Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

検証プロファイリング 25歳小番一騎の妻!?

There are not a man and the thing that the misunderstanding between the women who couldn't understand essence is never wiped out of the stupid man that couldn't understand the essence of the ordinary woman(普通の女の本質を理解できないオトコとバカな男の本質を理解できないオンナの間の誤解は、絶対に払拭されることはない)!

1人の倦怠期にどっぷり浸っているオトコ、1人の倦怠期に引きずり込まれたオンナが、そのエモーションのままに不倫関係になることなど、それこそ、日常茶飯事。
日本中、世界中、いたるところで毎日起きていること。
東仙坊、オーディナリーのバカップル、ごく普通の賢くないカップルと指摘する所以。
まさに、犬も猫も食わない「ソープ・オペラ」。
問題は、そのエンディング。
2人ともが苦笑しながら後悔半分、残念半分で、永遠の2人だけの秘密にできればオシャレでも、どちらかが勘違いして終わらせられないときが、メチャクチャ面倒。
しかも、その相手が未熟、大人じゃないとかなり厄介。
事実、コヤツが、sexでの反応の悪いオーディナリービッチとのコスプレを堪能すると、打算でつき合っていた彼女もさすがに三下り半を突きつけたくなったはず。
そう、ケチな器量の狭いオトコは、決して変わることがないとイヤというほど感じたはず。
そこで、オーディナリービッチは、より功利的かつ打算的に思案したはず。
夫も最低だけど、この不倫相手も最低。どちらも、いらない…。でも、生活を考えると…。
ワタシは何のためにこんなオトコとまでsexしなければならないの?
誰のせい、誰が悪いの?
オーディナリービッチは、あくまでもワガママ放題の普通のビッチらしく、すべてが自分の選択であることも忘れ、2人のロクでもないオトコどものせいとすでに思い込んでいたはず。
どうあれ、この手のオーディナリービッチは、一切責任を取ろうとしないうえ、人に押しつけるところが普通。
それゆえ、まず生理的な反応から始めるのも、また普通。
事実、オーディナリービッチは、「感情が冷めちゃうともうダメなんです」と供述してるはず。
40オトコにしてケチなうえ独り善がりなsexしかできない被害者男性に、心底触られたくもないと決めていた。
そのあたりのオーディナリービッチの心模様を精査しておきたい。
コヤツ、なぜか自信を深めたのか、オーディナリービッチのことをfacebookの友だちに申請。
オーディナリービッチが承認すると、Facebook上でメッセージのやりとりをするだけでなく、オーディナリービッチを独自のアダナで呼ぶようになったとか。
そして、マンガ喫茶に入り、オーディナリービッチをアダナで呼びながらキスを始めたとか。
その際、さすがにオーディナリービッチ、「アダナで呼ぶのは止めて」と言ったほど、 「アダナで呼ばれたときから一気に被害者の事が気持ち悪くなった」と証言しているとも。
とにもかくにも、高尾山でのコスプレsex後、コヤツが、クビにならずに給料を上げさせたくてsexをガマンしているだけの自分の気持ちを全然理解できないタコであることに、オーディナリービッチは閉口し切っていた。
「この関係はシャレだったはずでしょ」と言いたいのを懸命にガマンし、少しずつコヤツを遠ざけながら、「もう、止めましょう」と切り出した。
そして、「弁護士事務所を辞職したい」とまで言ってみた。
本当は、「何て勘違いハナハダシイ、オヤジなの!sexが下手なうえ、ドケチのくせに…触られるだけでも鳥肌になっているのがわからないの? ボケナス。それでも、ワタシとしたいなら、ちゃんと金を払いなさいよ。ワタシをバカにしないで!」と言いたいのをこれまた懸命にガマンして…。
けれども、すっかりヤングガールの肉体に溺れてしまっているコヤツ、「不倫関係を続ける気はない。だから辞めないように」とピンボケ対応。
そこで、「これ以上、先生のためにガンバれません」と駆け引きに出るも、ケチなコヤツはトンチンカン。
仕方なく、「先生がいかにワタシを大事に思ってくれているかが、本当に少しだけわかった気がします」と言ってみると、すっかりその気になるアンポンタン。
オーディナリービッチ、「何でワタシにはこんなどうしようもないオトコしかいないの? どうしようもないペットなら、すでに1匹飼ってるわ」と完全にシラケるばかり。
そんなとき、今度は、家でも帰りが遅いことでもう1匹のペットでしかない夫がキャンキャン吠え出した。
「うるさい、ウザい、冗談じゃないわ。誰のためにワタシがこんなイヤな思いをしているのよ。一応、ワタシの夫なら、自分の妻が仕事場でどんな思いをさせられているか、想像してみなさいよ。そう、ちょうどいいわ。自分の妻が上司に強姦されているのよ。アナタどうするの? 何ができるの?」とオーディナリービッチは、普通のオンナらしくブチ切れた。
「上司からセクハラを受けている」、「上司とのムリヤリの関係でストレスが溜まっていた」、「酒を飲まされ、sexを強要された」 、「2回だけ肉体関係を持った」…。
すると、夫に、「なぜ拒否しなかったのか?」と問い詰められ、「拒み続けたよ。ただ、ネックレスのせいで拒むのが弱くなっていたと思う(?)。頭が真っ白になって拒み続けたが、抵抗できなかった」と答えると、「オレだったら拒絶していたと思う」と言われた続けらたとか。
それに対し、オーディナリービッチ、内心、「フン。アンタみたいなみっともないオトコに何がわかるのよ。ワタシのことも、男女のコトも何も知らないくせに…」と冷笑していたに違いない。
もっとも、そんな一人前の男ではない夫が、ガキにふさわしいチャイルデシュなプランを立てるということまで考えてもいなかったはず。

When a lover of the immorality partner is worthless as for the husband, it is reason that the ordinary woman wants to run away from both(夫も不倫相手の愛人もロクでもない場合は、普通のオンナは両方から逃げ出したくなるのが道理)!

To be continued...



profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード