Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

彷徨う大和魂-35 安穏火、消せよ!?-244

Is it the thing which can make a woman a comfort woman by force even if the military really participated(例え本当に軍が関与していたとしても、女性をムリヤリ慰安婦にすることができるものなのか)?

実は、敗戦国の女性が勝利国のオトコどもに完膚なきまでに蹂躙されるということは、この短い人類の歴史の真実。
それゆえ、サイパンで、沖縄で、いたるところの戦地で、「生きて虜囚の辱め」を受けることを忌み嫌った日本人女性たちが自害した歴史はあまりにも悲劇的。
東仙坊、生き証人の老人たちから直接聞いた悲話としては、満州国の女性たちの凄惨な現実。
その原因は、裏切者のUSSRが最前線に採用していた兵士どもがそれこそロシア語も満足に話せないほどの低劣な蛮族だったせいだったとか。
率直に言って、それこそが人類の戦争の正しい歴史なのでは?
その意味で、巷間言われているような日本軍の蛮行を完全否定できない理由がある。
それは、そのニンニクと高麗ニンジンと食犬のせいか異常に性的嗜好を持つサプア人を日本軍戦闘員として活用していた事実。
ベトナム戦争時におけるサプア軍人の人間とは思えないベトナム人に対する野蛮な行為を知れば知るだけ、懐疑的になってしまうのも当たり前。
そう、間違いなくサプア人は、日本軍として命懸けで戦ったことのフラストレーションとその間自国の女性が日本軍人の慰みモノになり下がってしまっていたヒュミレーションを胸いっぱいに抱えていたはず。
そして、日本軍兵士として最前線に駆り出されていたはず。
どうだろう?
これだけで、日本軍兵士にもそれなりの残虐非道な行為があったのでは?とついつい考えてしまいがちにならないか?
えっ、どういうことか?って?
日本軍のなかには日韓併合によって日本軍に従属させられたサプア軍兵士がかなりいたはず。
そのなかには、武勲を立て出世してエラくなってやるとか、金を稼いでやるとか、いいように敵の女性を手籠めにしてやると考える、日本語のまだそんなにウマくない目を異常にギラつかせた日本軍サプア人兵がいたはず。
そう考えるだけで、我が日本軍人にも間違いなくマナーも悪い客がいたことは否めないところが、極めて残念だと思わないか?
さて、ここは今回の日韓合意に関し、基本的に「世界最古の女性の職業」と世界で認知されている売春婦について考察することから始めたい。
生きるために食うために自分の春を売るという発想自体が、女性的このうえないと考えるのは、東仙坊だけではあるまい。
いつの時代も、いつの世も世知辛い世界であったことは事実。
それこそ、家族から乞われて、夫や愛人から勧められて、もちろん自ら進んでその職業に就いた女性がかなりいたはず。
では、仮に軍に強要されて慰安婦にムリヤリさせられた女性がいたとして、軍はその女性をどう管理し、どう仕事をさせるのか?
普段から逃げ出せないように監禁したり拘束したりして、犯罪者のように扱うのか?
だとしても、恐怖と不満だらけの女性は客に足を開かないケースもあるのでは?
すると、見張りか何かの兵がそばにいて、2人がかりのレイプのように1人が女性を抑えつけるのか?
そんな状況下で、大枚を払う日本軍人が喜んで性処理をしたのか?
もちろん、そんなプレーが好きなモノ好きもいたかもしれないが、命懸けで戦っている日本軍人が満足したのか?
仮にそんな状況だったら、少なくとも自分の死の淵にいる状態を想像し興醒めになってリピーターにはならなかったのでは?
どうしても、そう考えざるを得ない理由は1つ。
すでに日本には、赤線なるモノがあり、そこでいろいろな辛苦を抱えた女性が必死にそれを自制し、ある種の哀愁まで醸し出しながら客を喜ばそうと努力していたからこそ、夢中になる日本国男児がたくさんいたのでは?
東仙坊、正直、生まれてこのかた買春をしたこともないし、赤線に行った経験もないので、精確なことを言えないが、畏敬する永井荷風や吉行淳之介の文章から、日本の売春婦にはかつて仄かなペーソスとなんともいえない抒情があったと思い込んでいるのだが…。
どうあれ、今も歴然としているように、本来草食系の日本人が肉食系のサプア人のような性衝動には駆られないと信じているからこそ、明日の命も定かではない状況で、例え相手が売春婦でも、日本軍人はsex以外のサムシングを求め、売春婦にもやさしく接したと想像してしまうのだが…。
それゆえ、サプア人売春婦も、そんな切ない日本軍人の心根に共感し、それなりにやさしく対応したに違いないとも想像してしまうのだが…。
つまり、そこには究極的な死と直面した男女間に刹那的なサムシングの交換もあったに違いないと思うが、どうだろう?
ついついそう思ってしまうのは、わざわざ靖国神社を訪問し、「靖国神社にいたハトが死んでいった兵隊さんのように思えた」と言ったというハルモニ朴福順の一言。
ちなみに、このハルモニ、「アジア女性基金」から一時金200万円、国費による医療・福祉支援費300万円の計500万円、橋本龍太郎首相の謝罪の手紙を受け取り、「手紙を読むと、昔、深い傷を負われたと、そしてお詫びをすると、そしてネギライたいとある。手紙を受け取って涙を流した」とも言っていたとか。

Was the Japanese boy who was a sexual intercourseless grazing system boy able to have anything to do with the woman of the really sex slave now(今やセックスレスの草食系男子である日本男児が、本当に性奴隷の女性を相手にできたのか)?
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード