Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

真実イチロー マーリンズというチームが我がイチローのストレスを軽減してくれる!?-1

Because Ichiro continues struggling under the various disadvantageous situation as a pure baseball boy bravely, he must be great(イチローは、純粋な野球小僧として、いろいろな不利な状況下でも敢然と奮闘し続けているから、偉大)!

東仙坊、つくづく世界一のお人好し国家の国民で頭も心も蕩けるほど甘い日本人のリアリティの欠如に愕然としている。
いつのまにかグロバリゼーションで世界は一つ、我々日本もその世界の重要な一員と錯覚し、これだけ世界に巨額をバラ撒けば世界に大きな影響を与えられると勘違い。
その平和ボケ丸出しのノーテンキさで、世界にノコノコ出かけ事故や事件に巻き込まれたりする、愚の骨頂。
今、世界がカオスそのものだということなどには、まったく無警戒。
例えば、唯一の同盟国で育ての親のUSAでの大統領選。
まるで人がやっているトランプ遊びのように捉え、誰が勝とうが負けようが興味ナシ。
かつて、東仙坊、バラク・オバマが大統領になったら…と懸念したのと同じで、もしドナルド・トランプが大統領になったら、日本はメチャクチャ青息吐息。
というのも、あの金儲けしか知らないお調子者は、日米同盟は不平等同盟と明言しているのだから。
とにもかくにも、日本はそのUSAの現状にももっと目を凝らすべき。
自業自得の地球温暖化の天災で、ここのところUSA全土がグジャグジャ。
それだけじゃない。
2012年商業化に成功し、恒久的に安定供給が可能なクリーンエネルギーとして、「シェールガス革命」とか「シェールオイル革命」とまで脚光を浴びていた、その「シェールガス」と「シェールオイル」。
実は、その採掘地帯のUSA東部と中部で、不気味な人工地震が続いているとか。
なかでも、オクラホマ州では、年間2~3回しか発生しなかった地震が1日2~3回発生しているというから、かなり深刻。
どうだろう?
育ての親の現実にさえも、いつも細心の注意を払うべきなのでは?
さて、イチローをテーマに書き込むのに、なぜこんなイントロを添えたのか?
それは、USAやEUで日本人がいろいろ活躍しても、素直にUSA人やEU人がそれを認めないばかりか、それを妬むヒトびとがいるというコト。
そう、イエローモンキーが調子に乗りやがってという眼差しで溢れるというコト。
そんな逆境の中で、我がイチローは戦い続けて、これまでの輝かしい成績を挙げてきたんだと伝えたいためのイントロ。
とりわけ、自分たちの稼ぎ場所で君臨するアジアンに、ラティーナ系の審判は辛辣。
実は、驚異的な世界記録を叩き出した男子フィギアスケートの審判にもいる。
同じく、超人的な強さを発揮している女子スキージャンプの高梨沙羅の飛型点ジャッジにもいる。
それどころか、高梨沙羅がここまで圧倒してしまっていると、陰険なFIS得意のレギュレーション変更がまもなくあるかも?
ついでに言えば、ドルトムントの香川真二だって、あのバイエルンのトーマス・ミュラーを破ってブンデスリーグ前半戦のベスト・アクティブMFに選ばれたら、意固地なジコチュウ白人至上主義者のトーマス・トゥヘルによって卑怯に干される状態。
もともと、前監督の秘蔵っ子が嫌いらしからそれも当然。
そして、それを決定的に感じたのが、2月8日、PGA「ウェイストマネジメント フェニックスオープン」最終日。
トップは、3打差で、サプア系ニュージーランド人のダニー・リー。
メチャクチャテンパーでマナーの悪い餓鬼。
そして、追うのが日本人松山英樹とそのプレースタイルがサムライのような日系クォーターUSA人リッキー・ファウラー。
東仙坊、ガンバレ! 大和魂と柄でもなくゴルフ観戦。
4番ホール終了時、なんと5人がトップタイの大激戦。
そ、そ、そうしたら、リッキー・ファウラーが祖父の名前の「田中豊」という漢字のタトーを腕に彫っていることがわかって、リッキー・ファウラーが勝つならまあいいと納得。
16番ホール、そのリッキー・ファウラーの祖父母が応援しているのを目にして、ますます納得。
そして、最終18番、松山英樹がミラクルバーディーで2人のプレーオフ。
そ、そ、そうしたら、一気に61万人以上の観戦者を集めた会場が、「Rickie 」、「USA」の大合唱に一変。
東仙坊、ワケがわからないほど、燃えた…。
それからは、松山英樹の1打、1打に念力。
プレーオフが4ホール目の17番になれば、かならず勝てると一心不乱。
そ、そ、そうしたていたら、ホールアウトした選手たちまでが、リッキー・ファウラーの応援に回って、もう真っ赤赤…。
そして、読み通りに17番ホールで松山英樹がプレーオフを制して、ただただ感涙。
それから、握手し合う2人のサムライの姿に、メチャクチャ感動。
どちらにしても、世界は、USAはそんな状況だからこそ、それらを跳ね返して、我が道を行く孤高のサムライ、イチローが好き。

The Japanese must be performed racial discrimination of definitely in the world than we Japanese think(我々日本人が考えているより、世界では日本人は明確に人種差別されている)!

To be continued...

profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード