Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

彷徨う大和魂-35 安穏火、消せよ!?-246

As some ex-Mayor said, war always comes together with the comfort station for exclusive use of the military(どこかの元市長が言ったように、戦争には軍専用の慰安所がつきもの)!

東仙坊、「軍の関与」に関しては、戦地での慰安婦女性にその仕事への対価を支払っていたことは間違いなく事実だったに違いないと指摘した。
実際、慰安所経営者には軍に売り上げを報告する義務があったとも。
と同時に、死と隣り合わせで戦っている戦地の状況やその防衛のために、自然に「軍が関与」した部分があるはずとも臭わせた。
そのうえ、軍紀のシバリがかなりあったことも想像にたやすい。
また、その軍人のランクによってコストが違うということぐらいもきっとあったはず。
けれども、サプアが主張するようなその慰安婦女性募集に軍が直接関わり、強制的に連行し、強制的に売春をさせたということにはメチャクチャ懐疑的。
単にその物的証拠は一切ないということよりも、日本人の精神性に大きく関わるからに他ならない。すでに、東仙坊、若干指摘したように、日本男児たるものはどちらかというと草食系。
そして、わび・さび、もののあわれ、潔さ、思いやりを持つ世界で稀有な「恥」の文化を美学とする存在。
それゆえ、例え打ち負かした敵国の女性でも蹂躙できないだろうから、仮にも自分サイドの女性を慰み者などにできるはずもないはず。
ほとんどの軍人の売春婦に求めたモノは束の間でも温もりだったはず。
だからこそ、金のために必死に割り切ろうとしている言葉のよく通じないサプア女性と高い金を払わなければならない言葉の通じない日本軍人との間に刹那的な絆のようなモノが結び合えたはず。
そう考えると、「軍の関与の下」というセンテンス以上に、「多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた」という意味が全く理解できないのは、東仙坊だけではあるまい。
そして、打算のうえなのにそのなんともいえない至上のリレーションシップを構築しておきながら、今さら、「女性としての名誉と尊厳を深く傷つけられた」と言い出すような不届き者は、単に裏切者というよりも人間としての欠陥者と言えるのでは?
しかも、例え急激なインフレで瞬く間にその価値が下がったとしても、悪徳サプア人斡旋専門業者どもにピンハネされたとしても、軍人よりも高い収入を得ていながら、また金を要求するとは人間の風上にも置けないゲスと言えるのでは?
事実、単なるおバカ村山富市政権が、1965年の日韓請求権協定で財産・請求権問題は完全かつ最終的に解決ズミだったのに、1995年に設立した財団法人「女性のためのアジア平和国民基金(アジア女性基金)」を立ち上げ、国民からの募金約6億円と政府による計約48億円もの支出で、「事実上の国家補償」かのように見せ、償い金200万円と医療・福祉支援費300万円の計500万円も支援したことは、国賊的蛮行と言えるのでは?
実際、表立って、元慰安婦(?)7人が、水面下で計61人の元慰安婦(?)がその支援を受け取っているのでは?
どうあれ、すべてのサプアのこのユスリタカリに協力した旭日新聞、慰安婦募集の強制性を根拠なく認めたアンポンタン河野洋平、単なるおバカ村山富市は列記とした売国奴。
そこで、このおバカトリオどもにぜひお尋ねしたい。
ついでに、安倍晋三首相にも。
「多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた」とは、一体どういう意味なのか?
とりわけ、このケースでの女性の名誉とは、何?
そして、女性の尊厳とは、何?
そのうえで、逆にまたお尋ねしたい。
どうしたら、その女性の名誉と尊厳を回復(?)させられるの?
あるいは、元通りにできるの?
さらに、もっと単刀直入にお尋ねしてみたい。
世界最古の女性の職業と言われる売春婦…。
それが成り立つのは、どこかで金を稼ぐための仕事という容認(?)、もしくは割りきりによる何らかの女性自らの意思がなければならないのでは?
それがなければ、ただのレイプでしかないのでは?
ということは、まるで現代のようにかつての日本軍人はみんなレイプ魔だったということ?
そうだとすれば、その被害者たちの名誉や尊厳を回復する方法がないでもないはず。
ともあれ、つまり、我が国は、自らをインド人もビックリのボコ・ハラムやISISも顔負けのレイプ魔国家と世界に宣言したということ?
そうだとしたら、元慰安婦の名誉と尊厳回復のための事業としてサプア政府が設立する財団に10億円程度を拠出するとかノホホンと言っている場合ではないのでは?
それこそ、何が「子や孫に謝罪し続ける宿命を背負わせるワケにはいかないだ」と思わないか?
そんな恥辱の中でノコノコ生きるくらいなら、いっそのこと隣のキチガイの国に水爆(?)を何発か撃ち込んでもらって、今すぐこんな国を滅ぼしてしまった方がいいのでは?
やたらイジメなんかで自殺する情けなくてみっともないガキがヒーローかのように扱われる国らしく、亡国をチョイスすべきなのでは?
ついでに、どうせ誰も言わないから、東仙坊、明言せざるを得ない。
たかがイジメなんかで自殺するガキのタイプは、なぜか平然とテレビに映りたがるその親の顔を観れば、すぐわかる。
それにしても、まるでサプア人元慰安婦でもあるまいし、よくまあ学校や自治体にシャーシャーと賠償請求できるものよ…。

In the prostitutes who can't prepare by herself, the work must be never accomplished(自分で覚悟できない売春婦では、その仕事を絶対に成し遂げられない)!



profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード