Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

彷徨う大和魂-38 いい加減「カンパンゴ」抜きで生きろよ「サプア」!?


When does Korea suggest what happens to the country where you flattered China for money(金のために中国に諂った国がどうなるかをサプアが暗示してくれているのでは)?

とにかく、スポーツや芸能など目立つことと大きく稼ぐことが今やグローバルスタンダードだとしても、「サプア」のそれは世界的にも目にアマルもの。
審判への執拗な抗議、相手へのリスペクトなきやり過ぎ行為…。
そのジコチュウ度は、異常に際立っているのでは?
それもこれも、根底に止めどない劣等感と嫉妬と羨望を抱えているから…。
どうあれ、前回書き込んだお嬢さん大統領のデタラメな行動で、今、「サプア」は、到底、民主国家とは思えないようなドタバタ。
本当に寛大さや良識とは無縁な他人のことだけは絶対に許さないお国柄…。
一体、その国の何を信用しようというのか?
兄弟だから仕方ないという前に、清濁併せ呑む成熟国家になってもらうべきなのでは?
とりわけ、親とグルになって弟イジメに終始するようになったのだから、余計に距離を置くべきでは?
それが親との間に亀裂が入り始めたから、また賢弟に擦り寄り始める本物の恥知らず。
実際、1~7月、「サプア」を訪れた外国人観光客が、同期間としては、前年同期比34%増の980万人と過去最高。
7月の1ヵ月間だけでも前年同期比168%増の169万人。
そのうち、中国人が全体の54%の91万人。
そ、そ、それなのに、「サプア」が「THAAD配備決定」を表明するやいなや、突然減少し始め、このままでは蔡英文総統就任後の5月の中国人観光客が前年同期比30%ほど急減した台湾の二の舞になるとアタフタ。
8月9日、「サプア」MICE協会は、11月に中国政府傘下MICE委員会と共同で済州で開催する予定の「韓中MICEビジネスフォーラム」計画を全面的に修正し、アジア・太平洋に地域を拡大することを決定したと発表(???)。
そう、ようは、中国国営旅行会社のCITS、CTSなどの関係者で代表団を構成して派遣することにしていた中国MICE委員会が訪韓計画を全面的に取り消したということ。
つまり、中国政府が、「サプア」への旅行を控えろ!と命令したということ。
ちなみに、「MICE」とは、企業などの会議(Meeting)、企業等の行う報奨・研修旅行(インセンティブ旅行:Incentive Travel)、国際機関・団体、学会などが行う国際会議(Convention)、展示会・見本市、イベント(Exhibition/Event)ということ。
LG経済研究院は、8月10日、報告書「中国人観光客経済学」で、「中国人観光客は政治・外交的変数に敏感で、感情的に過剰対応する傾向が高い」と公表。
どうだろう?
せっかく擦り寄ったのに、裏切られそうなのでは?
それだけじゃない。
10月7日、「サプア」西方の小青島付近の黄海上で、警備中の高速艇が、不法操業していた中国漁船から体当たりされて沈没、サプア側に殉職者が出現。
そのために、サプア国民安全庁は、10月11日、「不法操業船が取り締まりに凶暴に抵抗した場合、今後は警備艦に搭載している機関砲を積極的に使用する」と表明。
何しろ、9月までに中国漁船42隻を不法操業で拿捕しているというから、それも当然。
すると、10月12日、早速、厚顔無恥では「サプア」を凌ぐ中国外務省、「現場海域について双方の取り決めでは漁業活動が認められており、サプアの取り締まりは法的な根拠がない(?)。機関砲の使用方針には紛争を誘発しかねない。中国人の安全と合法的権益を保障すべきだ」と恫喝。
環球時報も、「中国漁船に対する砲撃を許可するとは、サプア政府は気が狂ったのか」との社説で「サプア世論の激動とサプア政府の発砲許可からして、国の上も下も集団発作を起こしている」と批判。
それに対し、聯合ニュース、「中国が、自国漁船の度を越えた横暴振りに対するサプア政府の対策に強く反発するという、呆れた態度を見せている。年間10万隻以上の自国漁船がサプアの海域に侵入し、違法に水産物を略奪していることに対する反省は一切みられない。他人の家に侵入して盗みを働いたことがばれた泥棒が、家の主人をなじるようなものであり、盗人猛々しいとはこのことだ。殺人未遂ともいえる意図的な攻撃に、韓国の一部で中国への批判が高まっている」と反発。
ただ本来はビビり屋、その一方で、「民間船舶に対する殺傷用武器の使用に批判が出る恐れもあるため、制圧に放水砲やガス弾などを優先的に使わせることも検討してほしい」と小声。
どうあれ、2国間の亀裂は、自業自得なのでは?
それでいて、よう兄弟と近づいてきて、また助けて!と言い出す虫のよさ。
何がFTAだ、何が通貨スワップ再開だと言ってやりたくならないか?

It must be Korea that there are a national identity, a policy and an idea(国のアイデンティティもポリシーもアイデアもないのが、サプア)!

To be continued...





















 



 
profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード