Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

検証プロファイリング J・Tなる女優がプロモートする二世俳優Y・Tの強姦罪逮捕!?


What was arrest by rape crime of inflicting injury of a natural paranoia of these 22 years old probably(この22歳の生まれながらのパラノイアの強姦致傷罪での逮捕とは一体何だったのか)?

■J・Tなる女優(61歳)がプロモートする二世俳優Y・T(22歳)の強姦罪逮捕

①逮捕の発覚と逮捕のキッカケ

4日後に日本テレビの「愛は地球を救う」にパーソナリティとして出演予定で、昨年NHK連続テレビ小説「まれ」でなんとか売り出したばかりのJ・Tなる女優の第二子であるY・Tという毎度お馴染みの二世俳優がいた。
そのY・Tが、映画の撮影のために滞在していた前橋市内にあるビジネスホテルの40女性従業員に、8月23日午前2時ごろ、「歯ブラシを自分の部屋に持ってきてほしい」と女性従業員に要請。
そして、歯ブラシを持ってきた女性の手首を掴んで無理やり客室内に連れ込み、手足を押さえつけるなどしてレイプ。
40女性従業員はそれを知人に話し、その知人(間違いなく男性!)が、「40女性従業員がY・Tにレイプされた」と110番通報。
8月23日午前3時半過ぎ、部屋で熟睡していたY・Tを強姦致傷罪で群馬県警前橋署員が緊急逮捕。
それに対し、Y・Tは、「女性を見て欲求を抑えられなかった。やったことは認めるが企てたワケではない」と供述したとか。

②逮捕・勾留から釈放までのプロセス

Y・T逮捕直後から、なぜかスポットライトの真ん中に立ち続けた母親J・Tの不気味さと不可解さには目を見張るモノがあった。
そして、その驕慢さとピンボケぶりは常軌を逸するモノがあった。
それは紫綬褒章受章を受けるほどの身分の高い(?)ご仁のせいなのか?
「青年座」の取締役をする社会的地位のせいなのか?
あるいは、現在住んでいる豪邸の他に、以前住んでいた渋谷区の一等地のマンション跡地に2億5000万円で大豪邸を建築中(10月完成予定)のせいなのか?
もしくは、資産5億円超のお金持ちのせいなのか?
とにかく、きちんとファンデーションを怠らずドレスアップして、なぜか積極的に悲劇の母親を演じるJ・Tの不可解な演技力に、反吐が出そうになったのは、東仙坊だけではないと思いたいが…。
そうこうしている間に、俳優であるJ・KとY・T母子の2人の悪評がジャンジャン噴出。
と同時に、J・Tの三文演技に同情する集まる始末。
東仙坊的に、確信を見事に突いている感じたコメントが、これ。
Y・Tを小学校当時から知るというJ・Tの親友を自称する(?)男優(女優?)が、演劇が終わって舞台裏に戻ると、ガキのY・Tから「よくできた」と頭を撫でられたというもの。
そして、Y・Tに対し、「『まさか、このバカヤロー!』と思いました。生まれっぱなしみたいな子なのでね、もうちょっと早く大人になってほしかったなと思います」と指摘していたこと。
それだけで、すべてが見える気がしないか?
それから、この救い難い「問題児」母子の核心を見事に突いていたコメントが、Y・Tの小学校時代の同級生の証言。
「小学生時代のY・Tは学校にエロ本を持ってきたり、授業中も落書きばかりしていました。先生が注意すると、家に帰ってしまうのです。するとお母さんが『うちの子に、何言ったの!』と怒鳴り込んでくる。5年生のころ、禁止されていた携帯電話をY・Tが持ち込んで、先生に没収されたことがあります。そのときもお母さんが『没収期間の電話代は先生が払え!』と凄んだのです。20代の女性の担任は病気になって、学校にこられなくなった。まさに『モンスターペアレント』でした」
どうだろう?
今回の逮捕は起こるべくして起きたとと思わないか?
どちらにしても、J・Tが本物の母親だったら、「被害女性の方に、どんなに謝っても謝りきれない。一体どうお詫びしたらいいのか…どうあれ、例え世間様がいつか許してくれたとしても、私は私のバカ息子の愚行を絶対に許さない。それこそ、この手でぶってぶってぶちのめしていやりたい。とことん性根が直るまで私が一から鍛え直すしかない」とでも言うべきだったのでは?
それが、すぐさま、被害女性を「被害者とされる女性」と表現し始める始末。
相変わらずのバカ母親。
ハナから、Y・Tの23回目の誕生日である9月13日までに、金でなんとか片づけようとし始めたコトは確実。
だからこそ、社会悪の味方の弘中惇一郎弁護士が率いる法律事務所ヒロナカ(渥美陽子/小佐々奨)に弁護依頼したのでは?
何しろ、この悪徳両替商的弁護士、ロス疑惑のクソッタレ三浦和義、薬害エイズ事件のクソッタレ安部英、陸山会事件の悪代官小沢一郎らの刑事訴訟で強引に無罪を勝ち取ってきた奇っ怪なお方。
直近でも、自分のコトを棚に上げ人を平然と非難し続けるインチキ「ニュースの職人」、東京都知事選中に女性スキャンダルが報じられたあの鳥越俊太郎の代理人。
そのせいか、コヤツ、恥ずかしげもなくテレビに出演し、Y・Tの釈放に触れ、「不起訴ということは『強姦致傷という犯罪はありませんでした』と前橋地検が判断したということ。最初の警察の発表が、事実と違っていたんじゃないかと思わせる。私たちメディア(?)が、わーっと報道したけれど、ボクはそこも問題が残っていると思う。被害者とともに、J・Tの人権も考慮しなければいけない」とヌケヌケとほざいていたのでは?

In the long run whatever kind of mischief one does when even having money, is it said that it must be not a crime as it is being talked about between the street(結局、巷間で言われている通り、金さえあればどんな悪さをしても罪にならないと言うことなのか)?

To be continued...












profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード