Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

ああ日本砂漠-162 地球の裏側でのオリンピックの裏側!?


I don't deny Olympic watch to have interest of some level(オリンピック観戦は、それなりの興趣がある)!

東仙坊、自他共に認めるIchigagaとオリンピックフリークのために、もう息絶え絶え…。
肝心のブログのupを忘れてしまうほど、ヘロヘロ…。
えっ、オリンピックは白人至上主義者どもの自己顕示のための場でしかないと否定的なことを言っていたじゃないか?って?
その通り。
それだけじゃない。
とっくに「聖なるスポーツの祭典」でもないし、「アスリートたちの最大の自己表現の祭り」でさえないし、今や「商業主義丸出しの偽善大会」と断定してもいる。
それなら、なぜ観戦するのか?って?
何をおっしゃるウサギさん。
それだからこそ、目を凝らして観戦するに決まっているじゃないか。
そう、平和ボケのオリンピックバカの我が国の、ひっきりなしに出現するラクして稼ぎ名誉と富の一石二鳥を家族ぐるみで企てる厚顔無恥なアスリートどもが、一体どんな結果を生み出すのか?と、興味津々。
もちろん、それでも、なかには、それでも感動を与えてくれる本物の日本人アスリートがいないワケではないが…。
例えば、美しい体操を具現化した男子体操チーム。
とりわけ、内村航は、とても率直なことを言って好感が持てた。
誰がどう言おうと、アスリートは、自分の精進によってのみ成長するもの。
しかも、体操の美しさにこだわるということは、その見た目の美しい印象から中身の美しさ、モノならその品質のよさ、人ならその品性のよさを醸し出すと言うことに他ならなく、まさに日本人の美学そのもの。
日本の世界一美しい体操の伝道師としての自覚から成し遂げた団体金メダルの重みに、得体の知れない努力が加わっていると吐露したことは、実に人間的で美しかった。
それで気になったのが、彼の「平」という文字があるファーストネーム。
このオリンピックで煌めいた男子アスリートのファーストネームの多くに、同じ「平」という文字を発見したからである。
その男子体操チームのアテンプトリーダー、加藤凌
そうなると、男子水泳200m平泳ぎの準決勝でオリンピックレコードを更新しながら決勝で6位に終わった、メチャクチャ日本男児らしい渡辺一
そうなると、一番取り上げたいのが、日本の柔道。
引き手も釣り手も持たせず、巧みにボクシングまがいの攻防しながら、押して場外に出させたり、かけ逃げをさせたりしつつ、相手の指導が出れば、後は時間稼ぎをしつつ逃げ回るだけのJUDOにさせておきながら、口だけで美しくて強い柔道を標榜するオタンチン揃い。
おかげで、メダルの数だけはやたら稼いでも、ほとんどが実際JUDOに負けたヒトばかり。
たった一人、「強いヤツが勝つんじゃない。一人の人間として成長した人間が勝つんだ」と日本の柔道を実践した大野将
どうだろう?
平和ボケの1億2千万人総保育園児化の我が国にも、ファーストネームに「平」という文字がついたアウトスタンディングな日本人がいるのでは?
個人的には、今までのところ、卓球の個人戦準決勝で、最強の中国選手に立ち向かった、水谷隼と福原愛が特筆モノ。
何しろ、相手の2人の中国選手、尖閣諸島にチョッカイをかけている政府の命令でもあったかのように、完膚なきまでに日本選手を叩き潰そうと波状攻撃。
とりわけ、福原愛に対しては中国で人気があることが許せないとばかりに、これでもか!の徹底さ。
それに対し、結果的には完敗でも、敢然と立ち向かった日本人2人の姿が潔く美しかった。
それだからこそ、200m女子平泳ぎ決勝で、優勝した金藤理絵にコース内で近づいた3位の中国選手のことが、200m男子個人メドレー決勝で、2位になった萩野公介に同じくコース内で近づいた3位の中国選手のことが、凄く気になった。
どうやら、世界を転戦するスイマーは富裕層に属しているのかも?
そう考え始めて、気になりだしたのは、中国の男女の柔道選手たち…。
どこか今までになく一生懸命に戦っていたから、メチャクチャ違和感。
それはそうだと思わないか?
今までは、どこか勝つのが当たり前でふてぶてしさばかりが目立ったのに、なぜか素直。
78㎏超級で銅メダルを獲得した日本で柔道を学んだという中国女性選手にいたっては、メズラシク泣いていたから、ビックリ。
また、女子100mバタフライで4位に入った18歳の選手から、ドーピング検査で利尿作用のある禁止薬物ヒドロクロロチアジド反応が出たと中国のマスメディアが発表し、あの中国のオリンピック委員会までが、「この問題を深刻に受け止めており調査には全面的に協力させる」と言い出しているというから、どこか奇妙。

How much couldn't even Japanese of peace-at-any-price mind-set believe the bullfinch which isn't supposed to bring politics into Olympics(いくら平和ボケの日本人でも、オリンピックに政治を持ち込んではいけないというウソを信じてはいけない)!

To be continued...



profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード