Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

ああ日本砂漠-165 金の亡者は金を失うという真実!?


Russia would buy an Olympic referee from the past as well as the doping which is with all the country(ロシアは、国ぐるみのドーピングだけでなく、昔からオリンピックの審判を買収している)!

東仙坊、金、金、金の亡者どもが暗躍するオリンピックと認識しつつも、オリンピック観戦を欠かさない。
ある意味、完璧なオリンピックフリーク。
たかがオリンピック、されどオリンピック…。
そのぐらいの感覚で、その国民への「国家発揚のメクラマシの材料」、「白人の優位性のプロパガンダ」でしかない、「偽りのスポーツの祭典」を観戦していても、十分に興味深い。
我々が忘れていけないのは、あのハイル・ヒットラーがオリンピックを最大活用したことなのでは?
だからこそ、ナチスの二番煎じ国家ロシア、中国、北朝鮮は、国を挙げてなりふり構わず勝利にこだわるのでは?
国家ぐるみのドーピング疑惑で国ごと全員出場不可能になりそうだったロシア、吠えまくり脅しまくって出場したものの結果は、惨め。
審判買収が十八番なだけに、シンクロナイズスイミングや新体操などの相変わらず採点競技だけは堅実に金だったが、それ以外はサッパリ。
それはそうである。
何とも言えない後ろめたさから、集中力を維持できないのは当たり前。
ともあれ、ロンドンオリンピックで、金24個、銀26個、銅32個の計82個だったメダルも、金19個、銀18個、銅19個の計56個と激減。
えっ、審判の買収なんかできるのか?
買収するのに金に糸目をつけないだけでなく、イザとなると謎の交通事故やウランの100億倍の比放射能を有するという得体の知れない放射性物質ポロニウム210で殺されてしまうのだから、言うことを訊くに決まってると思わないか?
事実、ロシアのフィギアスケートでの審判買収は証明されズミ。
同じ理由で昔は体操も負けナシ。
今回のリオデジャネイロオリンピックのボクシング男子バンタム級のアイルランドの昨年の世界選手権王者マイケル・コンランが、ロシア選手に判定負けすると、ジャッジに中指を立て、その後、「プーチン大統領よ、一体ジャッジはいくら請求してきたんだ?」とツイートしたのでは?
そして、「AIBA(国際ボクシング協会)はクズだ。もう二度とAIBAのためには戦わない。500万ユーロ積まれても戻らない。金メダルのためにリオにきて、騙された。もう五輪には出ない。ほかの選手にもAIBAのために戦わないよう助言する」と宣言したというのでは?
どうあれ、そのくらいロシアの経済は最悪ということなのでは?
まあ、平和ボケの人のことや他の国に無関心な日本人は、ロシアの経済の大変さを理解できないに違いないだろうから、面倒でも、かいつまんで、東仙坊、指摘。
ロシアは、USSR時代から、その経済は、エネルギー収入に特価。
東西冷戦のさなか、1980年代、ロナルド・レーガン政権は高金利によって石油相場をぐーんと押し下げた。
それによって、USSRは資金難に陥り、軍拡に対抗できなくなって1991年崩壊。
ところが、再び高騰した石油と新たな財源になった天然ガスでボロ儲け。
それに気をよくしたウラジーミル・プーチン政権は、ロシア帝国復興の野望に燃え世界を震撼させ始めた。
それに対し、USAはロナルド・レーガン時代の効果的戦略をまた使った。
それはそうである。
ロシア政府予算の5割近くがエネルギー収入。
実は、この戦略は、同じく覇権国家と台頭する中国にも効果テキメンの一石二鳥。
なぜなら、USAのFRBのドル資金発行残高と原油相場は見事なまでに連動するからである。
2008年9月のリーマンショックの後、FRBは、3度にわたって資金を大量増発するQE(量的緩和)を実施し、2014年10月に打ち切ったのだが、QEの終了観測が出始めた2014年半ばから余剰ドルは市場から引き揚げられた。
すると、原油価格は下落を開始。
そして、FRBの利上げの動きの表面化とともに原油価格の下落傾向は加速。
それは、ロシアを根底から苦しめ、中国の対外膨張を担う国有企業は人民元安で債務負担増と株暴落の泥沼に沈められることに。
それゆえ、FRBは、2015年12月中旬景気への衝撃を憂慮する内外の根強い慎重論を押し切って利上げに踏み切り、さらに段階的に追加利上げする姿勢を見せ、ロシアと中国に揺さぶりをかけているのである。
それだけじゃない。
利上げの数日後にUSA議会がUSA国産石油輸出解禁に踏み切り、石油市場急落にさらなる弾み。
どうだろう?
USAの経済制裁もマンザラではないのでは?

The countries where we roughhouse in Olympics should think the government must be committing some's crime(オリンピックに大騒ぎする国々は、その政府が何かしらの悪事を働いていると考えるべき)!

To be continued...



















profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード