Home  |  All  |  Log in  |  RSS

甘ちゃんアマチュア探偵団

情報化が模倣犯罪、劇場型犯罪を助長しているなら、犯罪抑止、犯罪摘発も、精度の高い情報がすべて。このブログは、人間通を自負するコピーライター東仙坊が迅速な犯人検挙のために、人間的プロファイリングをするものである。

心のブラックホール-49 つまらないトランプ遊びの本当のプレーヤー!?

The Russian president who could't suppress gladness is necessary for that a president like himself was born in USA(USAに自分のような大統領が誕生したことに、歓びを抑えられないロシアの大統領)!

東仙坊、ウォール街の味方でしかないUSAのマスメディアが、ドナルド・トランプを攻撃すればするほど、イグナラントでエモーショナルな白人至上主義者どもが意地でドナルド・トランプに投票すると凄く憂慮していた。
そして、案の定、その予想通りに、「世界の警察などやってられない」と豪語する内向きの政治のド素人がUSA大統領になってしまった。
これで、世界の秩序は今まで以上に悪化することは、必至。
つまり、最悪の上を行くということ。
これで、真剣に憂慮すべきことは、2つ。
1つは、世界の軍事バランスの完全崩壊。
そして、ロシアの独断専行の武力行使の大勝利。
シリアだろうと、ウクライナだろうと、ブルガリアだろうと、ラトビアだろうと、モルドバだろうと、我が日本だろうと、彼らの権威主義の思うツボ。
もっとも、考えようによっては、それはそれで、我が国には逆説的なメリットでもあるのだが…。
これは後回し。
2つ目は、USA人の魂の劣化。
時代遅れの「トランプ・ゲーム」も、「ポケモンGO」も、「マネキン・チャレンジ(mannequin・challenge))」も、「アンデース・カミング(Andy's coming!)」も、単なる幼稚化。
極論すれば、マスゲームの現代版、北朝鮮化。
実際、国の分断はメチャクチャ激化。
何しろ、ブラックピープルの8%しか投票しなかったのだから、黒と白との分断だけは間違いないはず。
どうあれ、このド素人を勝利させたのは、ロシアのPuサン。
当選と同時に祝電を打ち、ロシア議会で拍手喝采というのだから、さすが。
一般のロシア人たちまでが、2人はソックリの権威主義者でウマが合うはずと笑うほど。
どうあれ、Puサンの戦術はお見事。
ハッカーを使いヒラリー・クリントンと民主党だけのメール疑惑を暴き白人たちのエスタブリッシュメント嫌悪を助長し、かつての部下のキューバ移民たちを「メキシコと壁ができれば国交を回復したばかりのキューバ人の雇用が増える」と煽動し、前回選挙よりも2ポイントもラティーナたちの投票が増える巧妙さ。
それに、厳密に言えば、メキシコのドラッグ・マフィアどもが加勢。
それはそうである。
すでにドラッグのロジェステックスをきちんと確立しているドラッグ・マフィアどもにとって、壁ができた方がド素人の売人に手出しされることもなく、丸儲け。
とりわけ、複数の州でマリファナが合法化されて以降USA国内での生産が増えたために、マリファナの価格は暴落。
逆に、「オキシコドン」を含むオピオイド鎮痛薬や「メタンフェタミン」などは規制が強化。
そこで、メキシコのドラッグ・マフィアどもは、ゴミみたいに原価が廉価なケシ栽培に着目し、せっせとヘロイン生産に邁進。
事実、USAの本当の喫緊のヤバさは、これ。
11年連続で「overdose(オーバードーズ:過剰摂取)」による死亡が上昇し、ついに2010年にはアルコール以外で38329人が死亡。
その内訳は、鎮痛剤のオピオイド系薬物が、16651人で最多。
鎮静催眠剤のベンゾジアゼピン系薬物が、6497人で第2位。
抗鬱薬が、3889人3位。
それが、2013年、突然、1回分約5ドルのヘロイン過剰摂取による死亡件数が、8257件と2000年の約4倍。
その多くが、な、な、なんと18~44歳の白人男性。
しかも、鎮痛薬を過去に使用していた人がヘロイン中毒になる確率が19倍。
すると、それは、2014年、より鮮明化。
USA全体で、47055人が薬物の過剰摂取で死亡したというが、人口10万人あたりの白人死者数は19.0人で、1999年の6.2人から3倍超。
黒人の10.5人、ヒスパニック系の6.7人より多いというから、開いた口が塞がらない。
しかも、1999年~2012年までの間に、人口10万人当たりの薬物服用者が6.1%から13.1%に増加。
1日当たり約46人が死亡しているというから、何をかいわんや。
それも、ヘロイン中毒による死亡者数が3倍に増加。
なぜ、こんなことになったのか?
貧困、就業機会不足、教育不足が原因の一部かも知れないが、それだけが理由か?
東仙坊、これらは情報通のPuサンならではの深慮遠謀な戦略だと疑っているのだが、どうだろう?
そう、本物の無手勝流。
なぜなら、縄張り争いが激しいメキシコの最大のドラッグ・マフィア「ロス・セタス」どもにヘロイン作りのノウハウと高性能武器供与とマネーロンダリングで支えているのが、セルビアやアルバニアのマフィアとも結託したロシアン・マフィアだと思うが…。
つまり、金が大好きで家族を前面に出しているトランプなどただのカモでしかないと思わないか?
どちらにしても、このヘロイン中毒の白人男性どもが、こぞってドナルド・トランプに投票したコトは確かでは?
そして、ロシアがUSAを内側から破壊しようとしたことだけは、確実…。

The decisive difference between the country where a gangster can't be used cleverly and the country where Mafia is used cleverly influences national defense(ヤクザを巧妙に利用できない国とマフィアを巧妙に利用する国との決定的な違いは、国防に影響する)!

profile

東仙坊 


人間通の東仙坊が、人間の弱気と恥ずかしい業が生む、情けなくてみっともない犯行を、徹底的に追及、究明。

■東仙坊 公式サイト■


■Mail■
ご意見・ご感想など
東仙坊へのメールはこちらから

■Link■
まさに介護は悔悟。
Kaigo Kaigo 会合リポート

最近の記事
カテゴリーリスト
カテゴリー
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
QRコード
QRコード
COUNTER
ブログ内検索
リンク
RSSフィード