Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

検証プロファイリング 新宿母子不明事件-3

The present conditions of the assailant by this case and the family collapse to see to a victim of Japan must be more serious than dissolution of the arctic ice(この事件での加害者と被害者に見る日本の家族崩壊の現状は、北極の氷の溶解よりも深刻)!

■新宿母子不明事件

●現時点で知り得る限りの事件の概要

昨年6月25日、クソッタレの親戚の墓がある神奈川県相模原市緑区の墓地の穴から無残に発見されたHWBGの遺体は、ブルーシートに包まれ、ほぼ全身がそろった状態だったとか。
司法解剖の結果、明確な死因は不詳だが、頸部に内出血の痕があり、首を絞められるなどして窒息死させられた模様(?)。
ともあれ、2人は、オタンチンの東京都世田谷のマンションの部屋になぜか遺体を2013年6月ごろ1ヵ月以上放置した後、レンターカで遺棄現場まで運搬。
実際、オタンチンのマンションエレベーターの防犯カメラに、2013年7月19日、ブルーシートに包まれたものを台車に乗せて運び出す2人の姿が写っていたとか。
また、クソッタレが、遺棄前に東京都町田市の山林にも立ち寄っていたこと、遺棄前後に遺棄現場になった墓地を訪れていたことも判明しているとか。
そんな中で、奇妙な話が1つ。
そのオタンチンの住んでいた世田谷区のマンションで、2013年7月20日、異臭騒ぎ発生。
何でも、夕方、異臭がするとの110番通報に、警察官が出動。
部屋に誰もいなかったが、クソッタレが途中で帰宅。
そこで、外出していたオタンチンも呼び戻し、2人から事情聴取をしたとか。
すると、クソッタレは、「飼っていた犬2匹が6月中旬に死んだ。7月19日に町田市の山に捨てた」と供述。
オタンチンは、「彼が犬をもらってきた。死んでからはどうしていいかわからず放置していた。その死骸の運搬を手伝うように言われた」と供述。
凄く変だと思わないのか?
警察は、その犬の種類、購入先もしくはもらい先、捨てた場所の裏などをなぜ取らないのか?
どうあれ、そのころ頻繁に静岡県富士市の実家に戻っていたオタンチンは、その直後に賃貸契約を解除。
ところで、HWBGの遺体発見直後、遺体遺棄を認めたクソッタレは、「気づいたら死んでいた(?)」とほざき、後は知らぬ存ぜずの一点張り。
特に、オタンチンの友人は、公判で、「クソッタレが、大手芸能プロダクションの社長からトラの死体を預かっていて、違法で買っていたから埋めて隠さなければいけないと言う話をされました」と証言しているというから、何をかいわんや。
そして、ミステリアスな話が1つ。
間違いなく2013年6月ごろには無残に殺害されていたHWBGの新宿のマンションの家賃が、約1年間にわたって入金されていて、2014年8月下旬、HWBGの「代理人(?)」を名乗る人物が解約しているということ。
警察は、何でこの人物をすぐに特定できないのか?

●ホシのプロフィール

①佐藤一磨なるクソッタレ
東京都渋谷区の高級住宅街にある3階建ての瀟洒な大住宅で、両親と弟と4人暮らし。
何でも、敷地面積約60坪で時価3、4億円とかで、高級車もいっぱいとも。
自宅から近いコーヒー店でのアルバイト店員だったのに、慶応大卒を吹聴し、高級そうなスーツに身を包んでさっそうと出かける姿がたびたび目撃されていたとか。
そして、出かける時間はバラバラで、人に気づくと携帯電話を取って芸能人と話しているかのようなフェイクをする典型的なナルシスト型誇大妄想狂だったとか。
当然のごとく、女性には、慶応大卒とフジテレビ社員という幼稚な虚偽を平然と語っていたとも。
それもこれも、父親が一流企業社員で、母親が大手放送局のアナウンサー&プロデューサーだったせいだとも。
まあ、昨今、そこら中にゴロゴロいる単なるジコチュウの未成長なチャラオだったということか。
中学校の卒業文集、「安定感」。
「この三年間で一番めざした事は安定感を身につける事です。授業には自分でも驚くぐらいまじめに取り組みました。高校生になってもこの中学で学んだ事、そして安定感をいつまでも持ち続けたい」
高校の卒業文集、「一年生の時はバドミントン部と茶道部、二年生は部活に生徒会、三年生は応援と、ありとあらゆる物をやっていました。そのおかげで友達、とくに他学年で多くつくることができました」。
ともあれ、この2つ文集から読み取れるのは、ナニゴトにも自信のないイジケた劣等感の強い餓鬼で、自分がなぜ人から好かれないのか?ということを理解できない、人とのコネクションを創ることが苦手なソシオパスとしか思えないのだが…。

Is a rich person given the license which may make my child the indiscreet dissipation in this kind of world as money is all(金がすべての現代では、金持ちには我が子を無思慮な放蕩にしていいライセンスが与えられているのか)?

To be continued...



profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード