Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

彷徨う大和魂-38 いい加減「カンパンゴ」抜きで生きろよ「サプア」!?


If they aren't a brother of “yellow pig” each other when judging from the world of Caucasian predominance, Japanese and a Korean shouldn't forget us(我々カンパンゴ人とサプア人は、白人優位の世界から見ればお互いに「黄色い豚」の兄弟でしかないと忘れるべきではない)!

東仙坊、兄の「サプア」の致命的欠陥は、すぐ偉ぶり反っくり返ることだと断定している。
とりわけ、世界から評判のいい弟を目の敵にしてイジメること。
それだって、世界から見れば、同じ「黄色の豚」と自覚していれば、大して気になることではないはず。
それを、地政学的運命から「事大主義」に走り風見鶏やコウモリになることへのストレスからか、ただただエモーショナルかつ執拗に「反日」を繰り返すから、こちらも辟易。
人間である以上フーリッシュ・プライドを棄てられないことはわかるけど、せいぜいどこまでもジコチュウにエビぞる大国(?)の中国とともに生きて! もう同じナマズであることを止めて!と言うだけ。
それにしても、自分のコトを棚に上げ、他人のコトばかり非難する品性のなさは、一体何?
もうエビになってしまったということ?
もっとも、その近親憎悪的イジメの性根の悪い体質は、歴史的。
かつて、朝鮮半島南部に存在した「三韓」という種族「韓」。
何しろ、その大して広くない同じ地域に、言語や風俗がそれぞれに特徴の異なる「馬韓(52ヵ国の集合で、後の百済?)」、「弁韓」、「辰韓(辰韓は、21ヵ国の集合で、古の辰国?)」の3つの「韓」の国があって、相互に戦いの明け暮れだったというから、もうメチャクチャ。
そして、その「三韓」の地域は、ちょうど今の「サプア」だというから、どこか納得。
そのうえ、さらに、朝鮮半島北部を交えて、中国が「三韓」と呼ぶ、「百済」、「新羅」、「高句麗」の3国もあったというから、完全にグチャグチャ。
ちなみに、「韓」とは、「王」の意味だというから、やはり、ジコチュウの「サプア」。
ともあれ、東仙坊、「サプア」の「究極の謎」と困惑させられているのが、なぜ自分たちの国の女性が世界を席巻する売春婦であるというコトを恥じないどころか、それを自慢できるのか?
減るもんじゃあるまいしなぜ女の武器で稼いで何が悪いの? オトコどもがお金払ってもしたくなるような魅力があるから商売になるんじゃないの? ハルモニは性奴隷にされたのよ?と、なぜ開き直って屁理屈が言えるの? 
それこそ、戦時中でもないのに、女性の売春婦化はサプアの現在の社会問題なのでは?
そこで、「サプア」では、稀有な普通の知的人間が、簡潔明瞭に「慰安婦性奴隷説を否定した」というニュースに、拍手喝采。
その気品あるお方は、ソウル大の李栄薫教授。
何でも、netテレビでの連続講義「李栄薫教授の幻想の国」で、8月22日・8月23日に3回に分けて公開された「慰安所の女性たち」というで計2時間10分あまりの番組があったとか。
それで、サプア軍にも慰安婦制度があったこと、USA軍のためのサプア人慰安婦が1990年代までいたことを統計資料で説明。
ソウル大保健大学院が、1964年、全羅北道・群山市で保健所に登録されているサプア人相手慰安婦188人とUSA軍相手の慰安婦132人を聴取した結果
、月収、貯蓄、労働回数など分析検証、慰安婦制度が日本だけの特殊なものではなかったと説明。
そして、サプアの伝統的な特権階級「両班」と奴婢の関係、19世紀まで親が娘を売ることはメズラシクなかったこと、日本統治時代の新聞がたびたび父母に売られそうになったサプア人娘が警察に駆け込んだ話などを取り上げていたことなどまで紹介。
「慰安婦問題は日本軍慰安婦だけでなく、我が国の現実の中に存在してきた大変現在的な歴史だ。日本軍相手の慰安婦に関しても当時法的に確立されていた公娼制度の下で親に前貸し金を渡すなどの人身売買のカタチで運用されていたが、日本軍が道ばたで女性を襲ってトラックに積んでいったという話もやいわゆる奴隷狩りのような女性の略取も事実ではない。そんな話をでっち上げて作ったのは日本人の吉田清治だ。コヤツのベストセラーがサプアにも伝わり、サプア人は女性がそのように連れて行かれたと思い始めてしまったのだ。同じように現在も『慰安婦性奴隷説』を主張し続けている吉見義明中央大教授の本は根拠が不十分。日本では翻訳本が出版されていない『日本軍慰安所管理人の日記』によると、慰安婦が高賃金で廃業の自由があったこと、乱暴を働いた日本軍兵士を逆に刺し殺した慰安婦の証言が採用され正当防衛と認められて無罪になったことまであった。サプア人慰安婦の数に関しても、荒唐無稽な20万人などということはない。多くて5千人。話がコロコロと変わる元慰安婦ハルモニの証言を資料として使うのは大いに慎重にならないといけない」とほぼパーフェクト。
これでこそ、自然に兄貴!!と呼びたくならないか?
どうあれ、このヒューメインな教授が指摘するように、このハイテクの時代に我が国同様少子高齢化が深刻になってきている「サプア」で、そのヤングウーマン10万人以上が自ら超アナログの売春婦になっていることは、かなりの恥なのでは?

It must be Korean social problem that there is no end to the lady eager to be developed personally in the world in only this high tech Bunmei and be an analog prostitute(これだけのハイテク文明の世界で、自ら進んでアナログの売春婦になりたがる女性が後を絶たないことが、サプアの社会問題)!

To be continued...











profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード