Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

ああ日本砂漠-134 「事故責任」よりも、「自己責任」!?-5

One which it doesn't wanna take even if a newborn baby dies of illness must be “microcephalia”(新生児が、死んでもかかりたくない病気の一つが、「小頭症」)!

新生児が同じ年齢や同じ性別の子どもより頭が極端に小さくなった状態になる、「小頭症」…。
そのために、先天的に脳の発育が不十分で知能や運動機能の発達障害が出る、「小頭症」…。
そして、新生児が後天的に脳の一部が圧迫されることでの頭痛、視神経萎縮、運動障害、痙攣、興奮しやすくなる、「小頭症」…。
今日まで有効な根本的治療法も予防ワクチンも全く見つかっていない難病、「小頭症」…。
現在の時点で判明していることは、妊娠後最初の3ヵ月間が最もリスクが高いということだけ。
それゆえ、新生児の胎内感染、周産期障害、頭蓋内出血、中枢神経感染症と言わざるを得ない重大疾病、「小頭症」…。
東仙坊、ブラジルで一見美人の母親から生れ続けている母親似ではないアンラッキーな「小頭症(microcephalia)」の新生児たちを観ながら、可哀想に…とただただ絶句。
そして、これでは八頭身だ…などと冗談でも歓んではいられないと真っ青。
そのうえで、傍若無人に地球をいたぶり温暖化を促進させ、雨を多く降らせているアホな人類への地球からの新たな警告では?と、メチャクチャ真摯な気分。
それにしても、ここのところの地球内の小さな生命体の反撃には、正直、衝撃を覚えないか?
それもデング熱と同様、ヒトスジシマカ(ヤブ蚊)が媒介するとは?
どうあれ、アマゾンの熱帯雨林を抱えるようなブラジルで、殺虫剤も防虫スプレーも買えず、自家製の殺虫剤でしのいでいるというテイタラクは、一体何?
何がBRICsだ、驚異の経済成長だと思わないか?
そ、そ、それなのに、我が国の厚生労働省の「妊娠を考えている女性は、『ジカ・ウイルス』が拡大しているブラジルやコロンビアなどの中南米地域への渡航予定を先延ばしすることも含めて、家族や医師とよく話し合った方がいい」という警告だけ。
本当に情けないアンポンタン。
昨年のデング熱パンデミックで何も学んでいないのか?
妊婦本人が行かなくても、そばにいる誰かが行って刺されて帰ってくれば、同じことが起きるのでは?
しかも、その刺された本人は何も発症しないケースが多いというのだから最悪では?
なぜなら、リスク管理に鈍感でリアリティに欠如する日本人、自分が蚊に刺されたくらいではほとんど気にしないに違いないから。
しかしながら、この蚊が媒介する感染症の本当の脅威は、その「ジカ・ウイルス」を持って帰国したヒトを刺した蚊が新たに妊婦を刺すこと。
それゆえ、今、大パンデミックになってしまっているのでは?
東仙坊、どうせ誰も言わないだろうから、あえて言わざるを得ない。
妊婦は、特に妊娠3ヶ月くらいの妊婦は、生れてくる自分の子どものために絶対に蚊に刺されてはいけない!!!と…。
ちなみに、「ギラン・バレー症候群」についても、念のために一言。
「ギラン・バレー症候群」とは、急性の多発性根神経炎の一つで、主に筋肉を動かす運動神経障害から、四肢に力が入らなくなるという難病。
どうだろう?
ノホホンとリオデジャネイロ・オリンピックなどと歓んでいる場合ではないのでは?
しかも、ブラジルには、ロクな防虫剤も虫よけスプレーもないと思うが…。
えっ、日本からそれらを持っていけばいいじゃないか?って?
今は、どうなっているか知らないが、スプレー型は液体入りの防虫剤は、飛行機に持ち込めないのでは?
どちらにしても、母親として自覚し、先天異常の子どもを持ちたくないのなら、ドラッグ同様、蚊に刺されることに目いっぱい注意を払うべきだと思うが、どうだろう?
もっとも、最近は、できちゃったから仕方ないとか、一度産んでみたかったからとか、少子化とウルサイから産んでやったとか、出産の42万円と前後の56万円の手当てが欲しいからとか、ジコチュウ的に子ども産む女性が減っているから、そんな心配は無用かも(?)。
そう言えば、我が国では、母親による子どもへの虐待など滅多に起きていないかも(?)
だからこそ、寒さや雪のコトばかり幼稚なマスメディアに取り上げられていても、「おたふくかぜ」なるウイルス性感染症「流行性耳下腺炎」の4年半ぶりの全国的な流行の兆しに細心の注意を怠ることもないはず。
我が子のワクチン接種は当然で、手洗いやウガイを徹底的に励行させているはず。
それはそうである。
ムンプスウイルスに感染することで潜伏期間2~3週間で発症し、耳や顎の下が腫れて熱が出て、下手をすると髄膜炎を併発したり、1000人に1人程度の割合で難聴になったりする場合もあるというのだから、必死に気をつけるのは当たり前。
とりわけ、これから夏に向けて増加する傾向が強いというのだから、かからせないことが母親の責任。
どうだろう?
我が国では、母親が自分の子どものコトに関し、しっかりと「自己責任」の自覚を持っているので、「ジカ・ウイルス」も、「おたふくかぜ」も、絶対に流行らないと思わないか?

Japanese mother who gives all energy to a child would be not easily stabbed in by a mosquito(子どものために全精力を捧げる日本の母親なら、簡単に蚊に刺されることはない)!
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード