当然なのでは?とアングリ。
それで、その解剖結果を探してみても、どこにも見つからないのは、なぜ?
もしかしたら、部屋に犬(?)でもいたのでは?とメチャクチャ懐疑的…。
どうあれ、こうして未婚のヤングレディーがまた1人、日本から、地球上から、現世から、悲劇的にゴーン。

As for the Japanese woman, why is a born crib cosmetic surgery technology for money-making of Korea believed(日本女性は、金儲けのための根っからのサプアのパクリ整形技術をなぜ信じられるのか)?

To be continued...











profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード