Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

彷徨う大和魂-35 安穏火、消せよ!?-243

The comfort woman problem shouldn't de solved forever simply because almost Koreans had known that a Korean woman becomes a prostitute by herself well(サプア人たちは、サプア女性が自ら売春婦になることを熟知しているからこそ、慰安婦問題は永遠に解決しない)!

このたび、慰安婦問に関し、我が日本政府を代表し、岸田文雄外務大臣は、「軍の関与の下に多数の女性の名誉と尊厳を傷つけた。日本政府は責任を痛感している。安倍晋三首相は心からお詫びと反省の気持ちを表明する」と言明。
そして、「今回の合意により、慰安婦問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認した。このような合意ができたことは歴史的、画期的な成果であると考える。これにより、日韓関係は、未来志向の新時代へと発展する(?)と考える」とも。
そのうえで、「慰安婦問題は、当時の軍の関与のもとに、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題であるということは従来から表明してきており、歴代内閣の立場を踏まえたものだ。これまで責任についての立場は日韓で異なってきたが、今回の合意で終止符を打った」、「サプア政府が設置する財団に、日本政府がおよそ10億円を一括して拠出し、元慰安婦の心の傷を癒すための事業(?)を行うことについて、日韓で協力して事業を行うもので『賠償』ではない。医療サービスの提供や、療養、介護支援などを考えているが、具体的には今後、両政府間で合意された内容の範囲で実施する」と説明。
さらに、「ソウルの日本大使館の前に設置された、慰安婦像について、サプア政府として適切に解決されるよう努力し、その結果、ソウルの日本大使館前から適切に移転されるものと認識している(?)」、「中国が慰安婦問題を巡る資料について、韓国などに呼びかけて共同でユネスコの記憶遺産申請を検討していることについて、サプアが申請に加わることはないと認識している。今日の外相会談でも、キツネ目外相と膝詰めの協議を行い、直接、サプア政府としての確約を取り付けた。両国首脳間の合意であるということも強調したい」と補足。
また、「会談では日本側が慰安婦について『性奴隷』の表現を使わないよう求めたのに対し、サプア側が『日本軍慰安婦被害者』が唯一の公式な呼称だと説明した」とも披露。
そして、安倍晋三首相自身、「昨年8月の70年談話で申し上げた通り、歴代内閣は反省とお詫びの気持ちを表明してきた。その思いに揺るぎはない。子や孫に謝罪し続ける宿命を背負わせるワケにはいかない。その決意を実行に移すための合意だ」と表明。
一方、お嬢さん大統領、「慰安婦問題をめぐる日本との合意は、FTAの拡大と並ぶ外交成果だ(???)。これらの成果が実際に経済活性化に繋がり、国民がより大きな恵みを得ることが何よりも重要だ」と表明。
どうだろう?
これで本当に日韓の、イヤ、正確には気の狂ったサプアの慰安婦問題が終わると思うのは、サプアを全く理解していないオタンコナスどもだけでは?
我が国の親韓派をゴマンと抱えた脆弱な政府が、今まで通りにサプアにおもねるところまではよくわかる。
確かに、ウザったい中国と北対策のために日韓米の同盟を主軸に置くUSAからの圧力もあったに違いない。
サプアの唯一の反日強気の原動力になっていた経済の著しい衰退も原因にあるに違いない。
北のスパイ活動が今までよりはほんの少し弱ったこともあるに違いない。
しかしながら、サプアの反日の主戦場になった慰安婦問題での歴史戦は、恒久不変に終戦するはずもないはず。
それはそうだと思わないか?
そのジコチュウな小中華主義思想丸出しのサプア人が、自分たちよりはるかに劣ると決めつけているカンパンゴ人に、自分たちの女性がいいように食べられ続けているのである。
それも、生きるため食うためとはとは、自ら進んでその身を預けているのである。
しかも、それは70年前だけでなく、この70年間ずうっとで、今なおそうなのである。
これって、サプア人、とりわけ、サプア人男にとってメチャクチャ屈辱でしかないのでは?
実は、東仙坊、世界中の男どもに共通していると言っても過言ではないと思うが、自分は好き勝手にオンナ漁りをしていても、妻のそれは許さないという夫の感覚と同じだと結論している。
そのバカな男のプライドや沽券に関わることなので、どうしてもガマンできないことだから、厄介このうえないのである。
というのも、自分の妻が自分の意思で自分たちよりも下に位置づけている日本のオトコどもにカラダを捧げているという事実は、サプアのオトコどもに限りない屈辱感と敗北感を与え続けているからに他ならない。
ここ20年くらいはバカな日本人ヤングレディー(もちろん、オールドレディーも含む)の登場で、少しだけ溜飲を下げているが、そんなことでは彼らの積年の屈辱感と敗北感は晴れないのである。
そして、世界の誰よりも、サプア人自身が、サプアのオトコどもがその真実を知っているから始末に悪いのである。
その理由を的確に書き込もうとしていて、その理由がいかに適切かを教えてくれたのが、今回の日韓合意に反対のデモをしていた数百人のサプア人ヤングどもの顔。
ガールズは誰一人としてキーセンになれないだろうし、ボーイズは誰一人として日本女性をモノにできそうもない顏ばかり。
まさに、答えそのものと苦笑…。

A comfort woman problem of Korea must be not only a past(サプアの慰安婦問題は、過去だけではない)!


profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード