Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

ああ日本砂漠-155 いくら美しくても水が信用できないようではデリンジャラス!?

I may remember it heartily in “Children's Day”(「子どもの日」にシミジミと思い出すこと)!

東仙坊、5月5日の休日が、「子どもの日」と呼んでいいのか、ついつい確かめ、まだそれでいいことにホッとしした。
近ごろ、休日の呼び名がやたら変わることに閉口していたからでもある。
そ、そ、そうしたら、この歳になって初めて、5月5日が「おもちゃの日」とか、「わかめの日」であることを知って、愕然。
元広告文案家して恥じ入ったからである。
そう言えば、物心ついたとき、男の子に生まれてよかったと、「子どもの日」の存在にエラく感動した覚えがある。
なぜなら、3月3日の「雛祭り」、「桃の節句」が休日ではなかったのに、5月5日の「子どもの日」、「端午の節句」は休みだったからに他ならない。
それゆえ、「子どもの日」が女の子も休みとわかったときは、ズルいと不満だった。
まるで、女の子にはお祝いが2度もあるのか!と不公平に思ったからだった。
それでも、祖父が新聞紙で「兜」を作ってくれたことはをウレシかった。
そんな「子どもの日」が、柏が新芽が出るまで古い葉が落ちないことから家系が絶えないための縁起物としての「柏餅を食べる日」になり、ゴールデンウィークという連休の「単なる1日」になってしまうのに、そう時間はかからなかった。
そして、「単語の絶句」、「タンゴのキック」、「ダンゴの舌香」は、いつしか松井秀喜や長友佑都の背番号でしかなくなってしまった。
つまり、「柱のキズは 一昨年の五月五日の 背くらべ チマキ食べ食べ 兄さんが 計ってくれた 背のタケ 昨日比べりゃ 何のこと
やっと羽織の 紐のタケ」などと歌うこともなく、「菖蒲」が「尚武」と同じ読みであることや菖蒲の葉が剣を形を連想させることなどから名づけられたという「端午の節句」は、邪気を払い健康を祈願する日でも完全になくなったうえ、野に出て薬草を摘んだり、蓬で作った人形を飾ったり、菖蒲酒を飲んだりすることもなくなり、文化的にも中国の影響を受けなくなったとも言えるのである。
もっとも、東仙坊、この5月5日を、これからは全国医薬品小売商業組合連合会が1987年に制定した「薬の日」と覚える必要がある。
何でも、611年(推古天皇19年)のこの日、推古天皇が大和の兎田野で薬草を採取する薬狩りを催し、これから毎年この日を「薬日(くすりび)」と定めたという故事があるのだとか。
さて、ここからが今回のメインテーマ。
実は、ここ数日、またテニスのマドリードオープンに釘づけ。
正直に言うと、前回のバルセロナオープンから同じ。
観戦のメインの目的は、お気に入りのダビド・ゴファンの試合なのだが、スペインでの大会になってから、年甲斐もなく、メインスポンサーの「シュワップス」のマネキンたちにドキドキ。
友人の1人が、年老いたらスペインで暮らしたいとやたら言っていた理由がわかる気がしたからである。
そんな中で、ゲーム間に、テニスプレーヤーたちが口にするモノが奇妙に気になり始めた。
ミネラルウォーターは定番としても、アンディ・マレーだったら白濁した大きなボトル、ラファエル・ナダルだったらオレンジ色のボトル、ノバク・ジョコビッチだったら薄紫色のボトル。
そのほか、エナジー・サプリメントのようなモノ、バナナ、とりわけ、ノバク・ジョコビッチの干し梅のようなものの正体は?と夢中。
そ、そ、そうしたら、ひときわ空と土と女性が美しいスペインから、信じられないニュースが入ってきて、ビックリ仰天。
4月27日、テニスプレーヤーたちががぶ飲みしているボトル入りのミネラルウオーターを飲んで、すでに4000人超がノロウイルスに感染しているというから、思わず絶句。
テニスプレーヤーたちは大丈夫なの?と老婆心。
すると、判明したのは、どうやら企業向けボトル入りのミネラルウォーター(?)で、「エデン・スプリングス」製。
何でも、スペインとフランスに挟まれたアンドラ公国(?)で採取した水を使用しているとか。
そして、即座に、925企業に販売したミネラルウォータータンク計6158本が回収され、完全は収まっているとも。
ちなみに、ミネラルウォーターの分析を担当したバルセロナ大学のアルバート・ボッシュ微生物学教授によると、「下水などが混入することで水道水からノロウイルスが検出されることはあるが、ボトル入りのミネラルウオーターからの検出は世界で初めて」とか。
どうだろう?
空と土と女性が美しいスペイン、かねてから水がマズイとも評判だったが、ボトル入りのミネラルウォーターが信用できないようでは、クワバラ、クワバラなのでは?

Even if I am no matter how beautiful, I don't wanna go to the place where water is untrustworthy(いくら美しくても、水が信用できないところには行きたくない)!







profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード