Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

彷徨う大和魂-35 安穏火、消せよ!?-255

It must be DNA to have been a black, and first Eve of the human is proved(人類の最初のイブは黒人であったことがDNAで証明されているのでは)?

東仙坊、我が日本の慰安婦問題の根幹は、極めてストレートでエモーショナルで近視眼的なUSAのラップ型思考のせいだとたびたび言及してきている。
彼らの致命的欠陥は、モノゴトを「big picture(全体像)」として俯瞰的に見られないだけでなく、黒白の二者択一で瞬時に判断してしまうこと。
そして、その世界でたった1つの他民族融合国家であるにもかかわらず、自分たちの本流だと思い込みたいアングロサクソン系一神教白人至上主義社会だと世界に吹聴していること。
その見地から、絶えずアジア人に対しては、「黄禍論」でしかモノゴトを判断しないこと。
それが顕著に表れたのが、かつて自分たちの黄色の奴隷でしかなかった中国が世界第2位の経済大国に変貌し、まるで自分たちと対等かのように振舞い始めると、中国叩き。
そう、彼らにとって、中国人はネズミでなければ許さないのである。
それは、日本人に対しても同じ。
ところが、そこに問題が生まれる。
かつてそのUSAの占領国でしかなかった日本人の自分たちの認識に、ときとしてUSAはブチ切れる。
ともすると、我々自身が、USAにとっては黄色人種でしかないという基本を忘れてしまうこと。
世界中の民族が、とりわけ、黄色人種のすべてが世界一の強国であり繁栄国であるUSA人になることにメチャクチャ憧憬を抱いてかしずくのに、日本人であることを平気で自負すること。
それどころか、その聡明さと創意工夫でUSA人を圧倒し、彼らをジョラシーの塊にするだけでなく、日本の足を引っ張る陰険な行動に駆り立てるほど。
その意味で、USA人にとって日本人はアライグマ。
えっ、サプア人は?って?
さしずめ、コックローチ。
どうあれ、では、USAは同盟国のはずの日本を目の敵にするのか?
19世紀にようやく念願の白人至上主義の世界を構築できた欧米国の中で、最も歴史が浅いのに20世紀になり世界最強国の地位を獲得したUSA人に、唯一本気で戦争を仕かけてきたとんでもない国であること。
しかも、自分たちの異教徒であるということ。
そのうえ、世界一の文明国を誇る自分たちに自分たちの手で卓越した戦艦や戦闘機を建造し立ち向かってきた脅威のある国であるということ。
さらに、自分たちの意識する寛大さやバランス感覚やモラルを生意気にも自然に持ち合わせているということ。
その点から言うと、とにかく生意気な国でしかないということ。
どうだろう?
慰安婦問題でUSAがどこかサプアに組みする理由が少しはわかってこないか?
我が日本を野蛮極まりない非人道国家としておきたい理由が…。
ところで、1982年、USAで、「アメラジアン法」が制定されているということをご存知か?
ようは、USA人が自分勝手にアジア人に産ませて捨てた子ども約100万人にUSAにくればUSA市民権を与えるという法律。
そう、あのパール・バックが作った言葉「アメラジアン」とは、中国、日本、サプア、ベトナム、ラオス、カンボジア、タイ、フィリピンなどアジアで残虐にやりまくって創った子どもたちのコト。
もっとも、その「アメラジアン法」では、日本とフィリピンは対象にされていない。
なぜなら?
日本人の女性のほとんどが堕胎したうえ仮に産んでもテテナシ子として日陰で育てているし、逆にフィリピンではその数が多過ぎて受け入れるワケにはいかないから。
まあ、一番の本音は、自分たちが野蛮な非人道国家と喧伝している同盟国日本から、あれこれ後ろ指差されたくないから。
だからこそ、サプアの慰安婦での日本攻撃を後ろから全面バックアップしているのである。
と、と、ところが、慰安婦問題でのデタラメ反日の先鋒である従北派の反日団体「サプア挺身隊問題対策協議会(挺対協)」が主導し、2014年6月25日、北の言うことを聞かないUSAに反撃すべき、USA軍慰安婦として働かされたとしてサプア人女性ら122人にサプア政府を相手に国家賠償訴訟を求める初めてを起こさせたから、真っ青、顔面蒼白。
それはそうである。
すでに売春禁止法が発令されていたサプアで、1950~1980年代、在韓USA軍維持などのためサプア政府が売春を奨励し、性病検査を強制していたことが、証明されてしまったのだから、身もフタもないだけ。
しかも、1977年、朴正煕大統領署名入りの「基地村浄化対策」という文書が作成されていたことまで判明。
全国62の基地村で9935人の女性が専用アパートまで用意されて強制的収容生活をさせられながら、USA軍のために身を粉にして性労働をさせられたというのである。
それだけじゃない。
「挺対協」は、昨年3月、ベトナム戦争時のサプア軍による民間人虐殺について、サプア政府が謝罪し法的責任をとるようにと訴えたから、ますますドツボ。
そして、それが実際の現地調査で、ベトナム全土で約100ヵ所で1万~3万人に対して実行したというのだから、完全に絶句。
そのうえ、虐殺を生き延びたという人が、「サプア兵は、誰かれかまわず、村人を探し出し、殺戮を始めた。家にいた女性は暴行され、ナイフで切られ、なぶり殺しにされ、老人は射殺された。そして、家を焼き払った」と証言されてしまったから、サプア以上に真っ青。
日本を黙らせるためにサプアの慰安婦での反日を黙認し、自分たちの蛮行に火の粉がかからないようにしている場合ではなくなってきているのでは?

Does crib nation Korea do the anti-Japan activity in the comfort women of all sorts of lies mimicking the principle of supremacy of USA of white(パクリ国家サプアは、USAの白人至上主義をマネして嘘八百の慰安婦での反日活動をしているだけかも)?

profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード