Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

彷徨う大和魂-35 安穏火、消せよ!?-254

The false Japanese bringing on homesickness to Korea should expel it from Japan(サプアへの郷愁を醸し出すニセ日本人は、日本から追放すべし)!

東仙坊、愛する我が日本が、歴史上初めて実行した「併合」、それも文明から取り残されたままの極貧古代国家でしかなかったサプアを「併合」したことへの贖罪意識が、今、100年近く経って始末に悪い後遺症になって自らを苛むことになっていると結論している。
サプア民族は、儒学の机上の空論的「知先行後」の朱子学の悪弊のみを引きずり、今なお、「試験」を通ることにだけやたら没頭し、その後の切磋琢磨こそが勉学であることにすら、気づかないまま。とにかく、小中華思想丸出しに偉ぶること、人の上に立つこと、何ガンでも自分が目立つということにのみ精進。
そのせいか、ようやく人並みの経済発展国になるやいなや、未開の倭人に「併合」されたことを認めたくないとばかりに、歴史捏造の明け暮れ。
これもそれも、彼らにとって「倭人」でしかない我が国が、その贖罪史観から、敗戦後、彼らにありとあらゆるアドバンテージを与え続けてきた結果。
それも、上げ膳据え膳的に…。
そのために、彼らの好む我が国の世界、政界、官僚界、教育界、ジャナーリズム界、スポーツ界、芸能界、893界などに、元サプアの日本人がワンサカ。
それでも、彼らが超極貧の時代にすでに元禄文化を謳歌していた日本を本気で好きになり、心の底から日本人として生きたいと願う人々まだマシ。
しかしながら、日韓友好から50年、どこか腹に一物とセンチメントを持つエセ日本人が増え、我が国が奈落の底に落とされようとしている。
それはそうである。
ここ20年くらいの止むことのない捏造による歴史戦で、我が国の政界や官僚界や教育界やジャナーリズム界に潜む売国奴的サプア派日本人どもの暗躍が効を奏し、あえなく敗北。
世界に名だたる「恥」の文化を持つ日本が、今や完全に「世界の恥晒し国家」。
我が国の育ての親のUSAでさえ、昨年7月27日、国務省が公表した「世界各国の人身売買の実態をまとめた年次報告書」で、「日本を強制労働や子どもを含む売春の人身取引の被害者が送られる国」と改めて明記されたほど。
そして、各国の取り組みに対する4段階の格付けでも、11年連続して上から2番目の評価に据え置かれたほど。
また、「1500億ドル(約18兆5000億円)の違法人身売買市場」に人々が関心を払うよう望むとしつつ、「東アジア、南米、東欧、ロシアなどからの女性の中に、偽装結婚などのために訪日し、売春を強要される者がいる。また、政府が運営する技能実習制度で訪日した人も含め、外国人労働者が強制労働の被害者になりやすい実態がある。日本で売春につながる事例としては、『援助交際』、女子高生とデートできると謳った「JKお散歩」と呼ばれる接客サービスなどがある」と指摘されたほど。
もちろん、下には下があり、ロシア、北朝鮮、イランは前年に引き続き、制裁対象となり得る23の最低評価国。
キューバは、最低評価から1段階上昇。
イスラム系少数民族ロヒンギャの迫害問題が表面化したミャンマーは、下から2番目。
どうだろう?
本当に情けなくみっともなく感じるのは、東仙坊だけではあるまい。
実は、現在のEUの難民問題を見つめていると、我が国のサプア問題と同じだとも思うのだが…。
ところで、慰安婦問題で日韓合意などとノーテンキなことを信じようとしている脆弱な我が政府が、絶対に見過ごしてはいけない事態がUSAとサプアで起きた。
1月11日、ワシントンのシンクタンクが開いた日韓関係に関するシンポジウムで、「帝国の慰安婦」の著者、朴裕河世宗大学教授が、慰安婦問題に関し、「政府の声を唯一の声とせず、ナショナリズムを人々の利益に優先させないことが重要だ」と学術的立場からの冷静な議論を呼びかけたとか。また、彼女は、「かつて日本が設立したアジア女性基金から60人の元慰安婦が償い金を受給した。サプア人の多くがこうした事実を知らない」と述べたとか。
さらに、「強制的に慰安所に連行されたワケではなく兵士を支援したと証言した元慰安婦の存在を挙げ、サプアではマスメディアが一方向で特定の見方に迎合する傾向にあるため、このような声や見方はサプア人には聞き入れられない。昨年12月の慰安婦問題に関する日韓合意を踏まえ、日米韓などの研究者による諮問機関を設けて事実の究明に取り組むべき」と提案したとも。
すると、慰安婦問題で日本を糾弾しつづけるパラノイアのアレクシス・ダデンUSAコネティカット大学教授が、「慰安婦問題を日本による国家的な性奴隷制度でしかない。日本政府がサプア政府に慰安婦像の撤去を求めているのはとんでもない。それは、昭和天皇の戦争責任である」と彼女を攻撃したというから、何をかいわんや。
それに対し、彼女は、「USAでこの問題に関心を持っている方は支援運動側に関心を持ってきたので、私の議論には批判的なのだろう」と嘆いたとも。
そ、そ、そうしたら、1月13日、その「帝国の慰安婦」の中で、慰安婦の一部について「日本軍の兵士と同志的な関係だった」などと表現したことが名誉毀損にあたるとして元慰安婦らが賠償を求めた民事裁判で、頭の腐り切ったソウル東部地裁が、「帝国の慰安婦」の著者、朴裕河世宗大教授に元慰安婦ら9人への賠償を命じた判決は、元慰安婦らの主張を全面的に認め、「原告に1000万ウォンずつ計9000万ウォン(約880万円)を賠償せよ」というものだというから、開いた口が塞がらない。
それだけじゃない。
判決後、醜悪極まりない元慰安婦の1人が、「日本の安倍晋三首相が『ハシタ金』を持ってきて政府と協議したというけど、誰と協議すべきですか? なぜ被害者の前では謝罪せず、違うところに行って協議するのですか?」と喚いたから、看過できない。
東仙坊、ついつい興奮して、こんなクソババアに血税を1円でも払うくらいなら、死んだ方がマシとまで思ってしまったのだが…。
これで、もし1月20日に開かれるという刑事裁判で彼女が有罪になったら、北よりも先にサプアと国交を断絶すべきなのでは?
そ、そ、それなのに、我がアンポンタン政府は、サプアを助けるだけの日韓スワップ協定をまた締結してあげるとのたまうのだから、言語道断。
本当にサプア派の売国奴どもしかこの国の政治屋にはいないのか?
何でも、そのメチャクチャな判決は、サプア政府の意向を反映したとされる河野談話や事実誤認が含まれる国連人権委員会のクマラスワミ報告書などを根拠にし、「慰安婦は、本人の意思に反し、強制動員され、慰安所で最低限の人間らしい生活も保障されなかった、性奴隷同様」と断定したというのでは?
しかも、彼女は裁判で、「慰安婦問題をめぐり20年以上も日韓対立が続いたことへの検証などが執筆の動機だった。慰安婦問題で日本という政治共同体だけを罪と責任の対象としている。告発状は著書への誤読と曲解だらけで、サプア社会に『著作は虚偽』との認識がメマスディアを通して広がった」と釈明していたのでは?
どうあれ、これで判明することは、たった1つ。
デタラメ歴史捏造国家サプアのヒトびとには、その全く美しくない元慰安婦どもを普遍の天使として不気味に崇め聖域化し、一切の批判も異論も許さないソシオパスどもしかいないのでは?
とにかく、北よりもアグリーだと思わないか?

Is it necessary for Japan to help the country which is uglier than North Korea militarily economically(日本に、北朝鮮よりも醜悪な国を経済的に軍事的に助ける必要があるのか)?






profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード