Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

検証プロファイリング バンクーバー30歳語学留学生女性惨殺事件


Do you know that even murder is judgment of penal servitude for about 7 years in Canada(カナダでは、殺人でも懲役7年ぐらいの判決)?

■バンクーバー30歳語学留学生女性惨殺事件

●現時点で知りうる限りの事件の概要

結局、LLWM失踪事件は、最悪の結末を迎える。
9月28日午後7時前、なぜかLLWMの遺体が発見されたというのである。
発見場所は、バンクーバーの市庁舎から約4㎞離れたビルやマンションが建ち並ぶ人通りの多い高級住宅街。
そんな中でも一際異彩を放つ、1901年に地元の実業家が建てた大邸宅。
何でも、以前レストランだった時期があるものの現在は空き家でクモの巣だらけだとか。
そ、そ、それなのに、遺体発見現場なのに、9月30日、建築事務所のパーティーが開かれ多くの人が出入りしたというから、バンクーバー警察がこの事件をあまり公にしたくない意図が、露骨にミエミエ。
実際、いまだに正式な遺体発見状況も、検死報告も、未発表。
東仙坊、必死にググって判明したことは、どうやらLLWMの無念の遺体は、その大邸宅の広大な敷地内に埋められてたということ(?)、腐敗がヒドく検死がかなり困難になっているということ(?)だけ。
ともあれ、なぜか遺体発見と同時に、防犯ビデオに映っていたクソッタレを、バンクーバー警察が、バンクーバーから約300㎞も離れたバーノン市で、「indignity to a human body」で逮捕したというから、せめての僥倖。
その逮捕理由に、今回の事件の真相のすべてがあると思うが、どうだろう?
えっ、訳せって?
どうかそれはご容赦。
そして、バンクーバー警察は、なぜかLLWMを殺害したのがクソッタレオトコの単独犯だと、事件当日LLWMが午後5時半ごろ「イングリッシュ・カンバセーション・カフェ」を出て「バンクーバー公共図書館」に向かったとも発表。
それから、クソッタレのプロフィールも発表。
クソッタレは、住所不定、ウィリアム・シュナイダー(48歳)なるガキのころからのバンクバーの札付き。
中学時代からジャンキーで、1997年から、不法侵入、暴行、窃盗、薬物所持などを繰り返し、収監も複数回。
特に、拳銃強盗で懲役4年の服役。
そのせいで、住所不定のホームレス。
そして、常用していたのが、ホステル(簡易保護施設)。
しかも、その場所が、最悪なことに、LLWMが通っていた、「カプラン・インターナショナル・イングリッシュ・バンクーバー校」、「イングリッシュ・カンバセーション・カフェ」、「バンクーバー公共図書館」のすぐ近く。
実際、この根っからのクソッタレ、その「イングリッシュ・カンバセーション・カフェ」を頻繁に訪れ、男になど見向きもせず、アジア系女性、特に日本人女性にむやみやたら声をかけていたというから、また、声をかける相手が見つかるまで薄気味悪く女性を物色していたというから、その魂胆は明白。
また、LLWMが、クソッタレのターゲットにそこでなったことも明確。
ともあれ、10月3日、バンクーバー裁判所で、クソッタレの初審理が行われ、保釈保証金の額などを決める予定だったのに、弁護士を選任していないことから手続きは10月17日に延期。
そして、クソッタレは、殺人でも訴追されたというのだが…。

●東仙坊がプロファイリングする事件の不可解な点

①100人が100人、バンクーバー警察が公開した防犯ビデオ映像を観て、凄く空虚で悲愴な気分になったはず。
というのも、その世紀のクソッタレに一生懸命にアプローチをしているのが、LLWMの方だと感じてしまうからである。
それも、純な少女が盲目的に夢中になっているかのように…。
これって、間違いなく今回の直接的な事件の要因になったはず。
では、30歳にもなったLLWMがそんな劣悪なクソッタレの手に落ちてしまったのか?
それには、LLWMが、30歳になり会社を辞めてまで留学をしようとした一念発起の原因、そして、LLWM自身の本質的性格と洞察力の問題があるはず。
それはそうだと思わないか。
人生の一番のジョイは、いかなる場所でも、いかなるときでも、いかなるオケージョンでも、人との出会い。
そのためにも、人間は鑑識眼や洞察力を高め、そのインスピレーションで自分に好意を持っているとか、自分にフィットするとか、自分のライフスタイルに不可欠な人と直感できるように成長するはず。
そんの見地からすると、LLWMのインスピレーションは的外れというか、全く未熟だったのでは?
ともあれ、そんなクソッタレにクソッタレが好きなウォッカを自分の財布で買って上げた段階で、この事件の結末は想像できると思うが…。

You have to mature as man and be keeping insight and a percipient, it must be same all over the world that you have no eye for a person(人間として成熟し洞察力と鑑識眼を養っていないと、人を見る目がないのは、世界中で同じ)!

To be continued...






profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード