Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

ああ日本砂漠-172 地球という惑星に住む人類の宿命!?


The guardians who force the responsibility which should handle an unprecedented catastrophe on a teaching staff member at only school and charge money must be not ordinary man(たかが学校の教職員に未曾有の大災害に対処すべき責任を押しつけて、金を請求する保護者たちは普通の人間じゃない)!

2011年3月11日、発生した未曾有の東日本大震災…。
宮城県石巻市立大川小では、地震後、児童を約45分間校庭に待機させ、津波が到達しそうになって川沿いの緑地帯に引率したところ、川を乗り越えた巨大津波に呑み込まれ、全児童・教職員104人のうち、児童74人、教職員10人が不運にも死亡・行方不明になってしまったというこのうえなく非情で凄惨なデキゴト…。
それに対し、死亡した児童23人の遺族19人(???)が、「学校に預けた子どもたちの命をどう守るのかが教職員の本分(?)であり、学校防災の基本」。
それなのに、学校が事前の危機管理マニュアルで避難場所・方法・手順を明記していなかったなど安全対策を怠った(?)、徒歩1分でたどり着く裏山があるにもかかわらず、児童を校庭に長時間待機させ、速やかに安全な高台に避難しなかった(?)。
また、当時不在だった校長(?)やたった1人の生存教職員教諭ら学校が、事故後に救命要請を行わなかった(?)。
さらに、市教育委員会が、学校の事後対応に関しての注意義務違反があった(?)。
そして、校長が初めて被災校舎にきたのが震災から6日も経ってからだった(?)。
市教育委員会が生存児童らに聞き取りを行った調査メモを、担当指導主事が廃棄し隠蔽しようとした(?)。
とりわけ、津波がくる前に「山へ逃げよう」と訴えた子どもの証言がなかったことにした(?)。
それらのことを理由に、「 最も安全でなければならなかったの学校管理下(?)で、なぜ子どもが死ぬハメになったのか? 学校には子どもの命を守る法的責任がある(???)。万一、津波がきたときの子どもたちへの危害発生を予見すべき義務を怠ったのは学校側の落ち度である」と損害賠償請求をしたというのである。
それも、1人当たり約1億円も(???)。
ここで、その原告側の不可解さをまず感じないか?
なぜ、児童の74人全員の遺族による集団訴訟でないの?
イヤイヤ、教職員の遺族は加害者側だからダメということ?
イヤイヤ、数少ない無事な児童のほとんどは保護者が心配して連れ帰りにきたというのでは?
それより何より、東日本大震災後の大津波で、約10万人近くの不幸な方々がいるのでは?
そのほとんどの方々が、まさかこんな大津波がくるとは思っていなかったのでは?
まさか過去の津波がここまで襲ってきた記録がなかったので自分のいるところまで到達するとは想像もしていなかったのでは?
実際、大川小自体が避難所に指定されていたために、大勢の高齢者の方々も集まっていたというのでは?
というのも、津波浸水予測図で「大川小までは到達しないものと予測されていた」からなのでは?
つまり、大川小の教職員だけではなく、誰もが「津波が大川小まで到達することを事前に予見できなかった」ということなのでは?
どちらにしても、わが子を亡くした方々がどれだけ無念で残念な気持ちでいるとしても、学校や教職員が子どもを殺したということにはならないのでは?
ましてや、その気持ちを金で慰めようとするのはお門違いハナハダシイのでは?
その意味で、この仙台地裁の判決は、その不運にも子どもたちとともに亡くなってしまった教職員10人の必死な避難行動そのものを全否定することになるのでは?
そして、石巻市や宮城県が控訴を決めると、なんとこの原告団、県や市や学校を子ども殺し呼ばわりを始めたから、看過できない。
そう、あのイジメで自殺した我が子の賠償請求を自治体や学校にする不埒なヤカラどもと同じ。
ともあれ、その控訴を決めた石巻市長と宮城県知事の声に耳を傾けてみたい。
10月30日、石巻市議会に、「教職員の避難対応に過失があったなどとする仙台地裁の判決は市の主張と反する」として控訴の承認を求める議案を提出し、「賛成16」、「反対10」の賛成多数で可決させた、亀山紘石巻市長。
「控訴自体が重い判断をせざるを得なかった。議会での議論も非常に重いものがあった。教職員11人の中で唯一生き残った男性教務主任に当時の記憶を呼び戻してもらい、証人として出廷してほしいとの思いはある。今後、医師と相談したい。どうあれ、亡くなられた先生は子どもたちを助けたいと思い、一生懸命行動したはずだ、学校の防災教育に大きな影響を与えるため控訴すべきと判断した」
どうだろう?
そんなに異常ではないのでは?
ちなみに、その唯一生き残った男性教務主任、公の場で発言したのは2011年4月9日の保護者説明会の1度きりで、PTSDを発症し、休職中とか。

Why weren't guardian all the members of a damage child a plaintiff(なぜ被害児童の保護者たち全員が原告にならなかったのか)?

To be continued...
















profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード