Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

彷徨う大和魂-35 安穏火、消せよ!?-282

We must build a stronger defense system to save it as we would never ever be concerned with the Korean Peninsula at all(朝鮮半島に一切関わらないためにも、我々はより強固な防衛システムを構築しなければならない)!

東仙坊、再三再四、サプアのお嬢さん大統領のピンボケぶりを指摘してきた。
その最大のモノが、自分たち主導の南北統一。
それはそうだと思わないか。
北は、かねてから自分たちこそがサプアの本流で、自分たちが南北統一をすると宣言しているのだから。
それを飢餓で苦しみ極貧の経済状態なのだから、到底ムリと考えることはナンセンス。
その小中華思想に基づく独り善がりの主体思想こそ、サプアの原点。
実際、核を持ち武力で戦うと豪語する北に失うものは何もナシ。
また、だからこそ、USAだって手を出さないでガマンしているはず。
何らかのUSAの国益があれば、とっくに殲滅してしまっているはず。
一方、持てる国になってしまったサプアには、戦闘意欲など皆無。
もともと、いい加減で適当な民族なのだから、自分の血を流して戦おうなどという気持ちなどサラサラナシ。
事実、朝鮮戦争だって、USAが膨大な血を流して守ってやらなかったら、今ごろ国もナシ。
それだけじゃない。
何とか北を金で釣ろうと、懸命の努力。
それこそが、サプアの正統の歴史。
従北派金大中政権時、当時5億ドルの秘密の金を払って南北首脳会談を実現してノーベル賞の権威づけにしたというから、マンガ。
そのとき、本当は10億ドルを要求されていたというから、大笑い。
従北派盧武鉉政権時、直通電話で北に国家支援を行うとともに秘密支援も実行し、2006年10月北が初の核実験を実施した翌年にオタンコナス大統領は南北会談を実現。
一体いくら渡したことか?
2008年からの李明博政権時、北とのパイプが一時途絶すると、2009年5月2回目の核実験、2010年3月哨戒艇「天安」沈没事件、2010年11月延坪島砲撃事件と脅し三昧。
そのせいで、2011年6月、北が謝罪したような折衷案を作ってくれとサプアが非公開会議において金銭で懇請したというから、救い難いほど情けなくてみっともないサプア。
昨年8月4日、お嬢さん政権下で起きた軍事境界線の地雷爆発事件では北が「準戦時状態」を宣言し南北高官による会談。
会場はサプア領内、サプア側代表者2人は北シンパで、加えて協議の映像が青瓦台に中継。
そして、昨年8月24日、サプア国家安保戦略研究院劉性玉院長は、「事件のたびにケーブルテレビによるトップ交渉が行われていた」とついに暴露。
どうだろう?
東仙坊、南北サプアと絶交すべきと言い切る所以がご理解できるのでは?
なぜなら、北を鉄砲玉として活用する黒社会中国は、今やサプアも完全な子分。
バカマジメな普通の我が国は、一度サプアを助けてこれほどまでにイヤな思いをさせられているのだから、もう二度と朝鮮半島のコトに巻き込まれるべきではないのでは?
何が起きても、対岸の火事。
どうだろう?
それしかないと思わないか?
えっ、もし朝鮮半島で騒ぎがあったらイヤでも巻き込まれるじゃないか?って?
そんなはずがあるワケない。
そうなったら、中国が黙っているはずがないと思わないか?
中国が本当に困るのは、北が崩壊したり、南北が統一されること。
その意味では、中国にそうなったらどうする?と強烈にプレッシャーをかけ続ければいいだけ。
と同時に、バカみたいに中国マーケットが棄て難いとか、パクリしかできない南北サプアに協力などしていないで、中国や南北サプアと絶縁すればいいだけ。
関わらないことこそが、庶民の知恵なのでは?
もちろん、教えたり、助けたりは論外。
いろいろな点で危うくなってきたサプアが、日本に助けてと言ってきたところで、無視。
一切耳を貸してはダメ。
それは正しい歴史が証明しているのでは?
サプアは、今なお豊臣秀吉の日本軍がかつて攻め込んできたことを恨み骨髄かのように言うが、そのときだって、満州軍の侵攻を受けるやいなや、日本に助けてと言ってきたのでは?
そのことは、仁祖17年7月22日丁丑条「仁祖実録」に、「士大夫間に亦た行言あり、倭に請うて来るを欲するに至る」と明記されているとか。
どうあれ、金輪際、サプアとは一切関わらないこと。
それこそが、日本の未来のためなのでは?
そう、せいぜいガンバって、さようなら、それしかない。
まさに、永遠に「アンニョンイケセヨ」。

It must be the time for us to say goodby to Korea for ever(永遠にさよならをサプアに言うとき)!








profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード