Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

検証プロファイリング 25歳小番一騎の妻!?

Nobody could become a genius, but the natural disaster should come over to anyone(天才には誰もがなれないが、天災は誰にもやってくる)!

益城町…。
Mashiki-machi、マシキマチと呼ぶとは…我が日本も広いな…。
東仙坊、なんともいえない感慨を覚えながらも、いまだにこの世界有数の地震大国に住みながら、まさか自分のところには地震は起きないと信じ込んで生きている方々がいるとは…と正直、複雑。
毎日のように無能な政治屋どもが安心・安全とかという言葉を詐欺師のように口にするせいか、いつのまにか「平和ボケ」の我が国民、「安全ボケ・安心ボケ」になってしまっているのかも。
実は、3.11から5年の記念行事(?)のごときのニュースに、最近、北海道、沖縄などでまでかなり大きな地震が頻発しているのにそういう場合?とか、関東だってやたら内陸直下型の地震がかなり増えているのに…と冷笑していたから、余計だった。
とりわけ、午後9時直前に、あの3.11のときにような真下からドンと突き上げられる地震があったばかりだから、摩訶不思議な気分だった。
それにしても、先進国、経済大国、化学技術大国と自他ともに認める我が国で、マグニチュード6.5程度の地震で、いくら震源約11㎞が浅かったからといって、ここまでグジャグジャに破壊されてしまう建物、インフラって、何?
自分の地域だけは大地震が発生しないと思い込んでいる? あるいは、思いたがる根拠は、何?
家が、塀が、道路が、電気が、水道が、ガスが、避難所まで役立たずになってしまう防災って、何?
地震で火事を起こしてしまうなんて、一体どんな防災意識?
そもそも、九州や四国地方は、そのフィリッピンプレートのユーラシアプレートへの潜り込みが激化していたのでは?
熊本県はもともと地盤が弱いうえに、布田川-日奈久活断層という極めてリスキーな活断層があるのでは?
それより何より、阿蘇山の噴火が激化しているのでは?
何しろ、過去30万年間で4度もの破局噴火が発生していて、9万年前の最大規模の破局噴火では、ジェットコスター火砕流が発生し、熊本県、佐賀県、長崎県、福岡県、大分県、宮崎県北半分、山口県南部はほぼ焼き尽くし旧石器人全員を数時間以内に絶滅させているというのでは?
どうあれ、今回の熊本地震での被災状況は、被災者の方々にはお気の毒でも、どう観たって、ハイチ、グアテマラ、ペルー、チリ、ネパール状態。
それなのに、観光日本とか、観光客4千万人誘致とか、チャンチャラオカシイと思うが、どうだろう?
せめて、地域住民の避難所くらいは核シェルター並みにしておくべきなのでは?
にもかかわらず、実際に大地震が発生してから右往左往しているようでは、自分だけは大丈夫と勝手に思い込みエイズや梅毒に感染するジコチュウヤングのようなのでは?
さて、東仙坊、本題に入る。
今、公判タケナワで、なぜかいろいろな意味で興味津々。
それは、ある女性に見る普通のオンナの本性、それも一見アトラクティブでもアドラブルでもない、逆に目立たなくノーマルにしか見えないオンナが醸し出す猥雑さに興奮する、これまた女性に関し卓見のない社会的地位を目いっぱい利用しようと企むサモシイ勘違いオトコとが織りなした、三流情事の結末。
そう、日本版「フェイタル・アトラクション」のドラマチックというよりもコミカルなエンディングストーリー…。
えっ、「フェイタル・アトラクション」って何か?って?
かなり前に話題騒然になった映画「Fatal Attraction」のこと。
確か、邦題は、「危険な情事」となっていたと思うが…。
その事件とは、昨年10月28日に安東章裁判官でスタートし、第4回公判の3月18日から家令和典裁判官に途中で変更された、東京地裁での「局部切断裁判」。
そして、東仙坊、メチャクチャ着目するのが、その被告である小番一騎(24歳)の25歳の妻。
ここでは、便宜上、彼女を「オーディナリービッチ」と呼ぶ。
オーディナリービッチは、両親とも銀行員という家庭に生まれ、東京の中高一貫の私立女子学園を卒業し、 慶応大学に通っていたとか。
また、バンド活動のようなコトもしていてギターを担当していたとか。
ともあれ、小番一騎と出遭い、すぐさま意気投合(?)し、2人で一緒に新宿のジャズバーでデートしながら、2012年2月から同棲を始め、2012年6月には結婚し(?)、東京都中野区上高田の美容室の隣の小さな賃貸の部屋で暮らし始めたとも。
一方、夫の小番一騎は、東京都世田谷区出身で、なぜか親の勧めでボクシングを始め、ボクシングジムにも所属。
2011年、プロのライセンス取得したものの、戦績は0戦0勝0敗。
つまり、試合出場経験ゼロ(?)。
目標・夢は「法曹」と公言し、好きな女性のタイプは、「意志が強い人」とも。
そして、 「将来は検事になりたい」と2013年、二松學舍大学大学院生から、弁護士を目指して慶応大法科大学院に編入(?)。
2人で法律関係の仕事に就くことを夢見ていたとも。
そのせいか、昨年6月には、小番一騎は司法試験の予備試験に合格していたとか(???)。
さて、一昨日の午後9時26分に発生したマグニチュード6.5の地震の後、異常なほどの大きな余震(?)が165回以上も発生している熊本地震で、気象庁が、3日以内にマグニチュード6.0以上で震度6弱程度は20%、マグニチュード5.5以上で震度5強程度は40%などと甘い発表していたら、今朝、午前1時25分、マグニチュード7.3震度6強の地震が発生した。
と、と、ということは、今までの地震が単なる前震でこれから本震がくるということなのでは?

This wife of defendant must be right a sample to understand the essence of the common woman(この被告の妻は、普通の女性の本質を理解するためのまさにサンプル)!

To be continued...
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード