Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

検証プロファイリング 大阪西成29歳准看護師殺害遺棄事件-The end


Our judiciary absolutely have to punish this violent bitch, because the judiciary of China cooperated with much effort(せっかく中国の司法が協力してくれたのだから、我が国の司法は、このクソッタレオンナを絶対に処罰しなければならない)!

中国、本当に摩訶不思議な国。
何しろ、USAに、堂々と「保護貿易」はグルーバル経済にマイナスだと言い切れるのだから?
その中国、春節とやらで相変わらずの大バケーション。
もちろん、なぜか日本を訪れてくれる中国人は、今年も前年より30%近く多い637万人というから、金なら何でもいいと魂を売った我が国の観光地にとっては、ウハウハもの。
もっとも、本物の日本ファンが増え、爆買い傾向は下降気味というから、お気の毒。
まあ、中国国内でも、2億人が観光で動くというのだから、そのスケールだけはハンパじゃない。
そんななか、東仙坊、思わず苦笑させられたのが、CCTVのニュース…。
スモッグがヒドいのに爆竹を炊くことに止めない国民についに刃を向けたこと。
警察が通報から現場まで今年は20分以内に駆けつけているということ。
そして、その警察が、今年は今までは当たり前だった消費者騙しがまだ発生していないと秤を調べながら自慢していたこと。
中国は、やはり、どこまでも中国となぜか感心しきり。
さて、それで、イヤでも考えさせられることが、1つ。
「法治国家」でないどころか、ただの気の狂った国と自ら暴露し続けている「サプア」。
相変わらず、教科書での慰安婦表記強化とか、竹島でのおバカパフォーマンスとか、中国におもねって冬季アジア札幌大会の選手らが宿泊する「アパホテル&リゾート札幌」の本を撤去しろの大合唱と、その異様さ丸出し。
そ、そ、それなのに、頼みの綱のその中国人観光客が20%も減少しているというから、思わず失笑。
間違いなく「サプア」は崩壊へのカウントダウンに入ったご様子。
それで、なぜか気になることが、2つ。
な、な、何で、反日だけしかライフスタイルを持たないサプア人が、今、来日し続けるのか?
昨年日本を訪れたサプア人観光客数が前年比27.2%増の509万300人で、過去最高を記録したということ(???)。
そして、その増加率は中国人27.6%に次いで2番目に高かったとか。
一体、何をしにきているのか?
アイデンティティである性労働や性犯罪や窃盗や集団スリは理解できても、それ以外が、全くの謎。
まさか、日本人に同化しようとしているのではあるまいな?
2つ目は、世論調査で、今なお、17%もの人々(?)が「サプアを信頼できる国」と言っているということ。
これって、実に怖ろしいことだと思わないか?
ともあれ、今回、明確に判明したことが、1つ。
共産党一党独裁国家中国の司法の方が、サプアの司法よりもマシということ。
東仙坊、検証プロファイリング 大阪西成29歳准看護師殺害遺棄事件-追補 で注視していた、中国の最高人民法院が、昨年5月、引き渡しを認める決定を出したことに基づき、1月25日、上海浦東国際空港で、大阪府警側にクソッタレオンナを引き渡してくれたので、関西空港へ向かう航空機内で、日系ブラジル人オーイシ・ケティ・ユリ(大石ゆり? 32歳)を詐欺などで逮捕。
そのウレシイニュースに、滅多に観ない日本のニュースに釘付け。
そして、搬送中のカメラに目をそむけることのない開き直りぶりに、こちらの方が思わず目が点…。
さすが、小中学校の同級生の被害准看護師を台所にあった刃物で約50ヵ所も刺し失血死させた後、被害准看護師の健康保険証を使ってクレジットカードを6枚も作成したうえ、被害准看護師名義のパスポートで逃亡した本物のサイコパス。
車上荒らしや不法就労ビジネスなど専門の奈良県を拠点の日系ブラジル人広域窃盗団末端構成員で、犯罪歴いっぱいの面目躍如のご様子。
早速、「何も話すことはありません」とうそぶいているというから、お願いだからガンバって被害准看護師の無念を晴らしてと我が国の司法と祈るばかり…。
詳しくは、検証プロファイリング 大阪西成29歳准看護師殺害遺棄事件をご覧あれ。

The faces of the murderers who crossed the Rubicon river resemble each other somewhere(ルビコン川を渡った殺人犯どもの顔はみんなどこか似ている)!


















profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード