Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

真実イチロー 愛弟子の不祥事の後に、怒りを込めて…!?

His father who was how much was a major leaguer, but, as for the disciple of Ichiro, his experience that mother was killed by an ex-boyfriend might make a big hole through some heart(イチローの愛弟子は、いくら父親がメジャーリーガーでも、母親が元彼に殺害された経験は、どこか心に大きな穴を開けていたのかも)!

東仙坊、イチローをリスペクトする日本人ピッチャーがイチローが苦手と確信している。
プライドとして打たなきゃと思い過ぎるからと判断している。
それゆえ、MLB史上最強のピッチャーになってしまった前田健太との対決は避けさせたかった。
そして、恨みはないがマルセロ・オスーナがキリキリ舞いすればいいと願っていた。
そ、そ、そうしたら、予感通り、我がイチローを先発させ、マルセロ・オスーナを休養させた。
しかも、イチローのよさを発揮できない6番センター。
フン、さすが嫉妬深いドン・マッティングリーのやることよ…とムッとしていた。
案の定、13歳のサッカー少年だった前田健太が自分でイチローに憧れたと公言していた通り、1回目の対決、クレバーなピッチングで三振。
ところが、それで気が抜けたのか、次の打者への初球に棒玉を投げ、ホームランを打たれ、MLB2点目の失点。
2回目の対決、当たり損ねの三塁凡フライ。
イチローが初めて先頭打者としての3回目の対決、思わずセンター前ヒットと思いきや、詰まっていてショートフライ。
すると、またその後、集中力を欠き、連打で追加点を奪われ、前田健太は101球で降板。
そして、リリーフ投手が打たれ残したランナーが生還し前田健太に2点の自責点が加わり、自責点は4。
我がイチロー、前田健太じゃないのだから絶対に打て!と祈るも、ちょっと惜しいセカンドゴロで、ジ・エンド。
どうあれ、ホセ・フェルナンデスと前田健太の投げ合いで0-0、イチローだけヒット、そして、結果的にマーリンズの勝利という夢はパア。
せめての朗報は、ホセ・フェルナンデスが勝利投手になったことだけ。
実際、試合後、前田健太、「まさか対戦できる日がくるとは思っていなかった。ボクにとっては凄く幸せな時間でした」と言ったというから、感涙。
と、と、ところが、我がイチローの方は、試合後、一切沈黙。
な、な、なぜか!!!
実は、誰も予想できなかったNL西地区トップのロスアンジェルス・ドジャースとの4連戦をスイープしたマーリンズに、とんでもない衝撃的不祥事が待っていたからである。
それも、チームを明るく元気づけ続けるだけでなく、我がイチローを露骨に師と仰ぎ、金魚のフンのように追い回し、昨シーズンのNL首位打者&盗塁王&ゴールデングローブに輝き、5年5000万ドル(約54億円)の大型契約を結んだばかりのディー・ゴードンが起こした不祥事というから、開いた口が塞がらない。
実際、イチローがメンターとしてバッティングテクニックをサポートするだけでなく、同じ魔法のバットケースまでプレゼントしていたというUSA版宗リンのような存在。
それゆえ、イチロー自身もかなりショックだったはず。
それはそうだと思わないか?
ストイックなイチローにとって、全く想像すらできないこと。
どちらにしても、ディー・ゴードンは、禁止薬物使用のために、80試合の出場停止処分を受けることが試合終了直後に判明。
もちろん、チーム内も騒然。
我がイチロー、「マエケンのことはコメントできないですよね。凄いタイミングですね。そりゃ仲間はみんな無言だよ」と応えるのがやっとだったとか。
ちなみに、ディー・ゴードンが引っかかったのは、禁止薬物指定の「テストステロン」と「クロステボル」。
「テストステロン」は人間だけでなく哺乳類のオスすべて(メスも少々)が睾丸で95%、副腎で5%生成する基本的な男性ホルモンであり、筋肉増大や骨格の発達に影響する大切なモノ(女性は陰毛の発毛に関与)。
そして、「クロステボル」は、アンドロゲン様の弱い合成アナボリックステロイドで、「テストステロン」の4-クロロ誘導体で、「テストステロン」の基本的女性ホルモン「エストロゲン」への転換能力を失くすモノ。
どちらも、かつてドイツのスポーツ選手がやたら使用したモノとか。
そして、ディー・ゴードンも、「ワタシは間違いを犯したし、その結果は受け入れる。禁止薬物に気をつけてきたことは、これまで20回以上のテストをパスしてきたことが証明している。チームメートや球団、ファンを失望させてしまったことが一番ツラい」などと声明を出したとか。
そ、そ、そうしたら、あのアンポンタンのドン・マッティングリー監督、イチローが4-0だったせいか、ディー・ゴードンがいなくなったせいか、連日ホームランを打っていたジャンカルロ・スタントンを休養させ、トップバッターにイチローを起用???
いろいろな意味で怒り爆発のイチロー、第1打席、ライト前にゴロのクリーンヒット。
そして、すかさずMLB通算500盗塁を達成し、2900安打以上をマークした史上8人目のプレーヤー。
第2打席ショートゴロ、第3打席惜しいセンターライナー、第4打席四球、第5打席レフト前タイムリーヒットの4-2、1打点1四球で、ディー・ゴードンと誰かさんに暗黙の戒め。
さて、次の試合は?
試合後は、イチロー、「まあ、特別な感慨はないですけどね。ずいぶん時間がかかってしまったな、という印象です」と率直に言っているようでは、当然、ベンチかも…。
そ、そ、そして、やっぱりの結果!!!
何とかは死んでも何とかのご様子!!!

Appearance should have encountered Dee Gordon with Ichiro earlier(ディー・ゴードンは、もっと早くイチローと出遭うべきだった)!
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード