Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

ああ日本砂漠-161 徳俵に足がかかったヒビ割れの「民主主義」!?


Is it democracy's principle that a state important decisionmaking is decided about by will of the ordinary national majority really(国家の重要な意思決定が、普通の国民の過半数の意思で決定されてしまうのが、本当に民主主義の原則なのか)?

東仙坊、今回の「referendum(レファレンダム:国民投票)」の結果である「Brexit(ブレジット:EU離脱)」が、世界に、とりわけ、我が日本にどんな影響を与えるのか?と書き込む前に、そのレファレンダム自体の不可解さについて言及しておきたい。
①投票前から、投票率が75%未満で、多数だった方の得票率が60%未満だった場合、やり直しを求めるとのことだったのではないのか?
実際の投票率は、約72%、多数になったブリジット約52%。
にもかかわらず、このような重要事項が過半数の得票で決定されてしまってもいいものなのか?
そもそも、投票結果に法的拘束力はないというのに、議会で審議されずに決定されてしまうのが、議会制民主主義なのか?
国民のたった過半数で国の意思まで決定されてしまっては、国が完全に分裂してしまうのでは?
そこで、問われるのは、この高度情報化社会における国民の見識とビジョン…。
「情に報いる」のが情報の本質であり、その「情報を制する者が富を得る」と言われている以上、ジコチュウこのうえなく自分の個人的利益を最優先させる国民は、本当に情報をとことん精査し、自分の住む国の利益保全のために何がいいのかを選択しているのか?
そして、その国益のための明確なビジョンを有しているのか?
つまり、エモーショナルに反応していないかどうかを十分に自問自答しているのか?
そうでなくても、とかく人間は目先の自分の利益だけを追求してしまうのでは?
今回、民主主義のオピニオンリーダーであった(?)UKのレファレンダムにおいても、そのただただエモーショナルな判断がされたということは、承知の事実。
それは、一部のUKの政治屋どもが、醜悪で、不健全で、無責任な、大衆迎合的ナショナリズムを煽り、「Brexit(ブレジット:EU離脱)」を急増する新たなる移民への憎悪に置き換えたからに他ならない。
それに、外部から指示されればされるほど拒否し、論理的に正しくてもエモーショナルに反発するUK人気質が加わってしまったのだから、この「Brexit(ブレジット:EU離脱)」という結果は、当然と言えば当然でもあった。
これを証明することが、2つ。
1つは、UKのテレビで観ている限り、「Brexit(ブレジット:EU離脱)」の主役を務めているのが、黒人系やインド系のUK人であったこと。 
そう、旧移民たちが、大きな顔をして闊歩するイスラム系や東欧系新規移民と難民に嫉妬しているとしか思えなかった。
それだけじゃない。
ほとんどブレジット派の国民は、年齢が高く、地方に住み、高度な専門的技能や特別な能力を持たない、おそらく大学教育を受けていない、都会のエリートやエスタブリッシュメントどもに嫌悪を抱く、「普通のイイ人たち」に思えた。
これらの人々の本質が垣間見れるデキゴトがマルセイユであった。
6月12日、UEFA EURO 2016のUK対ロシア戦後、黒いTシャツを着た300人近くのロシアのフーリガンは、ゴムシールドやグローブを手にはめ、世界に名高い2000人ぐらいのUKのフーリガンを襲った。
それに対し、真っ赤な顔をしてイスやデスクなどを手にひたすら応戦。
結果的に、19人が負傷し、4人が重傷。
そして、フランス警察に逮捕されたロシアのフーリガンが供述した。
「アイツらは、いつもエラそうで、ビールを飲みながらオレたちを蔑む。そして、女みたいに弱いくせにケンカをすぐふっかけてくる」
どうだろう?
どこかUK人の不寛容で、バイオレントな性向が現れていると思わないか?
どちらにしても、UKの「普通のイイ人たち」の致命的欠陥の証拠がこれ。
6月24日、グーグルが、レファレンダム前UKで検索回数が最も多かったキーワードを発表。
1)What does it mean to leave the EU(EU離脱は何を意味する)?
2)What is the EU(EUって何)?
3)Which conutries are in the EU(EUにはどんな国々が加盟している)?
4)What will happen now we've left the EU(EUを離脱すると、今、何が起きる)?
5)How many countries are in the EU(EUには何ヵ国ぐらい加盟している)?
どうだろう?
相当な低レベルでは?
もちろん、我が国もほぼ同等だろうが…。

Is UK really all right to do the EU leaving in the voting of the people who don't even know what EU is(EUが何なのかさえ知らない国民たちの投票でEU離脱をしてしまうなんて、UKは本当に大丈夫なのか)?


To be continued...

profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード