Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

彷徨う大和魂-36 なぜ今日日食糧としてイルカがイルカ!?


Most assholes insisting obstinately “A whale food is just Japanese culture”, it thunders in our Japan, the tax big spenders who are here(「クジラ食が日本の文化だ」と強弁しているほとんどのヒトが、我が日本にゴロゴロいる税金食い虫たち)!

東仙坊の変な夢は、イルカに助けられ竜宮城みたいなところに連れて行かれたのか?って?
残念ながら、目前にどこか見覚えのあるイルカが出現したときに、目が覚めて、ジ・エンド。
では、うたた寝をする前に、何を考えていたのか?
USAシーシェパードに和解金を払ったのが、一般財団法人「日本鯨類研究所」という団体と知って、実に胡散臭い団体だな?
それにしても、全く意味のない和解金って一体いくら払ったのか?
まさか、その金はまた血税ではないよな?
そこまでして、しかも、調査捕鯨とまで偽って何で捕鯨を続けるのか?
本当に日本の文化だというなら、なぜ堂々と商業捕鯨をしないのか?
そこで、メチャクチャ気になって、ほんの少しweb検索。
そして、東仙坊、やっぱり…と思わず目が点…。
一般財団法人「日本鯨類研究所」をはじめ、一部だけでも、独立行政法人「水産総合研究センター」、国立研究開発法人「水産研究・教育機構 中央水産研究所」、国立研究開発法人「水産研究・教育機構 国際水産資源研究所」、一般社団法人「大日本水産会」、一般社団法人「地域捕鯨推進協会」、財団法人「日本捕鯨協会」など、もうワンサカワンサで、まさに「クジラムラ」状態…。
しかも、どの団体も何人いるか(イルカ?)わからないようにしてあるだけでなく、なぜか役員がいっぱい。
これこそが、我が国が、世界を敵にしてまで捕鯨にこだわる原因。
ようは、天下り先の単なる確保。
イヤでも、目からウロコ。
実際、東仙坊自身、「クジラのベーコン」をコロッケのように夕餉の「オカズ」にして育ち、給食で「クジラの竜田揚げ」が好物だったから、自信を持って言える。
当時は、動物性タンパク質として、クジラぐらいしか食べられなかった。
それが経済復興とともに、牧畜業が反映し、牛肉や豚肉や鶏肉が日常の食卓で食されるようになって、捕獲に大変な手間のかかるクジラは食されなくなっただけ。
事実、かつて年間20万トン以上あったという我が国の年間クジラ消費量は、この飽食の時代なのに、今では5000トン(?)にも満たないというのでは?
それは我が国の一般消費者が、いろいろアヤのついたクジラを食するより、牛肉や豚肉や鶏肉を食することを選択しているからなのでは?
つまり、自然淘汰されたということなのでは?
そ、そ、それなのに、クジラ肉は、他の食肉に比べ、カロリーや脂質やコレステロールが少なくタンパク質が多いうえ、EPAやDHAなど不飽和脂肪酸が豊富でヘルシーだとか、アミノ酸が多く含む「バレニン」のあるクジラ肉は持久力の向上や疲労予防などに効果があるとか、販売価格がクジラの赤肉で100g約400円前後と国産牛の切り落としや冷凍メバチマグロと同じ価格帯でリーズナブルだとか、果ては、海洋生態系における高次捕食者であるクジラは人間の漁業にとって直接的にも間接的にも敵だとまで言い出して、クジラを食そうとセールスプロモーションする始末。
そもそも、我が国の「クジラの食文化」を絶やすべきではないと言い出したあたりに、大きなウソが隠されているのでは?
それはそうだと思わないか?
年2回の調査捕鯨費用が年間60億円もかかるので、調査捕鯨で捕獲したクジラを副産物として加工販売し費用の半分程度を回収し、残りの大半を国からの援助で補填してまでわざわざやる必要がどこにあるのか?
ご託宣のように、もし世界的な食料不足が起きたら、世界中で捕鯨をやり始めるので、そのときは、世界に誇る日本の高度なテクニックの捕鯨で(?)世界を席巻すればいいだけなのでは?
東仙坊、ここでもタガの緩み切った我が国ならではの「クジラムラ」の陰謀を知って、本当にウンザリ。
そ、そ、そうしたら、普段耳を澄まし、目を凝らし、細心の注意を払って生きているはずなのに、全然知らなかったことに直面して、メチャクチャショックを受けてしまった。
それは、我が日本民族が、クジラだけでなく、「イルカを食するのが文化」と言い張って、今なお食しているヒトたちがいるというから、ただただ絶句。
何でも、日本の捕鯨発祥の地とされる和歌山県太地町で、400年も前からイルカは哺乳類のクジラの仲間で単に体が小さいだけと肉を食するだけでなく、骨や皮も利用してきたとか。
とにかく、このことを知って、ただただエプソン品川アクアスタジアム、鴨川シーワールド、八景島シーパラダイス、京急油壺マリンパーク、伊豆・三津シーパラダイスで観たイルカショーを思い出し、さらなる食欲不振に…。

I know the Japanese eating a dolphin this time to have and have become increasingly inappetent(この時代にイルカを食している日本人がいるということを知って、ますます食欲不振になってしまった)!

To be continued...






















profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード