Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

プロファイリング-37 東京・新宿25歳女性劇団員兼居酒屋アルバイト女性絞殺事件-The END

This case must be plan murder of the psychopath which he thought a piece to be it to a woman liked by a large number of men and had done(この事件は、大勢の男たちから好かれている女性に片思いしたサイコパスの計画殺人)!

東仙坊、全英バトミントンで日本女性がシングルスとダブルスに優勝し、メチャクチャ感動していた。何しろ、シングルスでは、奥原希望なるヤングガールが実に大胆不敵。
主審を怒らせるほど平然と靴ヒモを結び直す姿に、思わずこっちがドキドキ。
そして、無敵と思い込んでいた中国選手をフルセットのうえ破り、絶体絶命のピンチから日本人選手として39年振りの逆転優勝…。
ダブルスでは、松友美佐紀と髙橋礼華ペアが、同じくその中国ペアばかりを、準々決勝、準決勝、決勝と続けて破り、優勝…。
それに比較し、決勝で格下のロシアペアに無様に負けた日本の男子ダブルスペアのなんと見苦しいことか。
思わず、女子選手たちの垢でも煎じて飲め!と叫んでしまったほど。
そのせいか、プレミアとブンデスで、岡崎慎司と香川真二の2人のShinjiが大活躍。
「Shinsational(シンジが世界をあっと言わせた)」となったことに、ただただホッ。
そ、そ、そうしたら、思わぬ朗報が…。
3月12日、東仙坊が、3月5日、プロファイリング-37 東京・新宿25歳女性劇団員兼居酒屋アルバイト女性絞殺事件-追補2と再プロファイリングしたばかりの事件で、警視庁中野署が、福島県矢吹町に住む、戸倉高広(37歳)なるクソッタレを、殺人で逮捕したというから、パチパチパチ。
何しろ、このクソッタレのDNAが、アンフィニッシュド・ドリーマーの遺体から検出されていたオトコのDNA型とピッタリマッチしたというから、決定的証拠。
本ボシであること間違いナシ。
ともあれ、これで東京や東北や関東の女性たちが少しは安心して生活できるか?というと、それは不可能。
このクソッタレのようなサイコパスが、そこら中にゴロゴロいるのが、今の日本の現実。
そして、我が日本のすっかり落ちぶれてしまった警察、「犯人の動機がわからないことがこの事件の難しさ(?)」などとトンチンカンなことを言っているから、ここまで逮捕に時間がかかるのでは?
それとも、逮捕できただけでもまだマシと受け取るべきか?
それにしても、事件現場からたった北西約300mのマンションに1人住まいしていて、事件直後の8月末には福島県矢吹町の実家に戻っていて、その住民票を8月末に実家に移し、家賃を9月分まで支払っていて、9月に引っ越したクソッタレを容疑者としてすぐに浮上させられなかったのは、なぜ?
しかも、このクソッタレ、アンフィニッシュド・ドリーマーのバイト先の居酒屋近くの会社(?)に2013年から営業(?)として働いていたというのでは?
そして、「親しみやすい雰囲気ではなかったので、成績は悪かった。上司に怒られると動揺してしまうこともあった。業務に悩んでいた様子で深夜まで接客練習していた」というのでは?
そのうえ、昨年春にはその会社を辞めていたというのでは?
ということは、その趣味のパチンコでもしながらブラブラしていたということなのでは?
つまり、クソッタレには相当自由時間があり、その少ない現場近くの防犯ビデオにも何度も写っていたのでは?
また、その防犯ビデオには、事件直後に車の停まっていた様子がないだけでなく、大きな荷物を持ち歩く人物の画像はなかったというのでは?
それでいて、実際、事件前日の昨年8月24日、現場周辺を歩く黒っぽい色の野球帽、黒っぽい色のTシャツ、黒っぽい色のズボンを着用したクソッタレの姿が複数のカメラに写っていたというのでは?
どうあれ、クソッタレのアパートの女性宅で、事件前の昨年8月12日、エアコンのリモコンが盗まれる空き巣が発生し、ドア内側には「部屋を片づけろ。幻滅した。性的欲求を満たしたかった」と書かれていた事件を即座に本格捜査していれば、アンフィニッシュド・ドリーマーがまだ生きていられた可能性もゼロじゃないと思うが、それでも、このクソッタレは、間違いなくアンフィニッシュド・ドリーマーだけを襲ったに違いない。
その明確な根拠を、東仙坊、判明したこのクソッタレのプロフィールから推察。
その前に、クソッタレの自供から判明した事件のプロセス。
①事件前日に高速バスで福島県から上京。天王洲から電車で自分のマンションに戻る。
②事件直前、近くのコンビニで買い物しているアンフィニッシュド・ドリーマーを発見。
コンビニの防犯カメラで2人を確認できているとか。
③「被害者を知らなかったが、たまたま近くで姿を見かけ、気になったので後をつけ、同じマンションの住民を装って同じタイミングで一緒にマンション内に侵入」
「現場マンションの廊下で、LINEを交換しようと声をかけたら、彼女が驚いて部屋に入ろうとしたので、すぐに追いかけて彼女の部屋に自分も入った」
「声を出されそうになったのでまず手で首を絞めた。抵抗されたので部屋にあったモノ(?)で絞め殺した」
「殺害後、××××、遺体を拭いてから逃げた。バッグや布団シーツや衣服やリュックサックなど十数点を持ち出し、自宅マンションのゴミ捨て場に捨てた」
④2月中旬、警視庁中野署からDNAの任意提出を要求されたとき、「昨年6月ごろ、東京の仕事を辞めて福島に引っ越してきたから、事件当時、東京の中野区内にはいなかった」。
それが、再度の任意の聴取に、「事件があった時期は中野区内のマンションで引っ越しの準備をしていた」と供述変更。
⑤3月10日、DNAがパーフェクトマッチ(???)。
⑥3月12日、逮捕されたとき、「被害者を全く知らないし、殺していない。現場マンションに行った記憶もない」と容疑を否認
⑦3月13日「私が殺しました。責任を取ります」と殺害方法について具体的に供述。
さて、このクソッタレ、福島県矢吹町の祖父の代から会計事務所を営む裕福な家庭に生まれ、剣道をやりながら、地元の小中高校を卒業
税理士資格を得るために上京、年に1~2回帰省。
税理士資格を取得できないまま、都内のカラオケ店やゴミ収集の仕事を転々。 
2013年から営業として新宿にあるアンフィニッシュド・ドリーマーのバイト先に近い会社(?)に就職。
アンフィニッシュド・ドリーマーのマンションから北西300mにあるマンションに1人住まい
昨年春、同僚に、「長くつき合っていた年下の彼女と結婚するので仕事を辞める」、「彼女の父親が飲食店などの仕事をしているので、そこで働く」、「八王子にマンションもあるので、そこに住む」と話していたとか。
どうだろう?
「すずむしや 電話の愛を 聞き返し」と歌っていたというアンフィニッシュド・ドリーマー、必死に多くの人から愛されたいと振る舞っていて、勝手に一目惚れされたサイコパスに、ストーカーされ、無残に殺害され、死姦され、二度と歌えないばかりか、夢さえ見られなくなってしまったのでは?
本当に身勝手な時代になってしまったと思わないか?

The asshole who doesn't know the genuine love couldn't understand at all a quality of human being who can be disappointed in love(本物の愛を知らないヤツは、失恋できる人間らしさを全く理解できない)!

























profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード