Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

ああ日本砂漠-134 「事故責任」よりも、「自己責任」!?-3

Is there really a university student who doesn't know “it will be bad which will be cheap” that it must be social common sense(大学生にもなって、社会常識である「安かろう、悪かろう」のことを知らない人が本当にいるのか)?

東仙坊、生まれてこのかた旅行代理店のパッケージツアーを利用したことがないので、念のためヤングのマネをしてサイトで、「キースツアー」と「フジメイトトラベル」なる胡散臭い旅行代理店のHP、会社概要をチェック。
それで、ビックリ仰天。
なぜなら、このようなインフォーメーションでこれらの旅行代理店を躊躇いなく利用できるようなヒトたちは、出会い系サイトでイヤな思いをするか、マルチ商法の被害者になるか、将来母さん助けて詐欺の被害者になるのがオチ。
その洞察力、判断力、リスク管理能力に、疑問があると言わざるを得ないから。
すなわち、社会に貢献するような可能性がゼロに等しいと判断せざるを得ないから。
その意味で、メチャクチャ社会性に欠如し、世の中を舐めている未熟なヒトたちと言っても過言ではないのでは?
実際、バスの運転手がシートベルト着用を支持しなかったとか、運転が粗くスピードを出し過ぎていると感じていながら黙っているようでは、オコチャマなのでは?
では、なぜそこまで無知蒙昧なのか?
それは我が国のお粗末な教育の問題。
とにかく、1人の人間としての想像力と想像力を鍛錬することを怠っているからに他ならない。
まあ、教科書出版会社からの供応を受けている教師が4000人近くもいるのだから、それも当たり前か。
実は、そんなタガの緩み切った風潮を創り上げているのが、少しもラブリーでもチャーミングでもなく、ただただ薄気味悪く稚拙な「ゆるキャラ」ブームだと感じているのは、東仙坊だけではないと思いたいのだが…。
人前で自分の親を表現するのに父とか母と言えないように、自分のお爺さんお婆さんを表現するのに祖父とか祖母と言えないように、審美眼を持たないナンセンスなヒトどもがそれぞれの自治体で生活する住民や来訪者たちをそのくらい低級と小バカにしたようなネーミングをつけ、○○ちゃんとか××くんとか幼児語での幼稚園。
文明的かつ文化的ソフィストケーションと大きく乖離。
当然、日本人が誇る「スマートネス(粋)」とは真逆。
そのせいか、2つ目が、いよいよ準々決勝に入ったテニスの全豪オープンの話。
しかし、それはとっくに見切りをつけた日本選手についてではなく、その応援にはるばるメルボルンにまで駆けつけている日本人の観客についてのこと。
東仙坊、たびたび書き込んでいるが、住んでもいいとさえ思うオーストラリアに、日本から約10時間強、初日に36℃以上もあったメルボルンに出かけられる方々へのジャラシーなどでは毛頭ない。
けれども、どうしてもついつい観ていて、チャイルデッシュな着ぐるみを身につけている日本人観客に違和感を覚えて仕方がないから。
日本語だろうと英語だろうとビルボードや横断幕、日の丸国旗を持つのも、日の丸の鉢巻きを頭に巻くのも、アーティステックでビューティフルなフェイスペイントをするのも構わない。
しかしながら、クソ暑いスタンドで何の意味かわからないキャラの着ぐるみを被るのは、どういうセンス?
何をするのもカラスの勝手ということですませるつもり?
そうなのだろうか?
いろいろな意味で世界の注目を浴びている日本人…、そこに求められているのは成熟した文化度なのでは?
その見地からすると、オリンピックやスポーツの各種世界大会で、相も変わらずチョンマゲや羽織袴が象徴的日本人かのように考えているヒトたちも同じでは?
例え一見中韓のヒトたちと区別がつきそうに思われなくても、滲み出ている矜持や奥ゆかしさや聡明さ、醸し出ている控え目さや思いやりや正直さ、輝く人間的な瞳、そして、ファショナブルでソフィスケーテッドされた服装や所作などから、日本人に違ないと思われることこそが重要なのでは?
それなのに、背が高くなく、足が長くなく、八頭身でもないのに、ちっとも可愛くもない「ゆるキャラ着ぐるみ」を着たがり、不気味な被り物をつけたがるのは、単なる目立ちたがり屋のソシオパスのようなものでは?
どうあれ、これだけ残虐なテロが続く時代に、あえてリスキーな世界中から人が集まる場所に自らの意思で出かける以上、その安全管理はもちろん、その行動一つにも国を代表しているぐらいの気概が必要なのでは?
それは、2014年リオデジャネイロでのサッカーワールドカップで世界的話題になった「試合後のゴミ拾い」で証明されているのでは?
どちらにしても、オーストラリアには、捕鯨反対、山火事、干ばつ、人種差別などがあるが、我が日本と防衛的な同盟を結ぶべき相手だということを忘れてはいけないのでは?
そして、中韓による慰安婦像建立という歴史円の戦場であるということも忘れてはいけないのでは?実際、なぜか日本人選手の対戦相手を応援するアジア人どもの顔が目についたのでは?
それに勝利するためにも、低俗かつ意味不明でしかない着ぐるみは止めるべきなのでは?
連日、7万人以上が集まっているという全豪テニス会場で、そのマナーのよさと人間性でオーストラリア人から信頼されるべきなのでは?
それは、今年開催されるリオデジャネイロ・オリンピックでも同じなのでは?

Some rotten Japanese of the head of the hot dog! Please don't wear weird costume in the body any place other than your house(目立ちたがり屋の頭の腐った一部の日本人たちよ! お願いだから自分の家以外で不気味な着ぐるみを身にまとわないで)!

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード