Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

真実イチロー イチローの活躍をイヤがる監督の下で…!?

There must be not the difficult thing as the jealousy of the man elsewhere(オトコのジェラシーほど厄介なモノは他にない)!

つ、つ、ついに、アンポンタン白人至上主義監督ドン・マッティングリーによる作為的恣意的イチロー飼い殺し戦術は、まるまる3日間。
1点差のゲームなのに最後まで1人蚊帳の外。
あの今シーズン初めてのトップバッター起用での我がイチローの大活躍がよほどお気に召さないご様子。
そこで、東仙坊、その胡散臭い背景を懸命に検証。
1つは、その大活躍の試合後、「イチロー、世界一の安打製造機へ」とマイアミの「パーム・ビーチ・ポスト」が、42歳イチローを大特集したこと。
「ドン・マッティングリー監督がゴードンを休養させるために急遽イチローを1番で起用することを決断」
「日米通算3300試合以上出場した経験があるなら、適応できる。イチローはこの日、3度出塁し(2安打、1四球)、スライディングキャッチする好プレーを見せ、マーリンズは5-1で勝利」
「指揮官はイチローに対し、起用する試合の前夜までに伝えていることを明かしていたが、この日は起用法までは知らされていなかった」
「イチローはヒットを打つために生まれてきた。彼はバットの入念な手入れを怠らない。バットを除湿機にかけるだけではない。イチローはバットの土などの汚れを取った後、ダグアウトにあるお決まりの場所にいつもバットを真っ直ぐ立てかけている。バットだけではない。木曜の試合では、記者はイチローがスパイクをキレイにし終わるまで少し待たなければならなかった」
ポイントは、ここでイチローが正直にまさかトップバッターとして起用してくれるとは思っていなかったとインタビューに応えてしまったこと。
それが指揮官への不信のように思ってしまった気がするのだが…。
2つ目は、N.Y.の評価を何よりも気にかけるドン・マッティングリー。
そのN.Y.の「デイリーニューズ」が、「イチローはマーリンズで3000本に迫るも、記録は眼中になし」と掲載。
かつてプレーしたヤンキースの地元でもあるニューヨークで今季初ゲームに臨んだイチローについて特集。
「現在イチローは、メジャーリーガーの誰もが羨む、そびえ立つ節目――3000安打の台地に迫っている」。
そして、イチローが、金字塔について、「その質問を3000回も聞かれた気がする。ボクは今年これまででたった1打席しか立っていないので、とても答えづらいです。雲に触ることはできますか?と聞かれているようなもの。ずっと先にあって、ボクはそこに全く焦点を置いていません」と言っていると紹介。
そのために、「プレー時間はイチローが3000本の安打を打つにあたり最大の妨げとなるだろう」と指摘。
一方で、「3000本はイチローの日々のモチベーションになってはいないという」とも指摘。
さらに、「もちろん、3000本打ったからって引退するワケではありませんし、その数字を最終的な目標としているワケでもありません。メディアは別の捉え方をしていますけれども。ボクはただ試合に出るだけです」とか、 「ボクにとって、殿堂入りや3000本安打といった多くの人々が注目している場所に焦点はありません。打席を得て、その打席でヒットを打ちたい。当たり前ですが、殿堂入りは誰か別の人が決めます。自分にとって、それを考えることはいいことではありません。自分にはどうしようもないものです」とイチローが言っているとも紹介。
そのうえで、「イチローがヒットを何本打つかにかかわらず殿堂入りだ。日本時代の1278安打を加えて日米通算4213安打に達している。つまりはピート・ローズの領域だ」と指摘。
どうだろう?
この正直なイチローのコメントが、まるでドン・マッティングリーの指揮を批判しているかのように受け取っているのでは?
そして、白人至上主義者として、ピート・ローズの領域に近づけてなるものかとも考えているのでは?3つ目が、現在、MLB全体で打率3位、出塁率2位、母方の父親が日本人というクリスチャン・イエリッチや子分のディー・ゴードンなどがイチローになついてしまっていること。
それにドン・マッティングリーがジャラシーを覚えていることは歴然。
最後は、サンフランシスコまで、あの「イチ・メーター」のMrsエイミー・フランツがイチローの応援に駆けつけたこと。
どうだろう?
その2942本というボードを見て、ドン・マッティングリーのジャラシーは頂点に達したのだと思うが…。
どちらにしても、このアンポンタンが、調子がいいイチローを何が何でも打席に立たせないことは確実。
1日も早く移籍すべきと思うが…。 

Ichiro should leave Marlins as soon as possible(イチローは、できるだけ早くマーリンズから離れるべき)!









profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード