Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

ああ日本砂漠-168 金の金による金のための「豊洲市場」!?


There must be also no possibility by which black specters in the black box should concern themselves about the governor who was just chosen in the popularity poll(人気投票で選ばれただけの知事を、ブラックボックスの中のブラックな妖怪どもが、気にかけるはずもナシ)!

1986年、「第6次東京都卸売市場整備計画」に基づく「築地現地再整備案」での合意があったものの、東京都庁、東京都議会、それに連動する国会議員や中央官僚の真っ黒な魑魅魍魎どもの跳梁跋扈は、単なるお飾りでしかない青島幸夫東京都知事を無視し、一向に止まることはなかった。
それはそうである。
1995年ごろから、その「ブラック伏魔殿(?)」の妖怪どもが、それぞれにブラックボックス内を這い回り続けていたのだから。
なかでも、バブルが崩壊してもバブリーなままの銭食い型小ハゲタカどもや小ハイエナどもには、怖いものナシ。
1996年内田茂がなぜか東京都議会自民党政調会長に就任すると、その暗躍は活発化。
移転先候補地を学識経験者や移転反対派のはずの組合(?)と相談したり、「水産卸」・「水産仲卸」・「水産小売」など3団体にはナシのツブテのまま一部団体とだけ話し合いをしたり、不穏な動き。
1997年、内田茂に取り込まれていた宮城哲夫が東京都中央卸売市場長になると、一気に大胆な動きに変化。
すぐさま、晴海ではカタチが悪い、お台場では狭い、石川島播磨重工のドック跡や汐留貨物駅跡地はすでに予約ズミ、と消去法的に
豊洲の東京ガス工場跡地が浮上。
それも、築地から近くではなければならないとか、海運が可能でなければならない、なぜか今の築地市場は23ヘクタールだけど最低でも40ヘクタール以上は必要という話がまことしやかに飛び交い始める。
そして、「築地市場再整備推進協議会(会長:宮城哲夫市場長)」において、ついに胡散臭い正体不明の「乃木坂研究所(???)」から築地市場のベイエリア移転が初めて正式提案され、「豊洲」移転案が具体化。
「水産仲卸」の東京魚市場卸協同組合の「築地市場再開発特別委員会(伊藤宏之委員長)」までが、築地での再整備を模索しつつ、同時に選択肢の一つとして豊洲も視野に入れて検討することを決定。
1998年、内田茂が東京都議会自民党幹事長になると、それは一気に加速。
その動きに、中央区や「水産卸」・「水産仲卸」・「水産小売」など3団体が、現地再整備ではないのか?と要望すると、「豊洲へ移転する余地は全くない」と回答。
そこで、1998年、今度は、東卸組合も含めた築地市場6団体が、正式に「臨海部に新市場をつくることが可能かどうか?」を調査・検討をするように要望。
それに対し、東京都中央卸売市場長宮城哲夫が、「臨海部への築地市場移転可能性にかかる検討結果について」の回答を公文書で正式通知。
「臨海地区への移転の可能性について検討すべき課題が多く、現時点で移転の可能性を見極めるのは極めて困難な状況」としながらも、「移転の可能性の判断には市場関係者に一致した意思を明らかにすることが必要」と明記。
ところが、、口頭であれだけ「豊洲」をほのめかしていたのに、3ヵ月間、どこを対象にどのような調査・検討を行い、どのような検討課題を見つけたのか?という説明は一切ナシ。
どうやら、東京都の大方針だったはずの築地市場のリニューアルを、「市場関係者全体の一致した意思」で白紙撤回させ、移転の流れを先に作ろうとしたのが本音か。
事実、そのときの東京都の会議用資料には、「1998年4月から6月まで精力的に関係5局(政策報道課、都市計画局、建設局、港湾局、中央卸売市場)で議論した結果、豊洲地区への移転が絶対不可能であるという結論にはいたらなかった(???)」と書き込まれているとか。
そして、東京都中央卸売市場長宮城哲夫は、その「水産卸」・「水産仲卸」・「水産小売」・「買出人団体」・「青果連合会」・「関連事業者団体」)の6団体に、一致した表明書を提出してほしいと要求。
結果は、移転賛成4、反対2(水産仲卸・水産小売)で、コンセンサスは取れず。
ちなみに、「水産仲卸」の東京魚市場卸協同組合の全組合員投票では、現在地再整備賛成495、移転賛成376で、現在地再整備を決定。
ただし、投票前に、豊洲の土壌汚染のことは、一切通知ナシ。
また、投票前に、「水産大卸」7社が、豊洲移転を最善の選択肢と決定したということを「水産仲卸」に通知していたとも。
どうだろう?
ブラック妖怪どもが、何が何でも、「豊洲への移転整備」で意見集約させたがっていただけでは?

Whatever happens, black specters would execute the villainy of gained purpose planned once steadily(ブラックな妖怪どもは、一度企てた儲けるための悪行を何が何でも着実に遂行する)!

To be continued...


profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード